施工事例

確かに太陽が生活を助けているのを実感しています。/飯田市M邸

新築

「長野県は広い!」
北に位置する長野市から飯田市までは高速道路をつかっても2時間程度かかります。
Rebornのことはインターネットを使って見つけてくれたそうです。
工事にあたり大工さんの確保が問題になりますが、恵那市・遠山建築さんの協力を仰ぎました。
恵那市といえばお隣の岐阜県。遠山さんとは塩原の前職工務店でお世話になったことがあったのですが、岐阜県中津川市でログハウスを建てたオーナーさんの友人だったのです。
後で知ることになったんですが、遠山さんも新住協に加盟しており、1年に一度行われる全国総会で度々酒を酌み交わしていました。
飯田市は長野県内、いや全国内でも屈指の晴天率を誇ります。有名な市田柿をはじめ、美味しい果物が名産ですね。
豊富な日射量を活かした太陽集熱による省エネ化を、G2グレードの外皮性能と南面の大きな開口からのダイレクトゲインと併せて活用することで、かなり低燃費な住宅が完成しました。
いずれは親との同居や、奥様がセラピストとしてこの自宅を活用することも視野に入れています。

延床面積133.73㎡(40.37坪)
竣工2018年
断熱Ua値:0.30
Q値:0.96
C値:0.63
自然温度差:8.64℃
暖房熱負荷:18.9kwh/㎡
省エネ基準地域:4
1階下屋平天井:吹込みグラスウール30K 300㎜ 
2階平天井:HGW16K 200㎜+GW30K 180㎜ ブローイング
外壁:HGW16K 220㎜
床:HGW16K 245㎜
サッシ:シャノンウィンドーⅡs
玄関ドア:ガデリウススウェーデンドア U=0.9
家のスペック暖房:PS製温水パネルヒーター(太陽集熱熱交換+FF式灯油ボイラー[補助])
冷房:壁掛けルームエアコン2台(1階:和室、2階階段室)
自然エネルギー活用:太陽集熱ソーラーシステム(貯湯タンク500L・LATENTO)=給湯と暖房に利用
換気:第三種セントラルダクト方式 日本住環境ルフロ400
耐震等級3
省令準耐火構造(公庫仕様)
長期優良住宅
Q1.0レベル2(省エネ基準比:25.5%)
暮らしのことば悩んで、学んで、ぶつかり合って。4年かけて作りあげた「私たちらしい」住まい《前編》悩んで、学んで、ぶつかり合って。4年かけて作りあげた「私たちらしい」住まい《後編》

完成までの様子をのぞき見る

一覧へ戻る