Staff Blog

キューワン住宅@飯田市・始動!

2018.03.08|Q1.0住宅
塩原真貴

先日の日曜日、飯田市で地鎮祭を執り行いました。

1年がかりで設計を積み上げてきたMさんご家族と共に、 春の陽気のなか、厳かに、かつ繊細に。

不謹慎ながら塩原はずっと、 ♪はるよぉ~、遠き春ヨ~ を心の中で唄っていたのでした(笑) 

さかのぼること1年前、 ファーストプランはこれでした。

への字の切り妻屋根でシンプルに。

もちろん付加断熱のキューワン仕様です。 (Ua=0.32 年間暖房用エネルギーは、灯油換算で468㍑)

俗にいう和モダンスタイルで、 某F社のそれと似ています。

意識したわけではありませんが、その後もちょくちょく競合相手となっています。

私たちのような零細企業と比較検討されるとは、 F社もさぞかしRebornを煙たい存在だと感じていらっしゃることでしょう(笑)

基本プランは累計16枚書くに至りました。

最近、リボーンの定番になりつつあるドイツIVT社のLATENTO太陽熱集熱器も搭載しています。

飯田市はやはり長野市に比べてとても太陽エネルギーが豊富です。 積極的にこれを熱として利用すべきであります。

パッシブ設計ももちろん検討されるべき。 南面は大きな開口をずらりと並べました。

1年前はまだゆりかごの中だった彼も、 とってもお利口さんでしたね^^

じぃ~っと神主さんを見つめていましたね。

おじさんたちは、その後ろ姿に、長男としての頼もしさを感じましたよ!  

飯田市は長野市から高速道度で約2時間。

現在工事進行中の甲府市の現場とまったく同じ距離・時間であります!

長期優良住宅・耐震等級3、認定低炭素住宅、BELS評価、建築確認申請と、 現在目まぐるしく申請業務にいそしんでおります。 進行にあわせた現場リポートを、今後も本ブログで綴って参りたいと思います。  

2018.3.8 Reborn塩原    

一覧へ戻る お問い合わせ・資料請求
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る