施工事例

大屋根ゆったり。ゼロエネ住宅へ~関東からの移住/安曇野市C邸

新築

建築主のCさんは千葉県のマンションからの移住。夫婦二人暮らし。
これまで全国あちらこちら、移住先を検討していたとのことでした。
「安曇野は北アルプスをはじめ眺望が良く、空気・水がおいしい」
関西や関東へのアクセスが良く、ご主人の趣味がロードバイクということもあって、長野県安曇野市への移住を決意。
土地探し・コンサルティングからのお付き合いとなりました。
ほどなく駅からのアクセスが良好で、比較的広い、陽当たりのいい土地に巡りあいます。
二人だけなので平屋で、というご希望もありましたが、コスト的なこともあり1階:2階の床面積が7:3程度の”ほぼ平屋”ともいうべき、大きな切妻屋根がかかったシンプルな形状を提案。
ちょうど国土交通省・地域型住宅グリーン化事業のゼロエネ枠の補助金も受けることができ、オール電化で太陽光発電パネルを搭載し収支はプラスになる、【ゆとりあるゼロエネ住宅】とすることができました。
外壁はRebornでは定番のスイスしっくい左官仕上げですが、内装(天井・内壁)のすべてまでをもCさんご自身の手によるしっくい左官仕上げです。
工事中は安曇野市内のシェアハウスに宿泊し、温泉♨と現場を行ったり来たりした毎日が、少し控えめな性格だろうCさんにとって、かけがえのない人生のひとコマになったのではないでしょうか。

延床面積126.69㎡(38.25坪)
竣工2021年
補助金国土交通省・地域型住宅グリーン化事業・ゼロエネ型
断熱Ua値:0.25
Q値:0.74
C値:0.46
自然温度差:9.63℃
暖房熱負荷:21.8kwh/㎡
省エネ基準地域:4
屋根:吹込みグラスウール35K 300㎜
外壁:HGW16K 210㎜
床:HGW16K 245㎜
サッシ:トリプルシャノンⅡx
玄関ドア:ガデリウススウェーデンドア U=0.9
家のスペック暖房:PS製温水パネルヒーター(電気式ヒートポンプ)
自然エネルギー:太陽光発電パネル Panasonic HIT 7.5KW
換気:第三種セントラルダクト方式 日本住環境ルフロ400
耐震等級3
長期優良住宅
ゼロエネ住宅
Q1.0レベル3(省エネ基準比:21.3%)

完成までの様子をのぞき見る

一覧へ戻る