Staff Blog

しっくいは歯ごたえのある内装だ。

2021.04.20|Q1.0住宅
塩原真貴

3か月で3kgの減量に成功した塩原です^^

このままのペースだと1年後には高校生以来の50kg台に!

まじやべえ

とランニングマシーンの上でマスクをしながら夜な夜な走っています。

さて、週末の完成見学会会場=安曇野市Q1.0(キューワン)住宅の完了検査の立会いに行ってまいりました。

無事合格。

各職人さんはじめ関係者の皆さん、お疲れ様でした~☆

内外装ともにしっくい左官がフルに!

質感よろしく、「大人の家」だと感じました。

今回も内装はすべて建築主さんのDIYによるもの。

手仕事の跡は「表情」や「あじ」として、生活を彩り、落ち着きをもたらしてくれることでしょう。

最近しっくいのローラー塗装がいつのまにかRebornの標準工法になってきている感がありますが、

本当はこっちの左官の方が標準なんですよおとっつあん。

 

 

床が三種類ぶつかるところがあります。

ナラ(オーク)、ひのき、イグサです。

どれも天然素材です。

思い起こせば、3種の床がぶつかっている日本の地下プレート。

ここ安曇野もフォッサマグナの中に位置しており、活断層だらけのはずで、

いつの日か大きな地震がきてしまうのだろうな。

そんときに備えて当然耐震等級は3になっています。

 

 

この家はひさしぶりにゼロエネでオール電化となっています。

エコキュートの貯湯タンクが納戸に鎮座。

完了検査の検査員の方に「珍しい。感心じゃ」とつぶやかれました。

長野県ではかなりレアらしいですね。

床面積がゆるせば=予算が許せば、できるだけデカポットは家の中にいれてあげてくださいよおとっつあん。

 

 

現在はまだ千葉県に暮らすオーナーさん。

1か月後にはお引越しが決まったようです^^

安曇野が、一年のうちで一番美しいのは5月だと常々感じています。

田植えが終わり、残雪の北アルプスが水田に映し出される風景は、私の原風景と重なっています。

 

見学会はまだ若干の空きがあるようです。

迷っている方はぜひお早目にご予約をお願いいたします。

また本日完成時を含め、写真をそこそこアップロードしておきました。

来られない方はぜひこちらをのぞいてみてください( ^)o(^ )

 

 

一覧へ戻る
一覧へ戻る