施工事例

片流れ板張り外壁のコンパクトハウス/松本市F邸

新築

基本的には2人暮らしのためのコンパクトハウス。
元々ここには古い旧家があったが、基礎がブロックで出来ており、またたびたび増改築を繰り返してきており耐震性に問題があった。(耐震診断・インスペクションの結果)
当初は耐震断熱リフォームを検討していたが、建替えに近い金額になることが明るみになり、ご予算と使用状況を考慮した結果、22坪というコンパクトながら耐震性・断熱性に優れた新築を決断。
元々山小屋に暮らすのが夢だったというFさんの想いを反映して外壁はウエスタンレッドシーダー+ウッドロングエコ塗装に。
室内はしっくい塗装をローラーとスポンジで仕上げています。

延床面積74.52㎡(22.50坪)
竣工2019年
補助金国土交通省・地域型住宅グリーン化事業・高度省エネ型(認定低炭素住宅)
断熱Ua値:0.31
Q値:1.305
C値:実測していません
自然温度差:6.52℃
暖房熱負荷:42.88kwh/㎡
省エネ基準地域区分:4地域
屋根:吹込みGW35K 280㎜
外壁:HGW16K 205㎜
床:HGW16K 140㎜
サッシ:トリプルシャノンⅡx
玄関ドア:ガデリウス スウェーデンドア U=0.9
家のスペック冷房・暖房:壁掛けルームエアコン4.0KW(冷)
換気:第三種セントラルダクト方式 日本住環境ルフロ400
耐震等級2
認定低炭素建築物

完成までの様子をのぞき見る

一覧へ戻る