Staff Blog

若返りたいならその環境を変えてみたら

2022.04.19|広報
西澤友里恵

先週末、安曇野市穂高K様邸の取材に行ってきました。

半袖姿で迎えていただきました。

2回目の冬を終えた感想をうかがうと、

K様「暖かかったですよ。今年は一昨年よりは薪を燃やしたけど。」

お母様「ほ〜んと、暖かくてびっくり。畳にコタツだそうかと思ったけど、冬は日射しがしっかりはいるから暑いくらい。結局要らなくなっちゃった。しっかりしたお家つくってもらって、来た人がみんな驚くよ〜。」

80代のお母様は、キレイな淡いパープルのカーディガンをお召しになり、とても素敵でした。

お年を召すごとにこれでもかと着込みますが、K様のお母様は薄着で身軽な感じがしました。

 

お母様「この家に住む前は、階段が怖くてずって歩いていたのよ。それが、この家になったら、手すりにつかまってスイスイ昇れるの。夜暗くても大丈夫なくらい!」

環境が良いと若返り効果があるのでしょうか⁈

ユニークにお話しをしてくれる元気なお母様でした。こちらも楽しくてずっとおしゃべりできそうでした。

このお家は、新築3件目だそう。

前のお家は2階建てで、ロフトもありプチ3階建てのような大きなお家だったそうです。大きすぎたし、何より暖房の灯油代が1ヶ月5万円と非常に燃費が悪かったと。

そして、最後の住処として安曇野で薪ストーブがあるお家で過ごすという夢があったことも教えてくださいました。

 

わたし自身、安曇野は大好きです。

北アルプスを眺めながら、青空を眺めて、水と空気が綺麗な場所、憧れます。

こちらのご要望にも快くお応えいただき、薪ストーブに火を入れていただきました。金井カメラマンにより素敵な写真が撮られたことでしょう。

K様のお家が公開になるのが今から楽しみです♪

 

 

≪お知らせ≫

4月13日に飯綱町大川様邸の暮らしのことばが公開になりました。

自分の時間を楽しむ一方、自然と居心地のよいリビングに家族が集まってくる大川様ご家族。

おうち時間が重要視される今、家つくりのヒントになると思います。

ぜひ、みなさんにご覧いただけると嬉しいです。

 

次はどこのお家の取材かなといつも楽しみにしています。お客様にお会いでき、とても嬉しく思っています(^^)

ご協力いただきましたお客様、本当にありがとうございます!

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る