Staff Blog

空き家事故物件のリアルを動画で

2022.04.20|不動産
笠井美英

こんにちは、笠井ひでです。

いつもYouTube動画の撮影&編集を担当していますが、先日、初めて「演者」もやってみました。

 

プロットづくり~出演~編集と、すべての作業を経験してみると結構大変なんですよね。

カメラが回ると言葉が出てこなかったり、イメージ通りの演出ができなかったりで…。

(毎日更新しているユーチューバーって凄い!)

 

ただ、音声と映像で物事を伝えられる動画って、とても効果的なメディアだとも実感しました。

それがセルフで作れちゃう時代です。

 

今回は、空き家(事故物件)をテーマにした動画をつくりました。

【長野市・事故物件ツアー】霊に肩を撫でられる家!?冷蔵庫の中がヤバすぎる! 

 

★観た人から寄せられた感想★

「硬いなぁ」

「ありがちなパターンだね」

「人柄が出てる」

「関係者へのインタビューが良かった!」

「ただただ笑った」

…など

 

まぁ初出演なので、色々とご勘弁ください(笑)

何本か撮影すれば慣れると思いますので、ネタになる訳あり物件や空き家情報あったら、ぜひメールくださいね!

 

そうそう、今回の動画では、撮影&ナレーションを内海にお願いしました。

(密かなファンの皆様、大変お待たせしました)

ヘッドホン装着で、繰り返しお聴きください~!笑

 

 

あちこちで放置された空き家は増えていますが、長野市では流通が活発ではありません。

確かに、諸事情で不動産を動かせないご家庭もあるでしょう。

(相続がらみとか共有とか、所有者さんの判断能力の問題とか…)

 

一方で、本当は動かせるのに手続きを面倒くさがったり、特に理由はないけど受け継いだ不動産を守らなければいけない義務感に縛られたりとか、そんなことはありませんか?

 

しかしながら動画でも紹介した通り、空き家を放置されることで困っているご近所さんがいることも事実。

そして高齢者が多い地域では、新しい移住者が歓迎されるところもあるのです。

 

使っていない不動産を保持している方、一度考えてみていただきたいです。

現状キープを続けることと、誰かに譲って活かしてもらうことと、どちらがより喜ぶ人が多いだろうか?と。

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る