Staff Blog

カマキリがふ化する季節にReborn通信をお送りします

2022.04.25|広報
西澤友里恵

先週、カマキリの卵がふ化しました。

玄関先から、

「カマキリ生まれた!めっちゃいる!!わぁ〜どうしよう。飼いたい!どうやって飼うの?何食べる?わぁ〜めっちゃかわいい♡手に乗ってきた♡」

小学校1年生になった長男の騒ぎ声、ノンストップで面白かったです。

ふ化する前は恐れていたわたしですが、小さいカマキリたち思っていたよりもかわいいです。

彼は、玄関前のカエデの木に大発生したアブラムシを一生懸命カマキリにあげています。

アブラムシがびっちりで早く消毒してしまいたいのですが、我慢です。

さてさて、かまきりたちは大きく育つでしょうか。楽しみです。

そして、週末は春号のReborn通信の封入作業を自宅で行いました。

一人でやると6時間から6時間半はかかる封入作業。(結構しんどい・・)

今回は、心強い助っ人が登場です。年中さんになった次男。非常に根気があり、ハマるとすごい集中力を発揮する子です。

だからって、何時間も無理だろうよ・・すぐ飽きるだろうよ・・

はい、4時間びっちりやりきりました(゚Д゚)親のほうが途中ひっくり返りそうでした。

最高新記録!4時間での封入作業を終えました。

次男「またやるね〜。お手伝い頑張ったから100円ちょうだい〜!」(たった100円でいいんかい・・)

 

昨日発送しましたので、そろそろ届いている方もいらっしゃるでしょうか?

OB様、LINE登録をぜひよろしくお願いいたします(^^)

そして、週末はもうひとつ。

金井カメラマンより暮らしのことばのアルバムを受け取りました。“暮らしのことば”にご協力いただいた飯綱町O様へお送りするためのアルバムです。

また一つ素敵なアルバムができあがり、非常に嬉しいです。

 

O 様からお返事をいただきました。

「子どもたち全員の七五三が終わってしまって、みんなで写真を撮る機会が中々なかったので、5人の写真は宝物です。」

O様、本当にご協力ありがとうございました。

 

写真をデータ画像で見ることが多くなっていますが、やはり印刷すると全く違います。印刷して残すことにより、一つ一つの写真が心に残る1枚になると思います。

わたしも、4ヶ月に1度は日々の写真を見返し、お気に入りの写真を印刷するようにしています。動画も良いですが、やはり写真が好きです。

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る