Staff Blog

花と土の香りに包まれて。

2022.04.23|その他
塩原真貴

塩原自邸、玄関ポーチ

塩原自邸、玄関ポーチ

娘が家を出て1か月が経ちました。

ロンリーダディになっている暇はなく、現場や打合せにと駆けずり回っている日々が続きます。

先日初対面のお客様(年上のマダム様)から、

「あなた、意外としっかりしてそうで安心したわぁ」

と言われました。

なんてことない一言ではありますが、なぜかズっしりと心に重く響く一言でありました。

そうかそうか、あのYouTube動画がそういう印象を与えているのかな?

”キャラ”というはけっこう大事なのだよなぁ~(‘ω’)ノ

ここ数か月ブログは週に1回だけなので、今回は最近の物件状況を紹介しましょう。

まずは塩尻市・M邸が先週上棟いたしました。よく考えてみたら、Rebornにとっては塩尻市の新築は初めてだ。

35坪規格PLANをアレンジ。今年1月に完成見学会を行った上田市・F邸をそのままパクった・・・、あ、いえ、参考にした入魂の一棟であります。

上田市F邸。外壁は杉板にレザックASSAという防腐剤を加圧注入している

今回このM邸は普段Rebornでも大活躍の断熱工事業者の社員さんの自宅で、Rebornの規格PLANのコスパに影響を受け、おそらく今年50歳になるのではないかと思うのですが、将来のため、愛する奥さんのためにと賃貸アパートから思い切って自宅を建てることにしたそうです。(愛妻家というのは本当だww)

本日。夫婦仲良く化粧梁を塗装しています♡

 

長野市北尾張部Y邸。5/21・22の二日間、完成見学会を開催します(近日予約フォームをホームページで公開予定)

長野市北尾張部Y邸。5/21・22の二日間、完成見学会を開催します(近日予約フォームをホームページで公開予定)

長野市内では、本日外部足場が撤去された家がありました。

外壁がこれまでのReborn流ではありません。

素材はスイスしっくい=カルクファサードで同じなのですが、最も濃い色、グレージュを左官で仕上げている新境地。

私も50歳に近づくにつれ、グレー色が好きになってきたから不思議。

あ、でもここのお施主さんは30代です。

南面。心配していた白華現象は回避できた模様。

特大のFIX窓が2階にあり、搬入に5~6名の人力が必要だったそうで、サッシ屋さんを困らせ、搬入費の扱いについて物議を呼ぶこととなった。

 

また、密かに心配している長野市上松のH邸。

外壁に屋久杉を張っています。

私の不手際で発注数量が不足していたため、外壁作業が途中でストップしてしまいました。

はるばる屋久島から再度お取り寄せしております。

ここ数年、登山を趣味としているのですが、当然屋久島はまだアタックしていないのですが、良く耳にするその荘厳な森をいつの日かたどってみたいと思うのです。

室内はオールしっくい左官。DIYです。Hさん、本日のレポートで手のひらが爆発寸前だそうです(‘Д’)

この家も完成見学会を開催する予定です。2階の大屋根に穴があいていて、足場撤去の日が楽しみです。

 

新築ばかりではありません。

リフォームやインスペクションも精力的で、床下にも潜っておりますよォォ~。

なんか最近変なんですが、床下に潜っている間、なぜか心が休まります。

もしかすると”変態”の域に達してしまっているのかもしれません。

屋根裏もけっこう好きです。

なんかこう荒れ模様の断熱材を見ると、心がワクワクするというか・・・。

このお宅はかつてここでネズミの大運動会が連日開催されていたようで、

オリンピックだったんでしょうか、家主と壮絶なデッドヒートが繰り広げられた舞台だったそうで、黒い豆状のツブツブが至る所に撒き散らかされており、、、

果てはご覧のように網をいろんなところに設置していて、

これがほんとのネズミ捕りぐふふ、

なんて屋根裏でほほえましく、ほくそ笑む私。

やっぱり変態?

少年のころから、想像力がたくましく育っているらしく、このような人知れず、普段目にすることがない領域に侵入すると、まるで冒険家になったようで血が騒ぐのですね、きっと。

 

来週で4月も終わり。

5月は中野市で、すこ~んというロケーションの中にまた一つQ1.0住宅の建て方が待っています。

周りをリンゴ畑にかこまれていて、風に春の香りが混ざっています。

もうすぐ黄金週間。

大学へと家を出た娘が、数日間帰ってくるようです。

設計や製図業務がたて込んでいてなかなか休めそうにありませんが、たまには家族で外食でもして、

新生活の様子を聞いてみたいと思います。

 

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る