Staff Blog

パネルヒーターのようなじんわりした”小さな幸せ”

2022.02.22|広報
西澤友里恵

先週末は、飯綱町のお家へ暮らしのことばの取材にでかけました。

 

カメラマン金井の車にライター石井と西澤が乗り込み出発。

 

天気予報では、曇りor雪・・。

西澤:「天気が微妙・・。仕方ないですね(;_;)」

金井:「僕、晴れ男なんで!!天気予報とか全くあてにしてないよ〜。」かなり自信満々の金井さん。

西澤:「ほんとですか!?」半信半疑のわたし。

飯綱町に近づくにつれて、雲が薄くなり青空が垣間見えるようになってきました。

そして、10時に到着したところには、あたたかい日射しがさしはじめていました‼

金井さん、スゴすぎる(゚Д゚)

カメラマンとしての最強の武器は晴れ男。

 

さすが飯綱町、雪が多い。

助手西澤は、脚立を担いで雪の中をズボズボと歩き、金井さんを追います。

外観を撮るため、金井さんは今回も秘密兵器を取り出します。

「西澤さん、僕撮って!!」

慌ててスマホと取りだし金井さんをパシャリ。

 

ライター石井さんも楽しそうにご家族のみなさんとお話をされていました。

石井さんはリアクションが大きくおもしろい。

住宅関係の取材が多いということで、建築系の知り合いも多いよう。

コロナ前は東京でも勢力的に活動されていたため、県外の友人も多く、ここ最近は長野への移住した方も多いとおっしゃっていました。

金井さんと石井さんのタック、良い感じです。

中学1年生と2年生のお兄ちゃんたち。

写真を撮られるのが恥ずかしいお年頃だと思いますが、恥ずかしそうにしながらも協力してくれました。ありがとう。

 

小4のお姉ちゃん。たくさん、モデルをしてもらいました。

「今日、楽しかった〜!」

と、最後言ってくれました。嬉しい言葉をありがとう。

2階吹き抜け上の窓。額縁のような窓に吸い込まれました。

ここには、ハンモックとラインニングマシンが置いてありました。

この景色を眺められる日常、羨ましいです。

好きなものを飾る、DIYを楽しむ、日々の生活を充実させている旦那様。

計算し尽くされた家に大満足しているよう。

より快適に過ごすためには何をしていけばいいのか。自分の家をコントロールすることが楽しいとおっしゃっていました。

それをそっと見守る奥様。絶妙なご夫婦の掛け合いに笑顔になります。

このブログのタイトルは、お施主様の名言をいただきました。

「パネルヒーターのようにじんわりした、ちっさい幸せが積み重なっているように感じます。」

名言というよりも、ありのままの気持ちが言葉になったように感じます。

 

今から、記事やアルバムが楽しみで仕方がありません。

月1度のペースで暮らしのことばを更新予定です。ぜひご覧いただけると嬉しいです♪

 

 

一覧へ戻る お問い合わせ・資料請求
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る