Staff Blog

昭和小・広徳中学区の中古住宅をご紹介!

2022.05.18|不動産
笠井美英

5/28・5/29の完成見学会in長野市上松の予約枠が残り一つです!

ご予約くださった皆さま、本当にありがとうございます。

 

さて、売却査定に先日伺った中古一戸建を仲介にてお預かりすることになりましたので、今回はその話題を。

 

物件の場所は、長野オリンピックスタジアムにほど近い長野市金井田。

初めて知ったのですが、金井田という地域は「川中島地区」に属しているんですね。

(今まで「篠ノ井地区」だと思ってました…)

 

綿半スーパーセンター川中島店・駐車場の北向かいにある、築30年のダイワハウス製住宅です。

土地は418㎡(126.44坪)、建物は軽量鉄骨造2階建て・延べ面積155.38㎡…と、ゆったりサイズの物件となります。

交通アクセス・買い物の便がいいですね。

 

気になるポイントとしましては、建物の劣化事象が所々に見られたこと。家を長持ちさせるには、やはり定期的なメンテナンス・補修は欠かせないですね。劣化に関する情報は、物件広告にも触れることにしました。

次に購入される方は、ある程度リフォームする必要がありそうです。

長野市金井田・中古住宅

(長野市南部で中古住宅をお探しでしたら、ぜひチェックしてください!)

 

所有者さんの売却理由は「マンションを買って住み替えるため」。

お子さん達も独立され、夫婦2人で暮らすには広過ぎる家になっていました。

年齢を重ね、ライフスタイルの変化に合わせ、住まいもダウンサイジングすることにしたそうです。

 

弊社でQ1.0住宅を新築されるお客様の中にも、現在ある住まいを売却して住み替える方もいらっしゃいます。

将来を見据え、省エネかつ健康にも良い住まいへの転換。この選択肢を私は支持いたします。

 

マイホーム購入は生涯で一度だけとは限りません。

今流行りの売却→住み替え、ご検討ください。

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る