Staff Blog

賃貸アパート管理の一コマ⑤~強敵あらわる~

2022.01.19|不動産
笠井美英

 

アパート管理で寄せられるクレームで多いのは「設備の不具合」「騒音」「迷惑駐車」です。

たいがい修理や警告などを行えば、すぐ解決するものです。

 

そんな中、解決まで約3カ月も費やしてしまったクレームがあります。

それはネズミの侵入です。

 

市街地にほど近い、築18年の比較的新しいアパート。ある入居者さんから連絡がありました。

〜〜〜

シンク下収納のお米が食べ散らかされていて、夜中に壁の中からガリガリと音がして怖いです。 なんとかしてください。

〜〜〜

 

まさか、こんなキレイなアパートでネズミか!

他の入居者さんにも確認したところ、同じような証言あり。

どうやらネズミが縦横無尽に動き回っているようです…

 

大家さんに相談し、害虫・害獣駆除業者に依頼することに。ネズミ対応のポイントは2つ。

・建物の外へ追い出す

・侵入路をふさぐ

 

みなさんの協力を得て、天井裏に毒エサ&粘着シートを置かせてもらい、侵入経路はどこなのか探しました。

しかし、ネズミは頭のいい生き物ですから、そう簡単に一網打尽とはいきません。2週間に一度、ワナを確認しては仕掛け直す作業を繰り返しました。

また、ヤツらは数センチの隙間さえあれば侵入できるため、出入口の特定は難航…

 

当時、ネズミ対応が初めてだった私は「super強力な毒エサを置けばイチコロじゃないの?」と単純に考えていました。

ところが、毒が強すぎると建物内の方々で息絶えてしまうため、死体が腐って面倒なことになると聞きました。

だから、弱い毒エサでじわじわ痛めつけて建物外でバタンキューさせたり、巣に毒を持ち込ませることで「あそこのエサはお腹イタイイタイになるから行っちゃダメ!」と一味に思い込ませる必要があるそうです。

 

 

そんなわけで、ネズミとの戦いが長期化しました。

解決せぬまま、約3カ月、入居者さんは本当に落ち着かない生活を送ったことでしょう。申し訳ない…

 

途中、入居者さんの親御さんから「たかがネズミに何でこんな時間かかるんですか!」と怒鳴られたり、大家さんからも「早く処理してよ」と急かされ、私も右往左往しました。

同じ社内のスタッフからも「いつまでネズミと遊んでんだよ」と白い目で見られたり…

(※もちろん、Reborn入社前の話ですよ)

 

生き物相手は大変ですが、クレーム対応は本当にスピードが重要だなと痛感した次第です。

 

結局、ネズミの侵入口は、エアコン室外機の配管とカバーの隙間だった様子(推測)。そこを塞いだら被害が無くなったので。

粘着シートにかかった数匹の捕獲にも成功。

 

この対応で要した費用は約8万円。すべて大家さんが負担しました。

その後、大家さんはエアコンを設置した業者に詰め寄ってましたが、どうなったのやら…

 

ちなみに、もし仮に、入居者さんがゴミを放置したことが原因でネズミが出現した場合は、駆除にかかる費用は入居者さんの負担となります。

 

つづく

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る