Staff Blog

ペットと暮らすしっくいの家、完成間近。

2021.09.04|Q1.0住宅|設計・デザイン
塩原真貴

切妻+折れ屋根。森の中に佇む印象深い外観。
アンティーク玄関ドアは断熱・気密性に難があるので、玄関入ってもう一つ断熱ドアがある

切妻+折れ屋根。森の中に佇む印象深い外観。 アンティーク玄関ドアは断熱・気密性に難があるので、玄関入ってもう一つ断熱ドアがある

もう「秋」ってことでいいですかね?

信州産果物はこれからがピーク。

モモはもう終わりですが、梨、ブドウ、リンゴ。

初夏の気候が振るわず、どうやら今年はあまり出来がよくないらしく、

「贈答品は争奪戦になるだろうから早めに注文したほうがいいと思いますよ」

って、いつも配達に来てくれるトラックドライバーさんが教えてくれました。

 

デッキテラス奥行は芯々1820㎜。
採光と壁への雨かかり防止と、デッキテラスの利便性を考慮してこのようなかたちになった。

デッキテラス奥行は芯々1820㎜。 採光と壁への雨かかり防止と、デッキテラスの利便性を考慮してこのようなかたちになった。

さて、今月完成引き渡しを迎える、御代田のY邸が終盤です。

足場が解体され、これからいよいよ登記の準備ということで現場を訪れました。

南側に大きな窓を連続させ、デッキテラスも建物幅いっぱいに。

軒の出を深くして、雨樋には木の葉が入らないような仕組みのものを採用しています。

#タニタハウジング すと葉°ー(すとっぱー、と読ませます)

森、林の中に建てると、こうしたところにも配慮しないと、すぐに雨樋が詰まってしまいます。

道路側には上げ下げ窓(輸入窓なので、「シングルハング」などと呼びます)×4つ

 

 

構造体である梁と照明用の梁が交錯。天窓は電動で開閉できるタイプのもの。

構造体である梁と照明用の梁が交錯。天窓は電動で開閉できるタイプのもの。

2階の2つは吹抜に位置していて、当然ながら手が届きませんが、

あの梁を歩いてゆけばなんとか開けられるか(笑)

このあと造作キッチンが搬入され設置される予定。

LDKが吹抜を持つ一体空間で構成されています。

LDKと段差がない土間スタイルの玄関ホール。どこで靴を脱ぐ?

LDKと段差がない土間スタイルの玄関ホール。どこで靴を脱ぐ?

玄関入ると、ひろ~い土間になっていて、ここがこの家の象徴的な場所になっています。

鋭い方はお気づきですね。

そう、このお宅、大型犬が2名、室内で共に生活するのです。

床材の選定は、設計当時からかなり紆余曲折ありまして、

タイル、Pタイル、無垢フローリング、土間コンクリート(モルタル)、ペット用フローリングetc.

いろいろな観点から意見交換をし、実際機能用途によって張り分けられています。

暖房は薪ストーブ。

暖房は薪ストーブ。

さらに、ネコ様も複数。

薪ストーブの炉台(大谷石)からも2階へと、さらには例の梁の上に。

これぞまさにキャットウォークであ~る( ^)o(^ )

小屋裏形式の2階の部屋。屋根勾配は8寸。低いところの壁はH40cmほど。

小屋裏形式の2階の部屋。屋根勾配は8寸。低いところの壁はH40cmほど。

「ペットと暮らす米軍ハウス」

がテーマとなっているこのお宅、ぜひ多くの方に観てほしかったんですが、

この状況だと残念ながら見学会開催は叶わず。

室内壁・天井はオールしっくい左官仕上げ(DIY)となっております。

ひさしぶりに天窓が設えていて、ひかりが美しすぎるのですが・・・。残念。

 

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る