Staff Blog

キューワン住宅はエアコンの効きが抜群

2018.08.09|Q1.0住宅
塩原真貴

1か月前に完成引き渡しをさせていただいた、松本市ありがさきの家。

近くを通りかかりましたので、どんな様子か立ち寄らせていただきました^^

屋根上に設置した太陽光発電パネルと太陽集熱器。

このところの好天(と言っていいのだろうか・・・)続きで、発電は日中6kWフル稼働。集熱も毎日70~80℃の温水を保ちつづけています。

太陽のエネルギーって、ホントすごいですね( ^)o(^ )  

「断熱がいい家は涼しい」 とされていますが、必ずしもそういうことではないと考えています。

断熱材自体は気温を下げたり上げたりする働きはありません。

断熱が効いている=夏、冷房の効きがいい、そういう風にとらえてください。

もはや「信州は涼しい」とは言えなくなっています。エアコンは必須の住宅設備になっています。

いかに小さいエネルギーで冷房ができるか、そう考えるべきです。

南側に面したデッキテラスには屋根がしっかりかかっています。

夏はこの感じがいいですね^^

冬は直射日光が入らないので、この南側の低い屋根は是非が分かれることがありますが、私は是。

「大人の贅沢デッキ」、そんな佇まいがあります。

無垢ならのフローリングはもちろん裸足で過ごします。

すこし暗いほうが夏は過ごしやすい空間となります。

吹き抜けは、こうした屋根形状の場合はあった方がいいですね。

吹き抜けに面した2階の窓は、大胆に大きくとっています。

冬はダイレクトゲインも見込めますし、夏も間接光がLDを明るくします。

エアコンの冷風も家の中を循環しやすくなり、温度ムラを減らすことができますし、夜間は無風の日でも高低差によってゆるやかな通風も生み出せます。

どんなに断熱を厚くやったからといっても、外気温は35℃にもなっていますから、熱はじわりと家の中に侵入してきます。

冷房をしなければ、じわりじわりと気温は上がってゆき、29℃になっていました。

これくらいになると冷房をONするか、19時をまわったころに窓を開け、通風によって気温を下げるか、というふうに生活します。

朝は、このごろは9時くらいに30℃を超えることもありますから、8時前には窓を閉めましょう。

窓から直射日光が入らないよう工夫しましょう。

意外ですが、LED照明は以外と熱を発していません。

それよりもTVの画面や食器洗い乾燥機がとても熱を出しています。

また、築後すぐ間もないころは、木材や塗り壁はまだ多くの水分を含んでいます。

ですから湿度が高くなる傾向があります。2年目以降はだいぶ乾きますから安定して湿度50%台になろうかと思います。

エアコンも電源を入れたり切ったり、温度を上げたり下げたりするのではなく、26または27℃設定で連続運転が、特に初年度はよいのではないかと思っています。

2018.8.9 Reborn塩原      

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る