Staff Blog

「こりゃぁ簡単」省エネリフォーム30万円

2016.12.20|リフォーム
塩原真貴

♪も~い~くつね~る~と~・・・ カウントダウンが始まりました。ブログで毎年書いている気がします(笑)  

年内には必ず。  

そう約束していたリフォーム案件がいくつかあり、12月はまさに師走。

先送りしてきたツケが回っているだけなのですが、交通渋滞にはまると「くそぉ~!」と思い、 横断歩道のおばあさんに気づけなくなっている自分に気づきました(*_*;

せわしない毎日ではありますが、周りをよく見て、予定を順調にこなしてゆきたいと思います。 

10年以上前に建てたお宅では、 「洗濯物干し場としての下屋」 のご依頼を受けていました。

昼間仕事に出るようになったので、急な雨でも心配ないように、 物干しデッキに屋根をかけてほしいと言われたのは、9月のこと。

「年内には必ずやります!」と約束していました。

12月の頭には、 ちゃんとできましたぞ(・ω・)ノ  

丸太の土台や梁が腐てしまったお宅も、11月末には完了。   

腐っている部分を取り除き、ホウ酸塩棒を差し込み、上に水切り板金をかぶせました。 

12月上旬は、岐阜県でユニットバスの入れ替え工事と、 それに伴い浴室廻りの断熱工事、 アルミサッシを樹脂サッシに付け替え、 さらに床下全域の床断熱材を追加しました。

高性能グラスウール16K 105㎜+タイベックシート張り 

実は、写真の彼は私ではなく、新住協(岐阜)仲間の遠山大工です(^◇^)

身軽な彼は、床下で寝返りをうったり、旋回したり、とても活発に動いていて、大変うらやましく思いました( ノД`)シクシク… 

「塩原さん。あんたもうちぃっとやせないかんで」、彼にそう言われた瞬間の写真がこれです。

埼玉県でも梁に板金カバーを施工しました。

いろいろなリフォームがあるわけですが、 今年11月から「住宅ストック循環支援事業」なる補助金制度がスタートしていることを皆さんご存知でしょうか?

単なる水廻リフォームでも、壁・床・天井を断熱化、樹脂サッシへの付け替え、高断熱浴槽、バリアフリー化、耐震化など、けっこう幅広い守備範囲です。しかもポイントではなく現金。

30万とか45万円の補助金が使えます。

この手の補助金は申請が非常に煩雑で、普及の妨げになっていましたが、この住ストは比較的楽です。

エコリフォームをご検討されている方は、 必ずゲットしてくださいね^^  

2016.12.20 Reborn塩原(毒度1)      

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る