施工事例

暮らしの常識を変えるツーランク上の断熱性能!ランニングコストを抑える超低燃費住宅/松本市波田M邸

新築

2021年4月に開催した安曇野市C様邸の見学会へ来場したのがきっかけで、出会うことになりました。
弊社のホームページを読み込み、性能についてもよく理解しているご夫婦でした。
そのときは、奥様のご実家で夫婦とお子さん2人、お母様と暮らしていました。(ご実家は冬とても寒い!)

お母様所有のネギ畑を農地転用し、宅地造成、上下水道設備などをして新築を建てることになりました。
市街化調整区域、南北に超細長い土地で設計難易度が高い土地でした。

  • 東側にある玄関までの通り。足元は洗い出し。

  • デッキ横にポストを設置しました。リビングから取り出しで便利です。

  • 外面と内面に板が張っていないヌードドアと呼ばれるスウェーデンドアを仕入れています。

  • シューズクローク、コートかけスペースは造作です。

  • 玄関を入って左側がリビングダイニング。スケルトン階段により、通気性もよく、空間も広く感じられます。

  • 玄関を入って右側が、6帖和室。6帖和室を寝室にすれば、1階で生活が完結。

  • 6帖の和室は広々。押し入れ2つがあり十分な収納力。

  • 車椅子でも入れるくらいの広いトイレ

  • 洗濯干しスペースには、貯湯タンクを設置してあります。

  • ダイニング上には大きな吹き抜け。南側、東側から明るいひかりが入ってきます。

  • 吹き抜けにはキャットウォークを

  • 電動ブラインドにより、夏の日射をシャットアウト

  • キッチンがPanasonicのラクシーナ(W2570)

  • 2階の子供部屋。後に2部屋へ仕切られるように、入口は2つ。

  • パパやママのオープン書斎となるのか、子供たちの勉強ようか。こういう共同スペースが嬉しい。

  • 吹き抜け部分の隣は寝室

  • 2021年10月は全面ネギ畑でした。

  • 2021年12月に農耕終了となりました。農地転用をすすめます。2022年6月には造成工事(盛土、擁壁)が完了しました。

  • 基礎工事

  • 真夏の炎天下。建て方が行われました。

  • 無事に上棟しました。

  • シャノンのトリプルガラスⅡxが取り付けられました。サッシが搬入される前に、気密と防湿のため、窓廻りの気密シートやパッキンが先に取り付けます。

  • 外壁付加断熱を終え、透湿防湿シート(タイペックシルバー)がはられました。そして、通気胴部を施工した状態です。

  • 充填断熱と防湿気密シート張りの作業が完了しました。

  • お施主様によるしっくい壁のDIY作業の様子 ローラーしっくい塗装は、2度塗り。年末年始はDIYでした。

  • 通気胴縁の上に、左官下地となるラス下とよばれる木材を打ちます。

  • 屋根にはディプロマットを。そこへ太陽光発電パネルを設置中。

  • 西側の屋根に太陽光発電パネル5.55KWをのせました。

場所松本市波田
延床面積113.56㎡(34.38坪)
竣工2023年
補助金信州健康ゼロエネ住宅助成金(新築型)
断熱Ua値:0.27
Q値:0.910
C値:0.47
自然温度差:8.48℃
暖房熱負荷:29.0kwh/㎡
省エネ基準地域:4
天井:吹込みグラスウール35K340㎜
外壁:HGW16K210㎜
床:HGW16K245㎜
サッシ:トリプルシャノンⅡx
玄関ドア:ガデリウス スウェーデンドア U=0.9
家のスペック暖房:PS製温水パネルヒーター暖房システム10台 エコヌクールピコ(ヒートポンプ式)
冷房:壁掛けルームエアコン3台(リビング、和室、2階ホール)
換気:第三種セントラルダクト方式 日本住環境ルフロ400
自然エネルギー活用:太陽光発電パネル5.55KW
耐震等級3
長期優良住宅
Q1.0レベル2(省エネ基準比:32.0%)
新築施工事例一覧表はこちら

完成までの様子をのぞき見る

一覧へ戻る お問い合わせ・資料請求