Staff Blog

祝!安曇野市_30.5坪Q1.0住宅完成!

2021.10.19|Q1.0住宅|設計・デザイン
塩原真貴

朝晩だいぶ寒くなりました。

これで一気に紅葉がすすみましょう。

明日は秋山登山の予定でしたが、天候不順で順延にしました。

そろそろみなさん、外水道を「水抜き側」にした方がよさそうですよー。

今年の冬はどうなるでしょうか?

Rebornも乾燥マキを仕入れました。冬支度です。

 

前回ブログの続き—

本日、安曇野市Y邸は完了検査を迎えました。

なかなかカッコエエ家に仕上がりましたのでレポートしますね。

 

 

玄関ドアはローズマホガニー無垢羽目板を使用。

(ガデリウス社製)

ポーチのタイルはちょっと濃いめのグレー。
泥汚れちょい目立つと思いますが意匠的には締まりますね。

タイルと外壁しっくいの接点、つまりタイルの巾木の部分が意外と大事じゃない?

ここつま先で汚れるものなので。

ポーチ柱はベイヒバの無垢材で、芯去り材といいますが、

年輪の中心がないので割れません。

けっこう太い丸太からじゃないと取れない高級材なのですよ。

軒天はすぎ板なんだけれども節がほぼない、これまた高級材。

貼る方向迷うところだと思うけど、北村棟梁の判断かな、こっちでいったか。よいではないかい。

 

 

廊下なく、玄関ホールから扉なしでLDKへ。

玄関ホールにちょぴっと間接照明見えてるね。

吹抜2階から日差しがはいってきてました。

内壁はいつものしっくい=フェザーフィール。

ローラー塗装のところと左官コテ仕上げの部分がこの家では混在しています。

キッチン対面式じゃありませ~ん。

レイアウト工夫して、冷蔵庫隠れるようにしてます。

キッチンボードの張り範囲が大きい!

ツンツルではなくてドット柄が入って少し質感が加わっている。

3連IHだからこれはパナソニックだね。

あの四角い白のフレームはウッドワンのヤツ?

最近Panasonicでも販売してるようなんでどっちかか?

それともインターネット購入品かな?

いずれにせよ、昔より今ははるかに家づくりが民主化してる。

これはいいことだと私は捉えています。

 

洗面台もW1200でゆったりしてます。

脱衣室へ、トイレへ。

ジャンクションともなっているこのスペースを廊下と呼ぶことができようか。

奥行の少ない棚は多機能で使われそう。棚最上部にはHUB付ルーターが置かれる予定。

リビングからモロに見えるので、来客時には引き戸で閉じることもできるようになってます。

あいにく引き戸は加工しなおしのため、本日は存在せず・・・

トイレがなくって東奔西走の笠井くん(現場管理人)

ようやく見つけてくれました!

工事の一番最後がトイレって・・・。

昨年に続き、困った世の中ですわ。

完了検査は無事合格。

Yさん、これでぬくぬくの冬が過ごせそうでよかったぁ~♨

※10/17試験終了しました。

試験3年に渡る宅建試験との闘いについに終止符を打てそうです。(*´ω`*)塩原

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る