Staff Blog

大人の階段の~ぼるぅ~♪

2018.02.13|リフォーム
塩原真貴

この3連休を利用して、子供部屋改造をしました!

長野県南信方面のOB宅です。

先日現地を視察していました。(その時の様子のブログはこちら) 

ひそかに、熱く、子供たちのテンションが高まっていたことでしょう^^  

斜め天井がある、ドアのない、2階のホール的な場所。

10年程まえの新築時、「いずれ子供室に」と用意された空間です。

照明のスイッチや窓などは、新築当時に振り分けて設けられています。

養生テープで位置を確認。

もちろん図面も製作してあります。

現場で大工さんが考えることなくぱぱっと作業できるために、 やはり図面は欠かせません。 

最初にホールとの境としての主要間仕切りをつくります。

引戸が2セット。既製品ですが、偶然寸法的にぴったりでした。

飯田市ナガイのビオパインという代物です。

節有りパイン無垢ドアとしては、かなりハイレベルなコスパだと思います。

この仕切りは将来、子供たちが巣立って行っても残す壁になるので、しっかりと造り込みました。

次に、子供部屋同士を仕切る間仕切りをつくります。

いずれは撤去する可能性も大きく、簡易的に仕切ることにしました。

榀(シナ)と呼ばれる木の合板=シナ・ランバーコア合板の21㎜を用いました。

継ぎ目がたくさん表面に出ないように、1.2m×2.4mの大判を使用。

これをカットして並べ、さながら舞台のセットのような雰囲気。

斜め天井に対しての壁(パーテンション)はけっこうハイレベルとなります。

やはりそこは大工さん^^一発で納めました(笑)

このお宅では、男子&女子なのでそうはしませんでしたが、 女子&女子ならば、もっとゆるく、家具などで仕切る方法もあります。

我が家は女子&女子なので、壁の上の方は開いています。

また、一部は本棚(旧食器棚)を背中合わせにして仕切っているので、お互いの部屋を覗こうと思えば覗けます。

中2と小6のわが娘ですが、最近はライバル心がふつふつと沸いているようですから、長女からは、「おとう、あっちの音が聞こえないように、完全に仕切って!」と陳情書が上がってきています(笑)

「検討します」と答申しましたが(笑)

3日間に及んだ模様替え工事は無事終了。

違和感なく仕上がったと思います。。  

子供たちはどのような気持ちでいるでしょうか(^^♪

いつかだれかと結婚をし、家を建てる。

そのときに自分の家でも、こんな風に「将来仕切る」を採用するのでしょうか。

自分の部屋は、自立心向上のために必要だと考えられています。

ひとりになる場所って、大人にはやっぱり必要ですね^^

これで、子供たちは階段をひとつ上がるのではないかと期待できるリフォームとなりました。  

2018.2.13 Reborn塩原

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る