Staff Blog

リノベ後一年点検@軽井沢

2020.04.04|点検・メンテナンス
塩原真貴

来週からはいよいよ小中学校の新学期が始まります。

大都市と地方はほんとうに状況が違うのでしょうか?

このまま学校に行かせてよいものかどうか迷っている親としての自分がいます。

我々社会人も、このまま業務を続けていてよいものかどうか?  

浅間山のふもと、軽井沢OB宅1年点検へ―

いわゆるフルリノベ。

外壁塗装の色合いが落ち着き、春を待つ落ち着いた雰囲気に包まれています。

先日のブログでガラス屋根について書きましたが、こちらも強化ガラスのデッキ屋根を持っています。

いい感じに家の中に日差しが入っていました。

半年ぶりに会ったオーナーさんからは、 過去悩まされ続けた室内のカビがまったくなくなった、 24時間換気によって、久しぶりに帰ってきても室内空気が澱んでいない、 という声を聞くことができ嬉しく思いました^^

空気がおいしい、というのは本当に大事なことです。

2年前に初めてこの家を訪れ、インスペクションを行い、長期優良住宅化リフォームを行いました。まったくもって月日が経つのは早いものです。

家の中からの景観が秀逸です。

わたしは工事中の時から、この窓が一番のお気に入りです。

吹抜けに面した2階の窓。

私のなかで軽井沢のイメージはコレです。

(壁の厚さにも着目してほしい)

小屋裏の断熱材の様子。

吹込みグラスウールが35cm程敷き詰められています。

雨漏りの有無をチェック。

過去の経験では、インスペクションの際に蜂などの虫、鳥、コウモリがいたりすることがあります。

カメムシやテントウムシが越冬のため大量発生していることもあります。

ごくまれに、Hなビデオがあることも(笑)

メイスンリヒーターのオーブンは、最高でも150℃くらいにしかならず、ピザなどをカリっと焼くには不向きだそうです。

その替わり余熱を使うようなコトコト系の料理や、じっくり中まで火を通してやわらかくするような肉料理にはもってこいだそう。

人生を愉しむこと、自由でいることの大切さを今回のウイルス問題で、誰もがあらためて感じたのではないでしょうか。  

2020.4.4 Reborn塩原    

一覧へ戻る
一覧へ戻る