Staff Blog

黒い壁、白い壁。

2021.02.25|リフォーム
塩原真貴

長野市松代の長期優良住宅化リフォームが終盤です。 「玄関先の植栽や庭石は処分か!?」 という議論が設計段階でありましたが、残してよかった~(*’ω’*) リフォームならではの玄関ポーチに生まれ変わりました。 西向きなので、夕方は植栽が外壁に影を映しています。 夜は照明でライトアップすると隠れ家的バーの趣か(笑)

軒が深い・低い感じにイメージチェンジしました。 植栽も好印象に役立っていますね。 黒く塗装されたすぎ板も、なんとなく松代のイメージか。 武家屋敷風といってよいのでしょうね。

室内ではいよいよDIYしっくい塗装が始まったようすです。 床に敷いた養生のビニールがグッドですね(笑) 下地用の紙クロス:KOBAU(コバウ)が施工済み。 これならもうすでに暮らせますね。 広縁と呼ばれる場は、リビングに一体になりましたが、 もともとあったランマはそのまま活かし、ゆるく区切られています。 以前と劇的にかわったのはサッシの性能。 この日外気温はマイナス1度でしたが、締め切った室内は12℃でした。 日射取得が出来ているようです。

玄関に入ると広い土間があるのがこの家の特徴。 ここは以前、6帖の畳敷きの寝室でした。 間仕切り壁を撤去し、玄関とつなげることにより、中間領域的なあいまいな空間になっています。 窓辺にグリーンを置きたいですね。ロッキングチェアを置いて、ひだまりのなかお昼寝したいなあ。 当然基礎断熱してあるので、土間巾木の立上り部に断熱材が仕込まれております。 2021.2.25 Reborn塩原

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る