スタッフブログStaffblog

木の物置F-LAT_BOX発売開始!

2019.01.12

Exif_JPEG_PICTURE新年も2週間が過ぎ、落ち着きを取り戻しつつあります。 今週はひょっとしたら今季一番の冷え込みだったではないかと思われるほどの寒気到来で、長野市内でも-10℃にせまる最低気温を記録いたしました。 私はホッカイロや耳当て、ヒートテック下着などを身に着けて現場に出るようにしていますが、終日現場の職人さんには気の毒ですが、 昨年断熱改修したリボーンの事務所は快適です(‘ω’)ノ   スライド1さて新年早々、 リボーンのオリジナル木製物置第2弾となる、「F-LAT_BOX(フラットボックス)」の発売を開始したいと思います。 結果的に試作から約2年という時間が経過してしまいました。 4年前に「木っとハレルヤ」という木製物置キットを発売しておりましたが、防水性に難があり、加えて 宅配便による個人宛配送が昨年からできなくなり、薪小屋キット=グリーンラックとともにWEBショップ自体の撤退を余儀なくされました。 スライド2完全防水を目指すこの物置は、基本的にはRebornの工場で加工から組み立てまでを一貫して行い、クレーン付きユニック車での現場搬入を想定しております。 1.8m×1.8mの最小のもので、大人4人の手で運べるだろうと思いましたが、ちょっとしんどい。2tユニック車が横付け出来、かつその半径3m以内までが直接搬入据付ができる限度だろうと思います。 場合によっては大工さんを派遣して現場で組み立てることも可能です。   スライド34畳タイプの3.6m×1.8mも同時発売。この試作品は弊社の書類保管庫として展示しております。 内容量は約8㎥もあり、相当な広さがあります。 運送搬入費別途で税込み45万円はみなさんどう感じるでしょうか。 個人的には1.8m×1.8mタイプよりもお得だなと感じております。   スライド4木製品でありあながら、堅牢で長持ちすることを前提としております。 きれいに整備されたガーデンや、玄関付近など人の目につく場所に設置することを意識しております。 外壁材はACQ防腐防蟻剤を加圧注入しており、無塗装でも30年以上は腐ることがありません。 加えて「すのこ張り」と呼ばれておりますが、一枚一枚を間隔をあけながら張ることで、通気性を良くし、面としてのデザインに表情を持たせています。 グリーンラックや木っとハレルヤで用いられていた、高さ調整のできる鋼製脚も付属させ、レベル調整も楽にできるようにし、基礎工事を簡単に済ますことができます。 寒冷地で地面の凍上により多少高さが変わってしまっても、また中に荷物が入ってしまった状態であったとしても高さを調整できる優れものです(レベルフット・特許取得部材)   スライド5二年間の試験期間で、積雪に十分耐えうることも検証済みです。 F-LAT_BOXの”F-LAT”は、ファサードラタンと呼ばれる外壁の頭文字をとって、 また、四角いBOXでフラットの屋根であることを意識してネーミングされています。 平らな屋根は当然ながら雪が落ちません。必然、積雪荷重がもろにかかります。 設計上は軽い雪であれば2m、湿った重い雪であっても1.0mは雪下ろしをしなくて済む強固さです。   スライド6量産をするつもりは今のところ全くありません。 1台1台大工の手によってつくっています。 塗装はしないことが前提となっていますが、すべて木で出来ていますので当然ながらお好みで塗装もできます。   スライド9特注サイズでのオーダーも可能ではありますが、部材の規格寸法のロスがないように大きさ設定がなされており、特寸は割高になってしまうことをご理解ください。 ご注文はお手数ですがまずはRebornにメールでご一報ください。 通常納期は約1か月程いただきます。     S__198434820 先日第1棟目となるF-LAT_BOX1818を千曲市のMさん宅に納品してまいりました。 農作業用道具の保管庫として、また収穫された根菜類を保管するんだそうです。 設計図PDFファイルはこちらよりダウンロードしてください ↓ F-LAT_BOX_1818 F-LAT_BOX_3618   2019.1.12 Reborn塩原  

一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

一覧へ戻る