Staff Blog

密かなムーブメント

2021.06.23|不動産
笠井美英

ここ一週間の不動産部は…

引き続き、賃貸オーナーさんをリノベルーム【若里カンカン三番菅】へご招待・ご案内しておりました。

 

今回は女性オーナーの割合が高く、女性向けルームだけにどんな反応をされるかドキドキでしたが…

 

「旦那に内緒で私がここを借りたいくらい素敵!」

「半年だけお試しで住んでいいですか?」

…など、高評価をいただきました。

なんだか、私が取り合いになっているような錯覚に陥りそう(笑)

 

あいにく長期入居してくださるお客様が対象なので短期使用はお断りせざるを得ませんが、こういった反応は素直にうれしいですね。

そして早速、一部のオーナーさんから物件改修の相談を受けました。

行動の早いオーナーさんは違いますね。

 

アパートの客付けは築年数の経過とともに厳しくなっていく中、家賃は下げたくないし、リフォーム・補修はとにかく抑えたい…というのがオーナーさんの本音。

しかし、周囲にできる新しいアパートに押され、“その他大勢”の中に埋もれないようにするには、必要なところには費用をかけ、一歩抜きん出た存在になるしかありません。

 

そんなわけで、当社が提案しているのがリノベです。しかも、入居者さんの快適性を考えた良質なリノベ。

あなたも所有物件を磨き上げてみませんか?

タイミングは今です!

 

関連してですが、最近は、住まなくなった空き家の後利用や室内の片付けの相談なんかも来ていますね。

相続した土地建物で共有名義になっているような。

 

こういうのって、何かきっかけなりタイミングがないと、なかなか具体的な行動に移せないですよね。

とはいえ、使わない家なのであれば、対応は早ければ早いほどいいわけです。

 

つい先日は、長野市南部の空き家(一戸建て)を見てきました。

雨漏り跡や床の沈みがあったりと、やはり居住しなくなった家はすぐ劣化します。

残置家財も多いため費用は結構かかりそうですが、必要な補修をしたら賃貸に出そうか?という話になっています。

 

空き家のオーナーさん、片付け・後利用に関する相談もどうぞ。

お盆休みになる前に、後回しにしている空き家のこと、あらためて考えてみてください。

 

案件によっては、当社が直接買い取ってリノベします。

 

2021.6.23 笠井ひで

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る