Staff Blog

女王様がすぐそこに!?

2018.07.17|リフォーム
塩原真貴

早くも ”夏っ!真っ盛りっ(*´з`)” という有様ですが、お盆休みまではまだ1か月もありますね・・・泣

からだ、「もつ」、のでしょうか??

今回はそんな夏にぴったり、ちょっとキャーなお話を。

先日レポートした松本市のシロアリ被害の続報です。

全体の被害状況がだんだん明らかになってきました。

東西南北、どこからでもシロアリ被害が発見されました。

すべてといってよいでしょう、基礎断熱材からの侵入です。

不思議なのは、柱よりも筋交いに被害があることです。

外張り断熱材が密着していないからなのでしょうか?

原因はいまだはっきりしていません。

今回のシロアリ対策工事は外側からの切開としました。

基礎断熱でシロアリ被害が疑われる場合、これは基本です。

内側のほうが復旧する工事費が安くすむことから(一般的な石膏ボード+ビニールクロス仕上げの場合)、 思わず内側解体工法を採用しがちですが、場合によってはその被害状況を見落とすことになるでしょう。

外壁のクラック、あるいは軒の出がほとんどないことから、壁の中に漏水があったようで、 腐れとシロアリを併発すると、もう柱や土台はボロボロです。

大きな地震がきたらここは踏ん張ることができずに、「ガクッ」となる可能性が高く危険です。

ウレタン断熱材の中に巣を作っている様子です。

巣の断面のように見えます。

拡大してよお~く見ると卵も見えます。

この中に女王様がいるのかもしれません。

これまでの乾いた状態から一変、このあたりはじとじと濡れています。

水分があるとシロアリはとても活動がしやすいそうで、 この上は出窓。

外壁との取り合い部分からの漏水か、 あるいはそのまた上のベランダからの漏水か。

いずれにせよ壁の中が濡れた状態です。

今回、漏水が疑われ、シロアリの活動を助長していると予測しているベランダは完全に撤去します。

今週はここに手を付けてゆきます。

あらためてシロアリは怖いと感じます。

足場を組みにきた青年も、 新入社員のナカソネも、 シロアリを見るのは初めてだそうで、 建築に関わる人間だからこそ、この状況はぜひ目に焼き付けておいてもらいたい。

シロアリ被害はある意味自然災害ですが、今回のように、ほぼ人災と言っていいケースがほとんどで、 呼び込むものが存在し、防げるはずのものが防げない、発見できない、発見が遅れる、復旧にとても時間・費用がかかる という風になってしまいます泣

予測通り、ベランダの床から、漏水がかなりの量あるようです。

漏水により木が腐り、そこにシロアリが棲みついたのか、シロアリが棲みついて漏水を発生させ木を腐らせたのか、、、

いずれにせよ、ものすごい大勢のシロアリが生息している様子です。

ベランダは撤去するにせよ、ここからどれほど建物本体にまで被害が進行しているのか?

対策工事の規模を決定づけることになります。  

またしても次回に続きます。

2018.7.17 Reborn塩原        

一覧へ戻る
一覧へ戻る