Staff Blog

同日開催!坂田木材完成見学会@長野市松代町

2018.09.27|Q1.0住宅|設計・デザイン
塩原真貴

実りの秋^^

春着工した木の家が実りの時期を迎えています。

設計:Reborn-Studio一級建築士事務所 塩原真貴

施工:坂田木材株式会社

@長野市松代町

今週末見学会を開催するそうです。

同日Rebornも完成見学会を開催!両方行ってみてはいかがでしょう? 

完了検査は無事合格。残るはハウスクリーニング、フローリングの塗装や網戸設置かな。

総二階建て、延床面積40坪のシンプルかつ施工上合理的な形状です。

坂田木材さんらしくウッドデッキや室内には木がふんだんに使われています。

さくら、ひば、ひのき、パイン、赤松、すぎ、etc. 床と天井はすべて無垢の木です。

暮らしやすそうな間取りで、確か提案プラン第2号を提出したときに「これがいい!」って、なんだかこっちが拍子抜けするくらいあっという間に基本プランが決まりました。

収納信者は必見!すごいですよ!

オール電化、冷暖房はエアコンです。

これはご主人の勤務先の影響。「ちょっと~、こんなにでかいのいらないよ~」という大容量のエアコンが壁についていました。

外壁に付加断熱してませんがUa=0.44で準Q1.0レベル。

やはり床面積が大きくなると、Ua値には有利に働きますね。

実のところ”エアコンで暖房”はあまり推奨していませんが、これくらいの断熱性能があれば、かなり快適な室内環境になると踏んでいます。

坂田木材さんには是非冬の室内環境を実測してほしいと思います。

最近キッチンや洗面、トイレなどの住設機器はホワイト色の採用が多いです。

昔は便器にピンクやパステルグレーなんかが流行った時代がありましたが、トイレは100%近くがホワイトです。

キッチンも悩みぬいたうえでホワイト、そんな選択をする方が目立ちます。

世の中全体的な流れのようだと感じていますが、白や黒でモノトーン調+天然木アクセント、それがトレンドなのかもしれません。

これだけ無垢の木が使われていると、もはやアクセントとは言えませんが(笑)

2階のベランダからは皆神山を間近にのぞめ、牧歌的な風景がすごくよい^^

この中に数年前に担当させていただいた弟さんの家も見ることができます。

あと数週間もすれば、紅葉が楽しめそうですね^^

長期優良住宅、耐震等級3、Ua=0.44、無垢の木たくさん、そしてこの環境。

資産価値の高い、良質な家ができました! あとは暮らす人に託します!!

2018.9.27 Reborn塩原  

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る