施工事例

メイスンリヒーター+大開口でパッシブな暮らし/軽井沢町S邸

新築

軽井沢は冬の最低気温が-10℃を下回ることが多いけれど、年間を通じて日射が豊富な場所です。
また周囲には木々が豊かで、この敷地にもコナラやミズナラ、カエデ、白樺などの広葉樹が。
移りゆく四季を感じながら静かに暮らすことができるのは、なんといっても軽井沢の魅力です。

南面に大きな窓(ガラス面)を配し、冬期でも日射を取得を優先させ、夜間や日射が不足する日は断熱ブラインド(ハニカムサーモスクリーン)で熱の逃げを最小限にコントロール。
暖房には、日本ではまだ珍しい蓄熱式薪ストーブ:メイスンリヒーターを建物中央部に配置しました。
メイスンリヒーターは鉄製・鋳物製の薪ストーブに比べて蓄熱量が圧倒的に大きく、G2グレードの断熱性能があれば、低温の輻射熱により、より快適な全館暖房を得ることができます。

  • 2

  • 3

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 25

  • 24

  • 26

  • 夕方ハニカムサーモスクリーンを下ろしました。ビュウチフル

延床面積136.40㎡(41.18坪)※外ポーチ部一部含む
竣工2021年
補助金国土交通省・地域型住宅グリーン化事業・長寿命型
断熱Ua値:0.26
Q値:0.855
C値:0.6
自然温度差:10.71℃
暖房熱負荷:29.94kwh/㎡
省エネ基準地域区分:3地域
天井:吹込みGW35K300㎜(沈降考慮+50㎜)
外壁:HGW16K210㎜
床:HGW16K245㎜
サッシ:トリプルシャノンⅡx
玄関ドア:ガデリウス スウェーデンドア U=0.9
家のスペック暖房:メイスンリヒーター(蓄熱型薪ストーブ)
冷房:壁掛けルームエアコン1台(階段室に設置)
自然エネルギー:乾燥薪
換気:第三種セントラルダクト方式 日本住環境ルフロ400
耐震等級3
長期優良住宅
Q1.0レベル3 (省エネ基準比28.4%)

完成までの様子をのぞき見る

一覧へ戻る