施工事例

機械エンジニアが安曇野で家を建てたら/安曇野市Y邸

新築

ご夫婦ともに関西出身でいらっしゃいますが、冬はかなりの極寒、夏は拷問級の超高温となる信州・安曇野(あづみの)へようこそ!

「寒暖差の大きなこの地では、高度な断熱性能は必須だと思います。ただしコスパが重要です」
とは精密機械の会社に勤めるエンジニアであるご主人談。奥様もYouTubeなどの動画で断熱気密はもちろん、家づくりの様々な知識を正しく習得されていました。

有明山や常念岳といった安曇野の風景にとけこむべく、外壁はしっくい左官仕上げ・軒裏にも無垢板を。
作り手側も床面積30坪とは全く感じないほどに広々とした自由な空間は、桜のフローリングにしっくい塗装仕上げ。
DIYしっくいは、一部左官仕上げにもチャレンジいただき、奥様の趣味である雑貨や食器、グリーンがことごとく映えています。

延床面積101.01㎡(30.49坪)
竣工2021年
補助金国土交通省・地域型住宅グリーン化事業・長寿命型
断熱Ua値:0.26
Q値:0.920
C値:0.44
自然温度差:8.39℃
暖房熱負荷:31.18kwh/㎡
省エネ基準地域:4
天井:吹込みグラスウール18K300㎜
外壁:HGW16K210㎜
床:HGW16K245㎜
サッシ:トリプルシャノンⅡx
玄関ドア:ガデリウス スウェーデンドア U=0.9
家のスペック暖房:PS製温水パネルヒーター(FF式灯油ボイラー~室内に設置)
冷房:壁掛けルームエアコン1台(吹抜~キャットウォークに設置)
換気:第三種セントラルダクト方式 日本住環境ルフロ400
耐震等級3
長期優良住宅
Q1.0レベル2(省エネ基準比:30.4%)

完成までの様子をのぞき見る

一覧へ戻る