Staff Blog

日射遮蔽・サングッド

2018.06.28|Q1.0住宅
塩原真貴

今週末の完成見学会に向けて、 ハウスクリーニングが行われています。

窓はピカピカに磨かれ、室内は静寂に包まれております。

2階のこの窓からの眺望が抜群によい!

この日は曇りでしたが、深い軒の出で直射日光を遮っております。

屋根はディプロマットのオニキス色(ブラック)で30年以上はノーメンテナンスですから、 この屋根に上ることもそうはないでしょう。

清掃を含め、最終点検を行いました。

最後の最後で、2階の西面についている2つの窓に、日よけ部材=サングッドを取り付けました。

外部用のロールスクリーンです。

セイキ販売という網戸を主力製品として製造する会社のものですが、 我々断熱こだわり者の間では、「ハニカムサーモスクリーン」の会社として知られています。 

セイキ販売・サングッドのWEBページ 今回初めての採用ということで、私自身で取り付けてみました( ^)o(^ )  

まずは外壁に対してどこに付けるのか墨出しをして、ブラケットを取り付けます。

必ず下穴をあけましょう^^

ポイントはそれくらいか・・・。

1か所あたり10分くらいで設置ができることがわかりました。

操作性は悪くありません。

値段はサイズにもよりますが他の日射遮蔽部材に比べてコスパにたいへん優れていると思います。

問題は耐用年数になるでしょうか。

台風の時など、機転が利いてスクリーンをあげておけるかどうかが勝負だと思います。

生地も色付きのものなど種類があります。

納期も規格寸法品だったからか、今回は1週間以内に入ってきました。

引き違い窓なら開閉はたやすいのですが、滑り出し窓だとどうなのか、 今回そこらへんが懸念材料ではあったのですが、窓が引っ込んで納まっていることもあって、 室内からの開閉も問題ないことがわかりました。

創業5年目にして、Rebornによる新築住宅、第6棟目です。

これまでは、断熱・耐震リフォームやOB宅の工事や点検、中古住宅のインスペクションや他社工務店の設計業務がほとんどでしたが、 なぜか新築のご用命が増えてきました。

大きな会社ではなかなかできないことをやってゆき、痒いところまで手が届き、 お施主さんに満足感やワクワク感を届けられたらいいな、そんな思いでつくっています。  

2018.6.28 Reborn塩原

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る