Staff Blog

御代田町Y様邸竣工

2019.12.24|Q1.0住宅
塩原真貴

遂に完成! 御代田町Y様邸。

施工:坂田木材さんです。

土蔵と庭木を残し、旧家を解体。2年がかりの壮大な建て替え新築、大事業です。

先代が大事に手入れをしてきた松の木と違和感のない外観を、というリクエストがありましたね。

外壁にグラスウール付加断熱を施したQ1.0住宅仕様です。

YKKAPのAPW330、真空トリプルガラスが採用され、 出窓風の窓からの眺望が美しい。

この数時間後、積雪となりましたが、北に浅間山をのぞむ立地。

この時点で(12/22)冠雪はありませんでした。

室内はパネルヒーターによる輻射熱の暖房。

とてもマイルドで暖房感がありません。

材木屋さんらしく、木がふんだんに。

床、天井、手すり、階段にさまざまな樹種の無垢材が使用されています。

ぱっと見ただけでも、ひのき、さわら、すぎ、けやき、なら、べいすぎ、たもなどが使われていました。

Yさん、竣工おめでとうございます^^

以前の家は相当な寒さで、暖房コストがもう勘定できないほどだったかと思いますが、 今度の家は現在我々が持ち合わせている技術がぎゅっと詰め込まれています。

耐震性、断熱性、耐久性、意匠性、施工・仕上がり、どれもかなりのハイレベルだと自負しております。

ご家族みなさんが、健やかで安全、冬でも朝起きが苦にならない生活が送れるかと思います。

いつかお子さんにも引き継げるよう、大切にしていってください。

一覧へ戻る
一覧へ戻る