Staff Blog

シロアリはひのきを食べない?

2020.06.23|リフォーム
塩原真貴

家をむしばむシロアリはどんなところにいるのか?

蒸し暑い梅雨の時期は、シロアリが最も活性化する時期です。

彼らは人の目につくところには絶対にでてきません。

ただ、1年に一度あるいは二度、 子孫繁栄のため、シロアリ一家の一部の部隊が羽を得て、 4月下旬~6月上旬、雨が降った翌日でかつ無風の晴天日に空中を舞います。  

家の北側にある、タキロンでつくった下屋。

昭和の家、あるある風景の一つです。

水廻りリフォームに伴い、このタキロン製下屋を解体。

骨組みがあらわになりました。

「いらっしゃいますか~?」

はい、いらっしゃいます。

これだけ見ると、「腐ってる?」って程度で正直わかんない。

叩けば軽い音がします。

叩くと出てくる?

出てこない・・・。

ドアをノックしても決して出てこない人、いるな~、近隣挨拶に出向いても(笑) 

可哀そうですが、土台を外すとこんな感じ。

行列をなして3密状態。

意外と小さいんですよー。

こんなに小さい彼らも、群となると家を倒壊するまでにもなり得ます。

基礎にブロックを使うと、被害にあう確率はかなり高いといえましょう。

気を付けようにもなかなか気づけない。

ちなみにヒノキはシロアリに食われない、というのは真っ赤なウソ。

2020.6.23 Rebron塩原  

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る