Staff Blog

シンプルな家は窓配列が命!

2018.04.21|設計・デザイン
塩原真貴

長野市川中島にて、設計:Reborn、施工:坂田木材による住宅が完成です^^

コストパフォーマンスを追求した結果ひねり出された、 総二階・片流れ屋根の住宅です。

いまどきの住宅といえばそれまでですが、 1階南側に深いひさしを配備するあたりは、さすが!(と言ってほしい(笑))

窓から直射日光が差し込むのを防ぐ役割を見事に果たしているではないですか! 

玄関ポーチは東側に配備。

こういう敷地条件の場合、とかく南東の角に玄関を配すことが多い世の中なわけですが、 南東は最もいい環境である場合が多く、客間的な個室を南東に。

南西にはリビングをゾーニングしました。

ポーチの上はFRP防水をしたうえでバルコニーとしています。

外壁は総じて窯業系サイディングですが、先ほどの南面のひさしとポーチの天井は、パイン無垢羽目板で木質感を出しています。

リビングの上は大きな吹き抜けとなっており、耐震等級3を出すのにやや苦労しました。

対面式キッチン-ダイニング-リビングが一直線になっている間取りです。

南北に長い敷地の場合は、やっぱり南側に吹抜けがほしくなっちゃいますね^^

ずいぶん明るく、建物の奥のほうが暗くなってしまいがちなのを防いでくれます。

吹抜けの上部に設けられた窓は通常羽目殺し(FIX)窓となることが多いのですが、 寝室や子供部屋に隣接していれば、窓に手が届くように室内窓を取り付け、 窓の開閉操作ができるようにするとよいでしょう。

YKKさんの引違い窓は、窓の戸先にロック機能があるので、戸締りもできてグッド!   

さらに欲張ると、光の量を調整する機能が欲しくなる。

タテ型ブラインドが設置されました。

さらにシーリングファンも完備。

シーリングファンには照明器具アリにもできますが、できるだけ採用を控えたほうがいいと感じています。

過去いくつの電球をひやひやしながら取り換えたことでしょう。

シーリングファンも家電量販店やホームセンターで売っている「あまりに安い」シーリングファンは避けて下さい。

壊れると取替費用がばかになりません(*_*; 

建築主の要望を最大限採り入れつつ予算に合うようにと、あらゆる角度から検討され、 耐震等級や断熱性能は妥協せず、会心の一棟になったのではないかと密かに感じています。

来週いよいよ完了検査。

工事期間の間に家族も増えたOさん、ご出産&ご新築おめでとうございます^^

これまで寒いアパート暮らしによく耐えてこられました。

季節は春真っ最中ですが、いまから冬が待ち遠しいのでは?(笑)  

おまけ)

珍しいグレーのパネルヒーター。 トイレのコーディネートによく似合っていました。  

2018.4.21 Reborn塩原  

一覧へ戻る
     

月別アーカイブ

     

関連記事

一覧へ戻る