お知らせ | 株式会社Reborn(リボーン)

12/25~27:個別見学会@小布施町

IMG_8324小布施町・T様キューワン住宅、足場が撤去されました。

破風・母屋などの桁:キシラデコール、ウォールナット色

軒天:ケンエースⅡ・ホワイト

外壁:プラネット、クイック&イージー(西洋しっくい)左官仕上げ

グレーとオークの色粉を混ぜています。

久しぶりにシングルハング(片上げ下げ)窓を採用。初めて西日が当たって、ヌリカベ君も喜んでいると思います(夕方の写真)

 

IMG_8320今日は小春日和で暖かい一日でした。

ここは分譲地で複数の建築途中の家が立ち並んでいます。

周囲は窯業系サイディングの外壁ばかりで、どこか「小布施らしさ」が減衰している感じがありますが、

オトナの街・小布施の街並みに、少なからず貢献できるのではないかと思っています。

この足場撤去直後の夕方、遠巻きにこの完成しつつある姿を眺めるのは、このうえない現場監督のヨロコビなのです。

 

IMG_8321窓はもちろん樹脂サッシ(トリプルシャノンⅡs)なのですが、

Rebornの標準的な納まりは外壁よりも窓が引っ込んで取り付きます。

腐食や凍害の原因となりやすい窓台には(ドイツ製)アルミ製の水切りをつけています。

国内のアルミメーカーさんに早く発売してほしいと、このブログで訴え始めて早3年ほど経ちますが、今のところまだ国内調達できていません。

Y社、L社さんあたり、どうでしょうか?需要が見込めないといっこうに耳を貸してくれませんが、ファーストペンギンにぜひなっていただいたい。

 

IMG_8332室内では、建築主Tさんによる内装しっくい塗装が佳境を迎えています。

すでに2階は塗り終え、階段を下ってきています。これでついにメインどころのLDKにつながりました。

室内には造作家具が運び込まれ、内装が仕上がるのを待って、所定の位置に取付けされるのを待っています。

しかし終盤になって家族内に風邪が連鎖し、時期も時期なので、ついに先日応援要請がありました。

ダメ元で取引先の塗装やさんに連絡すると、快く引き受けてくれました。ありがたい限りです。

これで年内完成の目途が立ちました。あとは各職人さんの体調にかかっています。

 

IMG_8316さすがにプロは無駄な動きがなく、無口で黙々と仕上げてゆきますな。

現場にはミルク的な甘い香りが漂っています。

内装用しっくい材はこれまでずっと、プラネットジャパンの「フェザーフィール」です。

この手の内装材には必ず接着材が入っています。

フェザーフィールの場合は、カゼインというヤギの乳から採れる成分が接着剤の役割を果たしています。

環境的によろしくまた、塗る人にもやさしい材料だと思っています。

道具や容器は当然毎日作業終了後に洗いますが、地表に洗い流してもOKです。

内部塗装の何がタイヘンて、養生やマスキングです。

加えて1時間前の練り置き。

練り置きをせず練ってすぐ塗装は、どうしても「ダマ」ができてきれいに仕上がりません。

 

IMG_8341

今回は完成見学会は開催しません。

内覧・見学希望の方は個別に対応させていただきます。

平日になってしまいますが、12/25(水)~27(金)にて対応させていただきます。

ご希望の方はメールまたは携帯電話にご連絡をお願いいたします。

info@reborn-nagano.co.jp

または

090-1121-3993(塩原)まで。

暖房はパネルヒーターです( ^)o(^ )

 

2019.12.10 Reborn塩原

 

[見学会] 11/9,10~Q1.0賃貸@長野市高田北条

IMG_63312週連続で完成見学会を開催します。

11/2,3は4人家族のための新築住宅(予約受付中)

11/9,10は、3人家族を想定した2棟続きの賃貸住宅(平屋建て=長屋=テラスハウス)

工事は残すところ木製フェンスやサンルームのみとなり、もう少しで内覧ができるようになります。

「テラスハウス♪」ってなんだかテンション上がります(TV番組の影響でしょうか)。

和名は「長屋(ながや)」です。

共用の廊下や階段を有している一般的なアパートとは建築基準法も扱いが異なります。

複数の部屋で1棟をなす2階建てのようなアパートは共同住宅と呼ばれていますが、長屋は一戸建ての住宅の扱い。

 

テラスハウスA&B外観パース一般的なアパートは、ある意味”仮住まい”用で作られている場合がほとんどだと思います。

サッシはアルミ枠で良くてもアルミ樹脂。ガラスはペアガラスが採用されているというだけでウリになっているようです。

大家さんとしてはわずかでも初期投資を抑え、入居が絶えなければ勝ちですが、もはやそう言ってられない程賃貸住宅は余っています。

私も18歳で千葉県のアパートに引っ越し、大学生として5年、長野市に就職し、結婚して数年長屋住まい。

のべ16年間、夏暑くて冬寒い「チンタイ」暮らしでした。

ごたぶんにもれず「いつかは夢のマイホームを」と思っていましたので、ある意味「耐えて」いたのですが、

キューワン住宅(自宅)で育ったわが子らが、あのような極寒アパートで暮らしてゆけるものなのか不安を感じます。

 

IMG_E6445千葉にいたころは、冬は冬でそれなりに寒かったんですが、夏はもう耐えられませんでした。

エアコンは調子が悪くカビ臭もしましたがつけっぱなしにしていました。それでも暑いぃ!

お隣りさんや階下からは話し声が聞こえますし、友達が来た時などは、階下のおじさまにどえらく怒られもしました。

2階の西部屋に入居したのはサバイバル。思えばあの時からMっ気が根付いたのかもしれません(笑)

長野に移り住んで最初のアパートの冬は、地獄とまでは言いませんが、ある意味修行僧でした。

コンビニ弁当×3食のダメダメ食生活でしたので血がどろどろしていたのでしょう、トイレにいって胸がキュンとしてめまいがすることもしばしば。

おそらく-5℃前後のトイレではなかったか。

命が・・・、そう感じたことも一度や二度ではありません。

 

従前の間取りそろそろ宣伝します。

このテラスハウスは東側をA、西側をBとしており、

従来は左右反転(ミラーリング)した間取りでした。

6・6・4.5の3部屋があり、廊下を挟んで水廻り。

断熱性能はUa=3.51、耐震評点は0.28でした。

家賃を下げる、ペットを可にする、などで対応してきた大家さんは困り果てていました。

Exif_JPEG_PICTUREリフォーム前はこんな感じ。

これではやはり・・・。汗

しかし立地条件は良好。駐車スペースも工夫すれば1棟あたり2台とれそうです。

まず最初にインスペクションを実施しましたが、柱や梁、土台などの躯体はしっかりしていました。

聞けば先代の大家さん、つまり現オーナーさんのお父様が大工で、自らこの長屋を建てて貸していたそうです。

どうりで。

基礎にはクラックがあり、屋根のセメント瓦は製品寿命を迎えていました。

 

Exif_JPEG_PICTURE「手のかからないようにしてもらいたい」という大家さんの意向は強く、

アパート経営とは、入居者が絶えることなく、修繕費を抑えることができなければ、まるでボランティアだそうです。

加えて固定資産税や借入金の金利なども負担しているのですから大変です。

永く暮らしてもらえる、定住型の賃貸があってもいいのではないか、

アパートは冬とても寒い、結露がひどい、押入がかびる、夏は暑い、眠れない、光熱費が高い、

そんな常識を破るチンタイを経営されてはどうかと提案しました。

 

もちろん初期投資はかかりますが、長期間暮らしてもらえる(なかなか退去できない)、住む人も快適で光熱費がかからない、投資を回収し終わった後も、後継者に資産価値が高いものを引き渡せる。

今後はこうしたチンタイが主流になってゆくことを予想しています。

 

テラスハウスA&Bあらたな間取りは子供の成長に合わせて可変できるようにしました。

子供がひとりの30歳代前半の家族が暮らすことを想定しています。

もちろん単身者もOK。ゆったり、しかもお隣りさんの影響を受けることなく、落ち着いて暮らせます。

小学低学年くらいまでは個室をもたせることなく、広々LDで寝室もゆったり。

いわゆる1LDKの、B棟。

高学年(あるいは中学入学)と共に4畳半を与え、2DKのA棟。

双方どちらにも変更が容易なようにつくってあります。

樹脂サッシ、LOW-Eガス入りペアガラスや高断熱高気密の施工でUa=0.36W、

冷暖房で1棟あたり年間約¥30,000の出費だとQPEXで導きました(全室20℃設定)。

加えて無垢パイン材のフローリングで、多少の床キズもOKに。

IMG_E6445玄関ドアもスウェーデンのレクサンドーレン。

U=1.0の優れた断熱性能で、かつてこんなチンタイ、あったでしょうか?

広い玄関ポーチ屋根は駐輪場としても活躍しそう。

外壁は金属サイディングで、本来であれば10~15年毎にコーキングの打ち換え、塗装が必要な部材ではありますが、

平屋建てで軒の出が大きいので、それほど傷まないと判断。

付加断熱材は定番の高性能グラスウール16Kを105㎜。

もちろん外壁通気工法としており、劣化対策もできています。

総合的に長期優良住宅の基準を満たしており、国から1棟あたり補助金を100万円いただける見込み(申請中)。

 

テラスハウスA&B内観パース室内はほぼこのパースのように仕上がっています。

一戸建ての住宅でも通用する程度の住設機器、

玄関収納やキッチンカップボード、TV台などの造作家具をしつらえ、

家具をあまり持っていない方は特に初期投資を抑えられます。

省エネエアコン(三菱・霧ケ峰AXV・2.8KW)付属で、冷暖房をこの1台でまかないます。

24時間換気は3種として、いつも新築で使っている日本住環境製ルフロ400を2棟まとめて1台で対応していますから、

仮に入居者がなくても通気・換気は常に行われており、オーナーさんは無入居時でもいちいち風通しをしに行く手間がいりません。

IMG_6434 IMG_6452 IMG_E6459もし私がアパート探していたら、間違いなく候補No.1にするでしょうね。いやほんとに。

問題は家賃が8.5万することくらいですが、光熱費が月あたり¥2,500で快適ならば、

家賃は7万円相当ではないだろうかと思います。

この立地で駐車場2台付きですから、ちょっとヤバくないでしょうか(笑)

大家のKさん、安すぎないでしょうか?(笑)

断熱性能を勉強していて、まぁ、ウチらは賃貸でもいいか、という人にはバランスの取れたスペックに感じていただけると思いますし、十分メリットのある家賃設定だと思います。

 

Rebornとしては、これからはこのような賃貸住宅のリフォームを多く手掛けて行ければいいなと思っています。

大家さんも入居者もこれぞウィンウィン。省エネを目指す社会全体としても◎。まさに「三方良し」であります!

 

QPEX参考にQPEX計算結果を。

見学会を開催する11/9~10といえばすでに暖房シーズンで、その断熱効果が実感できるかと思います。

入居希望の方アパート経営を考えている方すでにアパート経営をされていて空き部屋続出で悩んでいる方などにぜひ見て感じていただきたいと思います。

11月上旬に配布されるフリーペーパー・ほっとパル、11/8発刊の信濃毎日新聞の不動産情報ダブロイドでも告知されます。

今回もご予約の方優先とさせていただきます。

(このブログ記事が一番最初の告知となります)

予約は平日であればお電話にて承ります(026-274-5485 内海まで)

メール(info@reborn-nagano.co.jp)、このホームページの上部バーナー「お問い合わせ」ボタンからでもお申込みいただけます。

お名前、連絡先、ご希望の日時をお知らせ下さい。

 

2019.10.24 Reborn塩原

11/2、3完成見学会のお知らせ@長野市鶴賀

見学会チラシ前面

長野市鶴賀・完成見学会をお客様のご厚意にて開催させていただく運びとなりました。

11/2()、3()の2日間。

「あきらめないで、キューワンを。」

長野環境配慮型住宅助成金 活用。

リボーンの規格型住宅(35坪プラン)をアレンジした外観・間取りとなっております。

 

 

Ua=0.30(Q=0.97) Q1.0住宅LEVEL-2(省エネ基準より暖房費67%ダウン)

冷暖炉「壁掛けルームエアコン」

外壁断熱205mm(グラスウール) 無垢フローリング 高断熱輸入木製玄関ドア 樹脂シャノンウインドウ 造作家具

外壁:しっくい左官 内装:DIYしっくいローラー塗装

見学会チラシ裏面

今回は予約優先制です。

駐車場に限りがあるので、ご予約の方を優先とさせていただきます。

※ご予約なしでご来場の場合は、駐車することができず受付ができないことや、スタッフが対応できないこともございます。大変恐縮ですが、できるだけご予約の上ご来場くださいますようお願い申し上げます。

ご予約はメール・電話・FAXで承っております。

電話026-274-5485 FAX:026-274-5485

メール:info@reborn-nagano.co.jp

営業時間9:00~18:00まで。

土日祝日は無人になることが多いので、お手数ですがお電話の場合は平日電話でお願い致します。

詳しくは下記の見学会チラシにて詳細をご確認ください↓

鶴賀完成見学会チラシ

★過去見学会にご来場いただいた方に対して優先的にDMを発送させていただいております。

予約状況を随時更新してまいりますので、空いている時間帯をご指定ください。

基本的には1組1時間単位でお願いいたします。

~予約状況~【10/29(火) 13:00更新】

11/2()10:00~11:00  予約不可×

11/2()11:00~12:00  予約不可×

11/2()12:00~13:00 予約不可×

11/2()13:00~14:00   予約可能

11/2()14:00~15:00  予約不可×

11/2(15:00~16:00  予約不可×

11/2()16:00~17:00 予約不可×

 

11/3()10:00~11:00 予約不可×

11/3()11:00~12:00 予約不可×

11/3()12:00~13:00 予約不可×

11/3()13:00~14:00 予約不可×

11/3()14:00~15:00  予約不可×

11/3()15:00~16:00 予約不可×

11/3()16:00~17:00 予約不可×

 

2019.10.17 Reborn内海

弊社台風19号の被害について

報道にもありますように、この度の台風19号により長野市内では河川の氾濫、堤防の決壊などにより甚大な被害が発生しております。

弊社事務所は浸水被害等、幸いにも影響はございません。従業員も全員無事です。

しかしながら従業員自宅や親類の家や弊社顧客宅では、床下・床上浸水や停電など生活に支障をきたしているという現実がございます。

また千曲川堤防の決壊・越水などにより、交通・物流にかなりの影響が出ており、業務取引先や資材仕入れ先では、明日平日以降の業務にかなりの支障が出てしまうことが予測されます。

 

電話やメール等でたくさんのお見舞いの言葉をいただきました。

なかなかすべてにお返事ができる状況ではございませんが、

この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございます。

 

今後は一日でも早く日常生活・日常業務を送ることができるよう、OB・OG宅を中心に復旧作業に努めて参りたいと考えております。

また現在工事中の建設現場、今後予定されている新築やリフォーム工事につきましては、

できるだけ予定通り進捗ができますよう最大限の努力をして参りたいと存じますが、適宜ご相談のうえ、ご理解をいただきながら進捗して参りたいと存じます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

2019.10.14

株式会社Reborn 社員一同

 

【被害に遭われた弊社顧客のみなさまへ】

・復旧工事にあたり、火災保険が適用になろうかと思います。まずは被害状況につきまして記録写真の撮影、保存を行ってください。保険会社の窓口にご一報の連絡をお願いいたします

・床下、床上浸水をした方は、ポンプアップ作業をお手伝いいたします。被害状況をお知らせ下さい(浸水の深さ、電力が利用できるかどうかなど)

・停電している状況の方、電力の復旧に伴い電気系統のショートが起こる可能性があります。電気のブレーカーを必ず落とした状態にしておいてください

・ご来社いただき、スマートフォンやノートパソコンなどの充電を弊社で行っていただいて構いません

・本日の夕方から降水予報が出ています。再び浸水する可能性もありますので、ラジオ等で常に情報源を絶やさぬよう努めてください

・今後気温が下がってゆき、例年10/20頃より暖房シーズンに入ります。暖房器具が利用できる環境を整えてください

・その他、お困りごとがありましたら、電話・メール等でご一報ください

電話:026-274-5485

FAX:026-274-5486

メール:info@reborn-nagano.jp  または本ホームページの「お問い合わせ」ボタンから。

塩原 直通携帯電話:090-1121-3993

 

台風19号に対する対策について

非常に大型で猛烈な勢力の台風19号が、日本列島に接近しており、気象庁は厳重な警戒を呼びかけています。

直前対策として今から出来ることをご紹介します。

□ バルコニー側溝の排水口のゴミを取り除く
□ ベランダ、玄関周り、庭の飛散しそうなものをしまう
□ 24時間換気システムの一時停止

□ 窓の外に設置してあるすだれやシェードは取り外す
□ 雨戸、シャッターがあれば確実に閉める
□ 窓にはガラス飛散防止フィルム(養生テープ)を貼る

□ 窓ガラス破損・飛散に備え、カーテンブラインドなどを閉める
□ 浴槽に水を張る
□ 食料・飲料水の補充

□ スマートフォン、携帯電話、ノートパソコンにフル充電
□ 非常用品の確認
・懐中電灯 ・携帯用ラジオ(乾電池) ・救急薬品 ・衣類
・非常用食品 ・携帯ボンベ式コンロ ・貴重品など

 

外出を避け、自宅でテレビやラジオで情報収集を常に行ってください。

避難勧告が発令したらすぐに避難場所に向かいましょう(地域の避難場所はどこなのか前もって把握しておきましょう)

 

住宅部材の飛散や雨漏りなど、お住まいのことでお困りのことがございましても、

強風や水害による2次被害の恐れがあるため、私を含めスタッフ全員、本日と明日は自宅待機とさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

住宅に被害が発生した場合は、その修繕復旧費などにつきまして、火災保険が適用になることがございます。

被害状況を写真や動画で保存しておいてください。

2019.10.12 15:00
株式会社Reborn スタッフ一同

11/2,3完成見学会@長野市鶴賀

IMG_6296完成見学会を開催します!

11月2日()・3日(

両日共に、10:00~16:30

@長野市鶴賀(吉澤産婦人科様近所)

しっくいと木材をふんだんに。

断熱職人による本気の断熱。

いつもの如く、ご予約の方優先制で開催したいと思います^^

 

IMG_6299先日ようやく足場の撤去を行いました。

秋の青空にしっくい左官の外壁が映え、ほんとステキです。

ご近所の方がこちらを見る目を痛いほど感じます(笑)

窓が外壁よりも引っ込んでいるので、陰影が立体感を生み出し重厚感があります。

自画自賛です、すみません(‘ω’)ノ

リボーンの規格型住宅(35坪プラン)をアレンジした外観・間取りとなっており、設計費用をできるだけ抑えています。

実は、中古住宅のリノベーションからスタートしたプロジェクトでした。

結果的にこうしてなんてことなく建ちましたが、建築主のMさんにとっては3年以上の大事業でした。

 

IMG_6307今回初めてではないでしょうか。

規格プランの南面のデッキテラスに屋根をかけました。

原型プランは跳ね出しのベランダです。

ベランダ(バルコニー)をなくし、費用的にはほぼ費用相殺(±0)で柱を立て、ディプロマット屋根を葺きました。

軒裏をパイン板とし、木質感をグンと上げています。

 

IMG_6284家の中はまだこんな感じ。

DIYしっくいローラー塗装やプロによるタイル工事、内装下地クロス工事が同時進行で行われています。

見学会に来ていただけるとご覧いただけるのですが、

今回はじめて、「化粧梁に間接照明を仕込む」という試みをやっています。

この画像を拡大表示してもらうとツウの方は分かるかもしれませんが、

構造材である(ように見える)梁が光るのです。

他の会社の事例でも見たことはありません。

当然照明器具もまだついていませんし、試してもいないので何とも言えませんが、

もしかするとノーベル賞もらえるかもしれません(笑)

 

IMG_6288タイル工事が始まりました。

この家、タイルを玄関、キッチン、洗面、トイレに用います。

昨今タイル屋さんというのは絶滅危惧種に近い状態で、ほんとうに職人さんがいないようです。

かれこれ20年近くお付き合いのある高村タイル工業さん。

先代の社長は数年前に亡くなりましたが、しっかり息子さんに受け継がれ、さらに今はその息子さんが応援に来ています。

 

IMG_6272タイルを張るといっきに室内が華やぐのはなぜなのでしょうか?

 

職人さんは血液B型のひとがほんとうに多いと感じていますが、

タイル屋さんはA型向きなのではないかと思います。

よく聞かれるのでこの場を借りて発表しておきますが、わたくし塩原はO型です。

 

この家の見学会告知は今日のブログ記事が初めてです。

ぜひご予約のうえご来場ください。(お電話またはメールでお願いします・会場のスペースが限られているので、お車でお越しの場合、予約なしの場合駐車できない可能性がございます)

2019.10.10 Reborn塩原

 

ヘリンボーンの玄関ドア

S__217890834すごい大発見をしました!

Rebornオリジナル玄関ドア=eZドアにおいて、室内側に貼る板に15㎜のものが採用できます!

え?なに?よーわからんって??

これまでの定説では内側も外側も、9㎜~12㎜の厚さに限定されていました。

無垢材フローリングは15㎜厚のものが圧倒的に多いのです。

「常識を疑え」

とはこういうことなのでしょうか。

これで一気にラインナップが増えそうです。

 

IMG_6075長野市中越・K様邸新築工事。

建て方から2週間が過ぎ、だいぶ形になってきました。

今年は雨が少ない秋のようです。

長い、寒い冬に入る前になんとか左官工事に入りたい、そう考えています。

 

2019.10.5 Reborn塩原

 

9/14・9/15見学会のお知らせ@松本市蟻ヶ崎

スライド1松本市蟻ヶ崎・完成見学会をお客様のご厚意にて開催させていただく運びとなりました。

9/14()、15()の2日間。

深い軒の出、シベリアンラーチ材(ロシアからまつ)によるファサードラタン調の外壁は見ごたえがあります。

1階は左官仕上げ、2階は板張りのツートンカラーにへの字屋根。

建築主M様によるしっくい左官コテ仕上げが圧巻です!

 

 

9/14()、15()の2日間

10:00~17:00 (15日は16:00まで)

じっくり説明を聞きたい方はご予約ください。

予約制とはしていませんが、「個別に打合せ説明を必要とされる方は予約してください」

メール・FAXまたは電話にてお申込みくださいませ。

すでにご予約の入っているお時間がありますので、ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

詳しくは下記の見学会チラシにて詳細をご確認ください↓

2019091415見学会チラシ

 

スライド2Ua=0.31(Q=1.19) Q1.0住宅LEVEL-2(省エネ基準モデルの31%)

省エネ基準の約1/3を達成!(灯油換算312㍑/年)

暖炉「メイスンリヒーター」

外壁断熱205mm(グラスウール) 無垢フローリング 高断熱輸入木製玄関ドア ペアガラスシャノン 造作家具

外壁:しっくい・シベリアンラーチ材 内装:しっくい左官

ヘリンボーンの壁 大窓三連発 床下天然冷蔵庫

 

メール:info@reborn-nagano.co.jp

TEL:026-274-5485

FAX:026-274-5486

ぜひご興味のある方は、ご来場くださいますようお願い申し上げます。

夏季休業のお知らせ

IMG_3481夏季休業のお知らせ

 

8/10()~8/18()までを休業とさせていただきます。

8/19より通常通り営業しております。

何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

Reborn一同

 

なお緊急の場合は、塩原までご一報くださいませ。

塩原携帯 090-1121-3993(ショートメールがありがたい)

 

 

 

ヤッホーが嬉しい

S__29253660先週末に行われた千曲市での完成見学会、ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

両日共に晴天に恵まれ、太陽集熱器はフル稼働。500㍑の貯湯タンクは二日間で38℃上昇しました。(19℃→57℃)

お引越しまであと数日あるため、これ以上熱を蓄えるのは危険なので、昨日再びシートで覆いました。

見学に来られた方だけでなく、近所の方や犬の散歩をしている方々から、「あれは一体なに?」の声を掛けられられることしばしば。

知ってしまえば非常にシンプルなしくみなのですが、説明がなかなか難しいのです。

参考に機器説明書の動画リンクをくっつけておきますので、興味のある方は腰を据えて勉強してください。

https://www.youtube.com/watch?v=a0Pnk2p30ww

 

S__29253656ちなみに設置架台はこんなふうになっています。

「重そうだけど大丈夫?」って審査機関でよく聞かれるんですが、

不凍液が入った状態で1パネルあたり約40kg程度です。

ベランダの手すりに付けていますが、もちろん屋根の上にも載せられます。

ただ、家族旅行なんかで数日留守にすると貯湯タンク内の温水は80℃以上になってしまい、

循環ポンプは自動停止するものの、集熱器内の不凍液が沸騰し、破損する可能性が高まります。

そんな時はこの集熱器を、ブルーシートでもなんでもいいのですが、シートで覆い、集熱を止めないといけないんです。

その作業は屋根上では困難ですから、このようにベランダの手すりなどに取り付けるしかないのです。

 

de-ta屋根上に設置する場合は、たとえば隣に実家があって、

留守の間代わりにお風呂を使ってもらうとか、

蛇口からお湯を垂れ流して放熱してもらうとか・・・汗

 

ラテントの技術情報~日本語版をPDFファイルで持っています。

数年前にこの機械の製造元であるドイツIVT社に行きました。

通訳の人もいていろいろと情報を得てきたのですが、日本に戻って日本語版のPDFファイルをメールで送ってもらいました。

欲しい方はおすそ分けできますので、塩原あてメールください。

 

S__29253672貯湯タンクのデカさはみなさん驚嘆していましたね。

「想像以上に大きいナー」と。

次には「家の外に置いてもいいのか?」と聞かれます。

せっかく貯めた熱エネルギーですから、断熱された空間に必ず置いてください。

LATENTOの貯湯タンクは屋内にしか設置できません。ウレタン断熱材で覆われた樹脂製の容器です。

屋外に置き、紫外線にあたる状況だとすぐに劣化します。

荷重も600kg近いので、床の強度をしっかり持たせましょう。

 

S__29253683

外気温は最高で27℃くらいになったでしょうか。

暖冷房なしで家の中は21~23℃で適温でした。

それにしても忙しかった!

両日とも1時間おきに途切れることなく接客対応させていただきましたが、みなさん勉強熱心な方ばかりで、

最近はアレですかね、スマートフォンでずいぶん情報を得ることができますから、かなり深いところまで調べることができるんですね。

 

IMG_1900

確かに断熱や耐震も大事なんだけれど、

みなさんルンルンな気持ちでこの家をご覧いただいたんじゃないかと感じました。

やっぱ無垢の木やヌリカベはイイよねー、って微笑んでくれますし、

わぁ~かわいい~、なんて声が聞こえてくると、自分に対して言ってくれているようで照れますね(笑)

吹抜けがある家なので、子供たちから手すりごしに”ヤッホー”、って呼ばれる場面も多かったですね^^

 

♪ルンルンな家なのに高スペック。

Rebornの令和はこんな感じがトレンドになりそうな予感。

 

2019.5.14 Reborn塩原