お知らせ | 株式会社Reborn(リボーン)

12/16,17は完成見学会

Exif_JPEG_PICTURE弊社設計、施工:坂田木材株式会社による長野市安茂里のT様邸(2世帯住宅)

完成見学会のお知らせです。

2017年12月16日()・17日(

両日共に10:00~16:00

詳しくは、坂田木材HPをご覧くださいませ。

(※須坂市会場の家は、弊社設計ではありません)

 

 

 

 

木製玄関ドア(eZ-door)発売開始

個人宛・大型荷物の配送料がタイヘンなことになっています;汗;

今年、注目ワードであった「ブラック企業」。

建築業界では、もう何十年も前から慢性的な長時間労働が問題になっていますが、

インターネット通販の急成長で、運輸業界でことさらマスコミを通じて話題になり、

人手不足や慢性的な残業が問題になっていると報じられました。

 

わが社も設計事務所兼工務店でありながら、木製のマキ小屋を主力とする通販事業を行っております。

”個人宛の大型荷物”は、このところ運送業界ではかなりの嫌われモノになっているらしく、今秋以降大幅な値上げ要請を受け、度重なる交渉をして参りました。

 

・業界の中で過度な競争が起こると、そのあと必ず引き潮がやってくる

・顧客主義のサービスも、提供する側がそれにふさわしい対価や成果を得ること出来なければ、不満や争議のもとに

これからどんどん人手不足になってゆく就労人口ですから、無人宅配ボックスや駅でのロッカー受け取りなど、社会的なカイゼンが当然必要な時代だと思います。

 

そんな向かい風(?)の中、Reborn WEBショップで、eZ-doorが発売になりました。

この商品は、一人でも多くの方の家に、本物素材の断熱ドアをお届けしたい、という単純な想いからです。

基となる玄関ドアはスゥエーデンのガデリウス社が発売している「スゥエーデンドア」。

 

市場では、工務店向けに30~40万円で取引され、主としてこだわりの高性能住宅に採用されているようです。

大手メーカーがこぞって発売している、一般的なアルミ樹脂複合型の玄関ドアに比べてそれなりに高価ですが、住宅の顔である玄関ドアにこだわりたい、

と思うのは、家を建てようとするすべての人の願いなのではないでしょうか。

 

FLIROne0009ぱっと見はとても信頼性があるように見える断熱ドアですが、

ご覧のように、サーモグラフィーを通して見てみると、かなり温度ムラが生じています。

玄関ドアは面積も約2㎡と大きく、玄関にはタイルなど蓄熱量が大きい素材が多用されていることから、

熱損失が大きく、しかも冷気が残りやすい場所となっています。

 

定期的な再塗装などのメンテナンスが必要にはなりますが、

これから家を建てようとしている方や、高性能住宅をつくり続けている工務店・設計事務所の方々の目にとまり、ご採用のご検討をいただけると幸いです。

ちなみに送料は、長野県内¥14,904、といった感じに。

 

株式会社Reborn WEBショップ店長 塩原

2018カレンダー進呈

IMG_6544IMG_6545Rebornカレンダー作成いたしました^^

今年は卓上型ではなく、壁に貼るノーマルタイプです。

素朴な紙質です。

なんでも間伐材混入の紙なんだとか。

書き込みもでき、便利です。

ご希望の方には無料で(送料も無料)お送りします。

メールにてお申込みください。

先着順とさせていただき、無くなり次第終了です。

(11/25現在100部あり。おひとり様1部まで)

お申込みはこちら

お名前、ご連絡先(電話番号)、送付先住所をお書き添えください。

発送は順次行って参ります。

株式会社Reborn スタッフ一同

 

「使用済み薪ラックお譲りします」応募締め切りのお知らせ

「使用済み薪ラックお譲りします」応募締め切りのお知らせ

いつもReborn Webショップをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。


Reborn通信をご覧の皆様限定で、

「使用済み薪ラックお譲りします!」キャンペーンを行っておりましたが、


本日11/21をもちまして、応募を締め切りとさせていただきます。

約80名の皆様にご応募を頂きました。

多数のご応募を頂き、誠にありがとうございました。

集計終了後、厳正なる抽選を行います。

当選発表につきましては、

当選された方に11月末までに弊社から直接ご連絡させて頂きます。

よろしくお願い申し上げます。

Rebo-eZ-door 11/末 発売!

ガデリウス社の「スウェーデンドア」という玄関ドアがあります。

車でいうところのアウディーか。

性能もスタイルもステキ。

そして金額も、ス・テ・キ ♡

でしたね^^

リボーンが所属している新住協(しんじゅうきょう)という団体があります。

もう何十年も前からいわゆる高断熱高気密住宅を研究開発しているわけですが、

賛助会員として、当然ながらガデリウスさんも加盟しているわけでございまして、

新住協の会員(=工務店・設計事務所)みな、少なくとも一度はガデリウスのスゥエーデンドアを採用もしくは検討しているわけです。

断熱性能を計るU値は1.0以下。ガラスがなければ0.8~0.9と、並み居る玄関ドアの中ではピカイチ。

少しでも住宅の燃費をよくして差し上げたいのはヤマヤマなのですが、

なんとか見込み案件を受注するために、営業さんや現場監督など積算を担当する人は四苦八苦するわけです。

 

YKKAP、

三協立山アルミ、

LIXIL(旧トステム)

なんかの国産アルミメーカーも当然「断熱いいでっせおとっつあん!」

といううたい文句で、アルミ樹脂複合型の断熱型玄関ドアをすかさず売り込んでくるわけです。

そこでグラグラ、って来てしまう積算人が約8割いるのではないかと思っています泣。

ちなみに売れ筋は寒冷地用のU=2.33

スウェーデンドアの2.5倍以上熱が逃げやすい、ということになります。

「大丈夫、2㎡程度だから」とすかさずメーカーさんはいいます。

とどめに、

「今どきはやっぱりキーレスでしょ!」

って、迫ってきます。

ちなみに、QPEXで両社(U=0.9ドアとU=2.33ドア)比較検討してみると、

灯油換算で年間20リットルの差です。

この20リットル=約2000円をどう考えるか?

「それっぽっち」

ととらえるか、

「そんなにも!」

っと、捉えるか。

 

30年住めば6万円になりますので、経済性だけで考えれば、そのくらいの費用アップならば、と考える人も。

しかしそうはいかないスウェーデンドア(泣)

 

そんな背景があり、新住協の理事長であり、親方である鎌田先生がガデリウスに、「なんとかせい」

を連呼すること200回!

ようやくガデリウスさんがやってくれたのです。

「んじゃ、みなさん自分で張ってくださいね」と。

 

とのさまだなー。

そうきたか。

 

んじゃ、やらせてもらいます!と、塩原は立ち上がりました。

名称は「eZ(いーじぃー)ドア」

ん?

ダサい?

ふつう?

らしくない?

 

イージーオーダーで最短納期を実現する、画期的なドアだと自負しています!

スライド2Rebo-eZ-#01

(両面)ウエスタンレッドシーダー凸凹ブロック横張り

節なし・無塗装

¥269,000(税別・送料別)

レッドシーダーの色のバラつきに加え、凹凸をつけることにより、

立体的で面白い表情。自然オイルクリア塗装がおすすめ。

 

 

スライド3Rebo-eZ-#02

(両面)ウエスタンレッドシーダークリア(無節)縦張り

節なし・無塗装

¥272,000(税別・送料別)

人気のレッドシーダー無節羽目板を、スタイリッシュにたてばり。縦方向に継ぎ目がありません。

スタンダードモデルになりそうです^^しかしながら最高額・・・泣

継ぎ手が出てしまってもOKなら値引き可能。

 

スライド4Rebo-eZ-#03

(両面)ウエスタンレッドシーダー節あり・ラフソーン(粗仕上げ)・ランダム・縦張り・無塗装

¥242,000(税別・送料別)

材料ロスがあまりないので、価格をできるだけ抑えることができました。

真鍮釘で脳天止めします。(この画像はデモ品なので打っていません)

少し反りが出て、ワイルドな仕上がりがお好きな方にどうぞ。

雨がかかる場所は避けてください。塗装次第で表情は無限にかわります。ウッドロングエコもおすすめ。

 

スライド5Rebo-eZ-#04

(両面)ローズマホガニー(無節)縦張り・ランダム・節なし・無塗装

¥260,000(税別・送料別)

希少高級家具材である赤身のあるマホガニーです。

ダーク系の色で塗装すると、高級感がさらに増すと思います。

1.8m材で短辺にも実加工があります(エンドマッチ付き)

塩原おすすめNo.1!

 

スライド6Rebo-eZ-#05

(両面)長野県産 杉 縦張り・継ぎ目なし・節あり・無塗装

¥244,000(税別・送料別)

抜け節がないようにできるだけし、赤身のある部分を多く配します。

価格を抑え、お求めやすくしています。

塗装色で表情がぐっと変わると思います。

和モダン系、質素系の家に似合うと思います。

 

スライド7Rebo-eZ-#06

(両面)長野県産 杉 ヨコ張り・たて框・節なし源平・無塗装

¥250,000(税別・送料別)

オーソドックスなスタンダードモデルのひとつ。

赤身と白身をバランスよく配します。

和風住宅にもあうと思います。

自然オイルクリアがおすすめ。

 

スライド8Rebo-eZ-#07

(両面)長野県産 さわら 縦張り・継ぎ目なし・油あり・無塗装

¥244,000(税別・送料別)

ひのきのような木目で、黄色味がかっています。

さわらは水に強く、木の浴槽や桶などで使われています。

べたつきはほとんどありませんが、油成分が表面にでてきます。

クリア塗装がおすすめ。着色はムラが出ます。

 

スライド9Rebo-eZ-#08

(両面)長野県産 さわら よこ張り・たて框・油あり・無塗装

¥244,000(税別・送料別)

ひのきのような木目で、黄色味がかっています。

さわらは水に強く、木の浴槽や桶などで使われています。

べたつきはほとんどありませんが、油成分が表面にでてきます。

クリア塗装がおすすめ。着色はムラが出ます。

 

 

スライド10Rebo-eZ-#09

(両面)長野県産 杉 縦張り・継ぎ目なし・節なし・白み・無塗装

¥250,000(税別・送料別)

杉を板目で、木目を楽しんでください。

どちらかというと和テイストです。

杉は着色性が良く、塗装ムラができにくい素材です。

 

 

 

どうでしょうか?

魅力的な価格設定ではありませんか?

全てU=0.9です。ガラスが入ったものはありません。

また、面材を張っていない、弊社仕入れ状態のままでは販売いたしません。

外面、内面をかえていただいても、もちろんOKです

価格はお問合せ下さい。

2ロック1キー、ディンプルキーです。鍵を差す箇所が2か所あり防犯上グッド。

ドアクローザー、ドアガードは標準で付属します。

レバーハンドルは1種のみ。シルバー。ストレートタイプではなく、アールがかったものです。

丁番は3次元丁番で、2か所。多少の建付け調整やドアパネルの反りなどに対応できます。

 

問題は送料ですが、現在運送業者さんと交渉中です。

全て自社で製造しております。

長野市稲里の事務所に引き取りに来ていただければ、送料はかかりません。

ハイエースなどのワンボックスカーであれば積み込めます。

段ボール(2.3m×1.2m×0.2m)入りの荷姿です。

 

運送業界もなかなか大変なことになっているようですね。

人手不足は相当に切実な感じです。

11月末までには、Reborn WEBショップでご注文いただけるように、現在作業中です。

お急ぎの方は塩原までメールでご一報下さい。

shiohara@reborn-nagano.co.jp

 

※一般の方への販売は行いません。工務店、設計事務所の方のみとさせていただきます。

 

2017.11.09  Reborn塩原

今後もラインナップを増やしてゆきたいと思っています。ご期待ください。

 

10/28,29完成見学会@長野市三輪

Reborn設計、施工坂田木材さんの住宅完成見学会の告知です!

10月28日()、29日() 両日共10:00~16:30

予約制ではありません!

場所等の情報は坂田木材さんのHPをご覧ください。

先週受検した完了検査の際の写真を基に、ご覧いただくポイントを解説します。

Exif_JPEG_PICTURE間取りから参ります(^^)/

玄関を入るとすぐに洗面台(主に手を洗います)が。

実はこのお宅、2階に浴室と洗面化粧台があります。そうすることで1階がゆったりとした間取りにすることができるからアラ不思議。

LDKはやっぱり1階に。

トイレは1、2階にありますが、やはり必要なのは手を洗ったり口をすすいだり。

実用的かつ意匠的に見せてもOKな手洗い場所が必要です。

玄関に近いと、帰ってきてすぐに利用でき重宝します。

きっとそんな風に感じていただけると思います。

 

Exif_JPEG_PICTURE1階LDKに隣接して、パントリー(食品庫)という名の奥行の長い部屋があります。

細長い空間は両側に棚が設けられ、物が取り出しやすく、

食品のみならず、本や食器、文房具やストック品、

さらには資源ごみや掃除機など、なんでも仕舞っておくことができます。

突き当りはちょっとした作業台にするのもいいですね。

 

Exif_JPEG_PICTUREキッチンのシンク前には大きな窓が配されました。

出窓のようになっていますが、外壁に付加断熱を施すことによって、総壁厚は約30cmになっています。

パントリーがあるため、また、システムキッチン下部キャビネットの収納量が昨今飛躍的に大きくなってきており、

吊戸棚のない、すっきりとした空間になっています。

 

Exif_JPEG_PICTURE流し台の前に立つと、大きな窓(横すべり出し窓)越しに南面の庭をながめることができます。

実はほとんどの場合北側に設けられることが多いキッチンの窓ですが、

南向きに設置するとこうなります、という様子を見ることができます。

 

Exif_JPEG_PICTUREリビングに目を転じます。

構造体である梁をちょっと見せて、天井はパイン板です。2段階段があり、その奥は1FL+40cmの小上がり畳敷きの小部屋が。

右に折れると2階への階段となっています。

おじさん2名が座っているのがリビングダイニング。

ヒノキの柱は、きっとお子さんの成長を刻むことになるのでしょう^^

玄関ホールからLDKまで、ドアや引き戸は1本もありません。

 

Exif_JPEG_PICTURE突き当りは造作家具であるTV台。

L型に配置され、デッキへ出るステップ兼用のベンチともなっています。

畳の下には引出型の収納が、デッキへのステップ下にもワゴンが造作されます。

神棚、飾り棚なども造りつけられています。

 

Exif_JPEG_PICTURE小上がり3畳の和室。

客間としても想定されていますが、主としてはリビングからの続き間で、ごろりとする場所になろうかと思います。

暖房は御多分にもれず、PSパネルヒーター。

灯油ボイラーが熱源です。

 

Exif_JPEG_PICTURE2階に登りました。ホールです。たて格子が組み込まれた手すり、間仕切り壁、

小屋裏収納へと続く階段が斜めに登っています。

1970年代だったら確実にペナントを張る場所です(笑)

平成生まれの諸君はご存じない?

観光地のお土産として、思い出として、

さらにはプロ野球の優勝旗なんかに使われます。

だから「ぺナントレース」ってよぶんだぞう( ˘ω˘ )

 

Exif_JPEG_PICTURE2階に設けたハーフユニットバス(TOTO・1616)

天井、壁にはひのき無節が張られています。

ぜいたくやなぁ~^^

ヒノキは坂田木材のお家芸。

惜しみなくトロの部分が使われている模様です。

聞けば現場サイドは非常に大変だったそうですが、材木屋の名に懸けて、

今後も「ハーフユニットバス+ひのき」の浴室を普及・発展させていってほしいと思います。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE子供部屋は左右対象で、同じ素材で、同じ配色。

ライムグリーン色のクロスに、深緑色のパネルヒーターで北欧風でまとめています。

4畳半×2=9帖を1つの部屋とし、収納は廊下に出て間取りしています。

部屋の中に収納(物入)を設けることが一般的ですが、

「こういうのもありかも」、という意見をいただくこともあります。

四角い部屋に凸があるよりもいいかもしれません。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

屋根の頂上付近に設けられた小屋裏収納。

天井高さはもちろん最高1.4m。

思い切った柄のクロスがチョイスされました^^

小さいながらも窓があり、長野市街地を臨むことができます。

こういうところは一般的に合板あらわしや石膏ボードあらわし、になってしまうことも多いのですが、かなりのレベルで仕上がっています。

床はなんとサワラなんだとか。これを見るだけでも貴重な機会です。

 

Exif_JPEG_PICTURE窓が出窓状態です。

先ほども述べましたが、壁厚は30cmで、外壁には高性能グラスウールが合計220㎜充填。

耐力面材や左官塗りの厚さ、18㎜通気層などで構成されています。

言わずと知れたキューワン住宅。

リボーンの案件も含めて、今年三棟目のキューワン住宅の完成です。

その力強さ、頼りがいをぜひ感じていただきたいと思います。

 

 

無題

2017.10.24  Reborn塩原(本物件の設計者)

(今回も見学会会場には塩原居りません。)

 

 

Rebornオリジナル玄関ドア、写真撮影

11月末WEBショップで発売を開始する、オリジナルドアの撮影をしました。

ここ1か月ほど試作を行っており、本日はカメラマンに来ていただきました。

通販開始は11月下旬ですが、これまでブログでもちょくちょくアップしているので、すでに出荷も実は行っております。

お急ぎの方は塩原までお問い合わせください。

ラインナップは来週にもブログアップします^^

 

2017.10.21 Reborn 塩原

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

10/21-22完成見学会のお知らせ

か月の工事期間を費やした、坂田木材株式会社施工による弊社設計担当の住宅が間もなく完成します^^

場所は長野市豊野町。(地域区分3)

今週末、ついに完成。見学会開催のお知らせです。

10/21()・22()各10:00~17:00

 

QPEX

DSCF7047初めて敷地を見に行ったのは昨年の6月。

初夏の蒸し暑い昼下がりでした。川に近いからでしょうか。さわやかな風が吹いていました。

南向きにご覧の眺望が開けており、東側には千曲川が流れ、北側には北陸新幹線が通っています。

建築主であるHさんは、これまで多くの工務店やハウスメーカーの営業や建築士から話を聞き、また見学会参加経験も豊富。

「なかなか手ごわいぞ」

というのが初対面で私が感じた正直な感想でした。

太陽光パネル10KWを乗せることもすでに予約済みで、ゼロエネルギー住宅の建設がマスト状態からのプランニングでした。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE約半年かけてプランニングを行いました。

季節は秋から冬となり、近くを通りかかった際には現地にできるだけ寄るようにしました。

長野市豊野町といえば、長野市内で最も北に位置し、数百メートル先は中野市です。

眺望は見事というより無いのですが、冬の北風は厳しく、気温も長野市街地より1~2℃下がります。

断熱性能はUa=0.5以下がマストだと感じました。

 

南東外観ファーストプランは南側に妻壁を持つ大屋根スタイルでした。

1階に寝室や洗濯物干しスペース、広いLDKをご希望でしたので、総二階にはなり得ません。

2階には子供部屋だけとなる、ほぼ平屋プランはすでに初回から決まっていました。

 

南東外観プラン②号もそのスタイルを踏襲していますが、少しプロポーションが変わりました。太陽光パネルは東面に向いていますが、実際には敷地方位がかなり振れています。

1階の屋根付きデッキはそのままです。

 

 

南東外観③号プランで大きく屋根向きが変わりました。

これまでは太陽光パネルを主として2階の屋根に乗せようと考えていましたが、

方針転換し1階の屋根にできるだけ乗せるようにしています。

今後もプランはすこしずつ変化してゆくのですが、最終プランの原型はこのあたりでつくられた感じです。

 

南東外観⑧号プランです。

外観はほぼこのままで決まりました。

その後外部素材を検討してゆき、1階外壁は板張りになりました。

 

全段が長くなりましたが、見学会直前の様子をみてみましょう。

 

Exif_JPEG_PICTURE1階外壁には、ほぼ節ナシの長野県産材 杉 が縦張りされています。

塗装はキシラデコールを建築主のHさんが現場で塗っていましたね^^

あれはそう、5月ゴールデンウィークだったでしょうか。

一枚一枚釘で丁寧に貼られています。

昨今は窯業系サイディングでこうした柄のものが出回っておりますが、

無垢の木はやっぱりいいですね。

 

Exif_JPEG_PICTURE玄関ポーチはタイルではなく洗い出し仕上げです。

木やしっくい、といった素材にとてもよくマッチする仕上げ方法で、

最近は某F社がやはり玄関やポーチなどによく使っているそうです。

 

Exif_JPEG_PICTURE1階LDKは登り梁でななめ天井になっていて、無節の杉板が張られています。

ちょっと贅沢な空間です。

あの窓はあえてFIX(はめ殺し)となっています。

千曲川や新幹線が見えます。

道路や隣地からの視線がまったくない窓なので、あえて景色を切り取る窓に。

食事をしながら、景色も楽しめます( ˘ω˘ )

 

 

Exif_JPEG_PICTURE洗面化粧台が豪華でした。

PanasonicのLクラスというんでしょうか。

なかなかゴージャスです( ゚Д゚)

坂田木材さんは、洗面脱衣室の仕上げは、基本「ひのき」になります。

いい香りがしていましたね。

最近は各メーカー、洗面化粧台の進化がすすんできました。

清掃性や収納力など機能性の時代から、

「ここちいい空間に」を実現しようとしています。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

1階屋根には太陽光パネルも搭載されました。

この日は雨でしたので見えませんが、

菅平・峰の原をのぞみ、千曲川が流れ、

さりげなくペアガラスの樹脂スペーサーが見えています^^

 

Exif_JPEG_PICTURE私は見学会会場には居りませんが、

玄人好みの、なんともいい家に仕上がっていますので、

「平屋の家に住みたい!」

「木がこれでもかってくらい使われている家に住みたい!」

「眺望を活かした設計に関心がある」

「斜め天井のLDK&和室の空間に憧れがある」

方にご覧いただきたいと思います。

 

なお、今回の見学会は完全予約制です。

予約状況をご確認の上、坂田木材さんに連絡をあらかじめ連絡し予約してください☆

坂田木材ホームページはこちら

本日時点で、すでに予約している方がけっこういますよ~y

 

2017.10.17 Reborn塩原(期日前投票にいってきました)

 

10/7・8完成見学会@長野市稲田

長期優良住宅化リフォーム推進事業として、補助金を利用しながらの大規模リフォーム(リノベーション)工事が、いよいよ完成引き渡しとなります。

各職人さん面々の努力により、当初予定していた工期よりもちょっと早く終了しそうです。

アパートでに仮住まい暮らしで、一刻も早く完成を待ち望んでいるであろう建築主Yさんのご厚意で、

完成見学会を開催させていただく運びになりました!^^

Yさん、誠にありがとうございます。そして、DIY作業お疲れ様でした!

Exif_JPEG_PICTURE工事途中でも見学会を開催(9/16,17)しました。

このときはDIY作業中でしたが、今回は本当に引き渡し直前の会場をお借りします。

外観は箱型です。

外壁:樹脂サイディング(ゼオン)

一部ウエスタンレッドシーダー+ウッドロングエコ塗装

サッシ:シャノン樹脂 Ar-LOW-Eペア16mm

道路面2階には、アクセントスリット(米杉ウッドロングエコ塗装)を。

 

Exif_JPEG_PICTURE単調になりがちなBOX型の外観を引き締めています。

まだ設置したばかりなので、緑がかった茶色ですが、だんだん赤茶っぽくなってくるから不思議です。

樹脂サイディングはかなりレア商材で、実際あまり採用例がないようです。

耐候性に優れ、メンテナンスが30年以上不用となるのですが、いかんせん金額が高い!

かといって一般的に採用が多い窯業系サイディングは目地シールの打ち直しや再塗装などが10年単位で検討されるべき代物です。

じゃあ木は大丈夫なのか、って?

木だって30年くらいは平気でもつんですよ。設置のされ方にもよりますが。

 

Exif_JPEG_PICTURE玄関ドア=スニッカルペール木製(パイン)

サイドライト(トリプルガラスFIX)とセットです。

こういうシンプルな外観に、木は映えますね^^

塗装はプラネットのハードクリアオイル。

1年もしないうちに、こちらもかなり色が変わることでしょう。

 

Exif_JPEG_PICTUREアクセントスリットが窓に被っていて、暗くならないだろうか。

設計当初からの懸念材料でした。

窓ガラスとスリットの間隔にゆとりを持たせ、たて配列とすることで、思ったより明るい。

大丈夫そうです。

フローリングは坂田木材製ひのき節アリ。裸足での生活が楽しみであります。

内壁、天井はすべて石膏ボード+紙クロスにしっくいのローラー塗装仕上げです。

プラネット、フェザーフィールという材料。ホワイトマット仕上げで仕上がりに質感は良い感じです。

 

Exif_JPEG_PICTURE元来しっくいは真っ白ですが、色粉(色がある石を粉にしたもの)を混ぜることによって着色もできます。

グリーンは発色がよく、上品な淡い黄緑いろに仕上がりました。

PSパネルヒーターもRebornでは定番。

ビビッドな色とせずに、あえてPSホワイトを配置するあたりは、Yさんもツウですね^^

サッシは全体的にドレーキップ窓が中心。

内倒し&内開き、という開き方になりますので、網戸が外側に取りつきます。

 

Exif_JPEG_PICTUREこちらはブルー。これもまたよい色です。

こうして一部の壁でもパステル色にすると、突然ヨーロッパ風になってきます^^

 

今回の見学会は、坂田木材さんと完全に重なってしまいましたのでスタッフが2日間とも2名しかスタンバイできません。

事前申し込みによるご予約制とさせていただきますので、ご来場、ご見学希望の方はご連絡をくださいますようお願い申し上げます。

ご予約はこちらまで

☎026-274-5485  FAX026-274-5486

メールinfo@reborn-nagano.co.jp

もしくはお問合せフォームから

予約状況もありますから、できれば電話がありがたいです。

Exif_JPEG_PICTUREリフォームの現場ではありますが、仕上がりは新築となんら変わりません。

住み心地もです。

当日は、設計者である私、しおはらが常駐しております。

マンツーマンでゆっくり、じっくり深い話ができる機会だと思いますので、

お忙しい時期かと存じますが、ご興味のある方にぜひご来場いただきたいと思います。

リボーンとしてはこれが年内最後の見学会となる予定です。

10/7-8完成見学会Reborn_PDF

同日、長野市川中島で、Reborn塩原設計、施工坂田木材さんの新築住宅関係見学会も開催しております。

こちらも外部にアクセントスリットが多用されており、いい感じに仕上がっております(^ム^)

坂田木材ホームページ

2017.10.3 Reborn塩原

 

 

 

9/30・10/1完成見学会のお知らせ

Reborn塩原が設計を担当キューワン住宅の完成見学会が開催されます。

施工:坂田木材株式会社

9/30()10:00~17:00

10/1()10:00~17:00

ご予約制につき、予約状況を坂田木材ホームページでご確認の上、ご連絡くださいませ。

9月30日・10月1日完成見学会チラシ

南外観南西外観近日最終現場チェックに行きますので、ブログでレポします^^