イベント情報Event information

築10年 – 安曇野市のおすすめ中古住宅 【2,800万円】

開催日【中古物件】お問い合わせ随時受付中 ※HPのみの限定公開!
時間内覧予約は、メール・お電話にて随時募集中
場所長野県安曇野市穂高有明(JR大糸線 安曇追分駅 徒歩13分)

北アルプスのパノラマや田園風景に心癒される安曇野市穂高有明-。

10年前にこの地に新築された【断熱職人の家・第1号棟】が、このたび所有者N様のご転勤により(やむなく)売却されることになりました。

Rebornホームページのみの限定公開です。

建物面積: 1階46.37㎡:2階43.06㎡=延床面積89.43㎡(27.05坪)

 間取り: 3LDK(洋室5帖、洋室4.5帖、洋室4.5帖、LDK11.5帖)

 

お問い合わせはこちらより

 

■インスペクション(既存建物状況調査)実施済み

設計士塩原がインスペクションを実施しました。

「問題になる劣化事象はなく、しっかりしている」と太鼓判。 当時まだトリプルガラスが普及していなかったためペアガラスですが、断熱性能の高さは間違いありません。 

月日が流れ、ところどころ経年変化は見られるものの、それも良い味わいになる木の家。設備の更新やメンテナンスもなされ、大切にされてきたことが伝わります。 

 

■燃費について

どれだけ省エネの住宅かは、N様が10年間記録してきた灯油使用料(暖房&給湯)を見れば一目瞭然。 そのデータによれば、年によって差はあるものの、年間51,501円~100,052円という結果になっています。

灯油価格も上がっている中、多く使った年で10万円(月8,300円ほど)ですから、コスパが非常に良いのが分かります。 真夏でもエアコン冷房は夕方2~3時間つける程度で、気温が低めの夜や朝に窓を開けて過ごしていたそうです。

 

■断熱性能について

外壁断熱材:高性能グラスウール120mm厚

床断熱材:高性能グラスウール140mm厚

天井断熱材:吹込みグラスウール400mm厚

高断熱樹脂サッシ(シャノン)

木質断熱玄関ドア・レクサンドーレン(ナガイ)

 

性能の高気密高断熱住宅は、ランニングコストを削減することができるのです。

光熱費を安くしたい、カビを防ぎたい、窓の結露を防ぎたい、冷暖房の効きを良くしたいなど、その願いを叶えるには、まずは断熱と気密です。

 

■お施主様より

「塩原さんと一緒に想いを込めて建てた家です。手放すのは寂しいのですが、私たちの思いを汲んでいただき、この家の良さがわかる方に出会えたらありがたいです」

 

現在は居住中であり、引渡しの時期は2024年4月以降になります。掲載写真も一部のみとさせていただきました。 掲載はこのホームページのみ。 

Rebornの住宅に興味のある方、安曇野市で中古住宅をお探しの方にぜひご検討ください。

 

お問い合わせはこちらより

 

《安曇野について》

安曇野は、長野県中央に位置し、首都圏や中京圏からもアクセスしやすい地域です。

そして、最大の魅力は、雄大な北アルプス連山が一望できること。この景色を日々眺められるとは、とても贅沢ですね。

中信の中核都市、松本市に近いため、高度医療の場合も安心です。生活基盤が整っているのは、安心にも繋がります。

また、子育てをする上でも環境がよく、長野県内でも特に移住希望者が多い人気エリアです。

 

一覧へ戻る