松本市I様邸改修→喫茶店へ | 株式会社Reborn(リボーン)

ビューティー♫秋晴れに映える

今日は1年間のうちで最高天気でした!

やっぱり僕は秋が好きだなぁ~♪

先週、愛車STEPWGNちゃん(ニックネーム:ブチョウ)が逝ってしまいましたので、しばらく現場へ行くことができず、今日から9連チャンで出張がつづきます!\(^o^)/

今日は塩尻~松本方面へ ランチは久しぶりに「喫茶去」さんへ。

大変おいしゅうございました!¥850は安すぎないか!?

DSC_0048 DSC_0006 DSC_0052 DSC_0034 DSC_0032 DSC_0030 DSC_0010 DSC_0009 DSC_0002 DSC_0001 DSC_0088 DSC_0078 - コピー DSC_0074 DSC_0073 DSC_0072 DSC_0066 DSC_0060 DSC_0057 DSC_0043 DSC_0039 DSC_0036 DSC_0033 DSC_0032 DSC_0020 DSC_0017 DSC_0016 DSC_0014 DSC_0012

 

4/20 喫茶店オープン

自宅を改造 松本市「喫茶去ン」プレオープン(4/6)

 

構想1年、工事に4か月を費やしました。

自宅を喫茶店に改装してみようプロジェクト=喫茶去(きっさこ)@松本市

本日ついにプレオープン。

オーナーさんから直接お声がかかった親しい方や、呼ばなければまずいひと(?笑?)を招いてのお披露目会です。

あいにく荒れ模様の天候で、広いデッキが使えずじまいでした。

まぁ、こういうこともありますよね。

 

 

 

 

アプローチなどいたるところにグリーンが配されてました。

 

 

 

 

 



 

 

プレオープン記念として、泣けるかもVTRを作成し皆さんに見てもらいました。



2014年4月20日(日)についにオープンです!

定休日    毎水曜日、第3木曜日

営業時間  10:00~日没まで

ちょうど店内からやまびこドーム沿い桜並木を眺められそうだ~♪

今日、雪が降ったのはそういうわけだと得心しました。

グーグルマップ

 

自宅が喫茶店になる!?

今お勤めの職場を退職したら、その後の人生、みなさんはどう過ごしますか?

Iさんは自宅を改造して、喫茶店を開くことに!

当たり前と言えば当たり前ですが、人生はやっぱり「やりたいことをやる!」に尽きるのではないでしょうか?

 

解体工事直前の和室です。

ここが客席に生まれ変わります。

床の間と押入れは外壁西面にありますが向こう側には桜並木があるため、大きめの窓が計画されました。

 

 

 



和室と連続しているリビング~ダイニングのスペースが対面式の厨房と客席に。

客席にはグランドピアノを置いて音楽会も催す予定だそうです。(娘さんがピアノの先生なのです!)

 

 

 

この建物は某ハウスメーカーの軽量鉄骨造プレハブです。

解体はわけなく・・・。

和室の天井を剥がすと鉄骨が見えてきました。断熱材は発泡スチロールt30㎜。新築当時はこれでよかったかもしれませんがこれじゃあな・・・。

 

 

発泡スチロールもボンドだけではこうして剥がれて落ちてしまっています。屋根の裏の合板は結露もなく健全です。

リフォームの時はこの段階で、「じぇじぇ!」ということもしばしばです。

ある程度解体した段階で住人も設計者も必ず現況を確認しましょう!

 

 

天井は剥がすかそのまま残すか迷いますが、照明器具の位置変更や追加があれば思い切って全部剥がした方が得策です。

また、昔は天井を吊っている部材が今よりとても貧弱なことが多く、地震の時などによく落っこちちゃう事故が起きますね。天井を吊る部材を補強しちゃいましょう。

 

お店の顔になる玄関ポーチの屋根をあらたにつくっています。

 

 

 

 

 



窓を追加するため壁を開口。

 

 

 

 

 

 

喫茶店の雰囲気が出てきました♫

 

 

 

 

 

 



藤田大工さんがテーブルなどを作ってくれることに!

形状や塗装色などを打合せ中。

 

 

 

 

 



 

改修する部分はもちろんしっかり断熱します。

新築と違い、住みながらリフォームは、お施主さんが随時進行状況を確認しながら進められるというこの上ないメリットがありますね。

 

 

お店の出入り口ドアは木製に。ドアノブやロックもありきたりのものではなくオリジナルで。

塗装はもちろんお施主さんにやってもらいました笑。

 

 

 

 

 

 

一番初めの解体前の写真と比べてみて下さい。

これからクロス工事です。

 

 

 

 

 

対面式のカウンターができました。

喫茶店の雰囲気がでてきましたね♪

 

 

 

 

 

この棚にコーヒーカップがずらずらと並ぶことになります!

Iさんはもうだいぶ前からこの時を夢見て、たくさんのコーヒーセットを集めていらっしゃいました。

 

 

 

こういうのを世間ではリノベーションと呼んでいるそうですが、このリノベーションという言葉、実は私、ピンときません。人前で口にしたことがないかもしれません・建築士のくせして(笑)。

やはり「夢を叶えるための模様替え」のほうが断然いいぞ、と思うのであります・・・。

 

松本市空港東~やまびこドームのすぐ脇に、桜の咲くころオープンします。

 

長年の夢を叶えよう

以前リフォーム工事を担当させていただいた方のご紹介で、約1年前に出会うことが出来ました。

夢と現実とを行ったり来たり。雑談も多分に絡めながらオーナーのIさんと打ち合わせを重ねて参りました。築35年、軽量鉄骨のプレハブ住宅の和室とLDKを大胆にも喫茶店にしてみちゃうかんな!というプロジェクトです。



松本空港の周辺にやまびこドームという巨大な全天候型イベント会場があります。私が子供のころは市営球場だったところで、少年野球で大活躍した晴れ舞台であります。

その後信州博覧会の開催に合わせて周辺が整備され、桜並木沿いの住宅街に今回の現場は立地しています。

 



 

ごく普通の和室ですが、ここが客席になります。このアングルから窓越しに桜の木が見えることになるでしょう。

広いこのスペースに、ブランドピアノも設置します。薪ストーブかピアノかで迷った末の結論です。

 

 



 

この南側の掃出し窓から出られるひろ~い木製デッキが夢なんですって♪

 

デッキでコーヒー、デッキでかき氷、デッキで昼寝、いいですね~☆

 

 



 

屋根や外壁もこれまで30年以上なんのメンテナンスもしてこれなかったので、だいぶ傷んでいます。

当然今回の改修工事で、このあたりもきっちりオトシマエつけさせてもらいます!(笑)

 

 



いちばん最初に提案したプランがこれ。

最初はいつも手書きです。

この後、店舗面積はぐんと広くなっていき、薪ストーブは却下されてしまうのですが、レイアウトなど含めおおよその方向性が示せたのではないでしょうか。

 

 



完成予想パースもイマドキはこんな風にプレゼンできます。

一気にお客さんのハートに火がついた!(?)かも。

 

 

以下いっちばん最初のヒアリングメモです。

****************************

Iさま 喫茶店プロジェクト「喫茶去(きっさこ)」

第1回ヒアリング 2013.1.12 14:00~16:00

しおはら住宅デザイン設計 塩原

 

■顧客データ

今〇 OOO  62歳

塩尻のOOさんの友人=OOさん(OOちゃん)のご紹介

ご主人20年ほど前に他界

 

■マーケティング

・喫茶店~コーヒー、軽食、パスタ、ケーキなどを提供したい。

・近所の人、友人、やまびこドーム来場者、散歩・トレーニングの人

・ピアノを店の中に置きたい  グランドピアノ?

・ギャラリー(2階?)友人・仲間の作品展示など

・さくらを観る(やまびこドーム側の)

 

■既存建物

セキスイの軽量鉄骨 S 54年新築

平成13年増築

要 営業許可

用途の変更&増築か?

 

玄関、厨房、トイレ、ギャラリー

薪ストーブ?

電柱移設

楓の樹

松の樹

デッキ~オープンデッキで食事を オーニング屋根か。

 

屋根が寿命。葺き替えか?カバー工法か?

外壁再塗装

全部で***万円以内。それ以上は出せない

イメージはまだはっきりしていないが和風でもなく、洋風でもなく

ダーク系の色? 街並みに沿ったデザイン

レンガは好き

塗り壁

木質感

豊科の結庵さんの内装はいい

オープンは来年の4/25(ご主人の命日)

******************************

今後の展開に乞うご期待!