川越市 Y様邸断熱耐震改修 | 株式会社Reborn(リボーン)

お客様の声 新記事アップされました!

昨日無事現場見学会が終わりまして、通常業務に戻りつつある今日。

夕立も降って今はとても涼しく、気持ちのいい夏の夜を迎えてます。

 

 

さて、ニュースレターにてご案内してましたRebornホームページの「お客様の声」にて、『川越市安井様邸 断熱・耐震リフォーム』の記事が上がりましたのでご報告です。

↓をクリックしてください☆

・お客様の声 ~断熱・耐震リフォーム 断熱・耐震リフォーム~

 

DSC_0060工事に至るまでの経緯、工事中のお話、そして工事を終えての本音の声を記載させていただきました!!この安井様の工事では他の現場環境とは特異な部分があるので、是非読んでみてください!リフォームを決断できない方が読めば気持ちがスッキリするかも\(^▽^)/

 

 

おおくぼ

 

Y様邸リフォーム工事 ~Reborn完了~

川越市でリフォーム工事を行っているY様邸の引き渡し(あと少し残工事が残っておりますが)へ行って来ました!

『余生を快適に、愉しみながら暮らすためのリフォーム@川越市』をテーマに始まったリフォーム工事もとうとう終わりを迎えております。

DSC_0040川越までの2時間どんな変身をしたのか楽しみに運転していましたが、見事に変貌しておりました!!外壁は落ち着いた緑色、なかなかこの色を選ぶことは出来ないそうですよ!破風板、雨樋も新品と思うほど綺麗な仕上がりに再塗装されています。

 

 

DSC_0078外壁には高性能グラスウールが105mm付加断熱されています。ぱっと見分からないですが、壁を下から覗くとこんな感じ。基礎の外面から壁が出ていますがこの間に断熱材がたっぷり充填されてます!

 

 

 

DSC_0022リビングダイニングです。居間・台所・廊下の壁を全部取り除きとても広い一つの空間になりました。床はフローリングですが左奥の畳がポイント!気持ちが落ち着きますよね。

 

 

 

 

DSC_0098工事前の様子です。どうでしょうか?同じ家と思えますか?!

 

 

 

 

DSC_0016キッチンの対面にはカウンターがつきました。玄関を入るとすぐカウンターがあるという間取りですが、お友達を招いて楽しいお茶会をされているY様の姿が目に浮かびます(^_^)

 

 

 

DSC_0007窓は、もちろん樹脂サッシに変更。Y様から嬉しい一言、「断熱性能が良いと、部屋の中がこんなに涼しくなるとは思わなかったよ」。外からの熱がしっかりと遮断されているのでむしむしした川越でもまだエアコン要らずです☆(おおくぼは学生時代川越在住でしたが、この時期にはガンガンエアコンかけてましたね。暑いんですよホントに(・Θ・;))

 

初めて工事前から引渡しまでの現場を拝見することが出来ましたが、素晴らしいRebornになったのでは!!リフォームってここまで変われるんだ、これからの生活がとても楽しみになるんだなっと素直に感動しました☆

Y様、この度は無事工事完了おめでとうございます!久保田監督はじめ職人のみなさん工事ありがとうございました!!

ご心配されていた1年後の点検には必ず私が行きますので、今から楽しみにしててください(^▽^)/

川越市Y様邸 断熱・耐震改修工事

本日は、埼玉県川越市で工事が行われているY様邸へ行って来ました!!

いつ行く?いつ行けるんだ!?と言っていて、やっと行ける事が出来ました。

 

午後13時ごろ現場へ到着。埼玉暑い~!長野とは違う暑さ・・・湿気が多いんでしょうね(・∀・;)

DSC_0241工事前の様子。

 

 

 

 

 

DSC_0491これは、1ヶ月ほど前の様子。既存の壁の上に断熱材グラスウールが付加されています。

 

 

 

 

DSC_0117そして、これが現在。モルタル下地材のラスカットが丸見え状態の外観です。グレーの外観もなかなか雰囲気いいですね。

 

 

 

 

DSC_0127中はどうなっているかと言うと、クロス屋さんが作業真っ最中でした。初めてクロス貼りを見学しましたが、プロは違いますね~(*゚Д゚*) 一連の動作に無駄が無く、そして綺麗な仕上がり。こうやってるんだ~と勉強になりました。(もっと足を運べばよかったと後悔です・・・)

 

 

DSC_0134階段は改修対象外です。今まで暮らしてきた場所と、新しく生まれ変わる場所。うまく融合されているのではないでしょうか☆

 

 

 

 

DSC_0155屋根裏、モワっとした暑さに襲われます。断熱材グラスウールが30cmブローイングされていました。この下にシートを敷く作業が大変なんだ!と久保田現場監督が嘆いていました。笑

 

 

 

いざ工事中の現場を見学すると、とても勉強になりますが、実際の施工様子をもっと見に来ればよかったなと後悔です。

終盤を迎えている、Reborn工事in川越!余生を楽しめる素敵なお家になりそうですね、Y様('v')

おおくぼ

最後のリフォーム~どうせなら現世でRe-bornを

『余生を快適に、愉しみながら暮らすためのリフォーム@川越市』

70歳を過ぎても気力耐力ともに、全然かないません!

川越市に暮らすYさんとは、10年ほど前に信濃町に別荘を建てさせていただいたのがご縁でした。

Exif_JPEG_PICTURE急斜面に建てたその別荘は要塞のような風体です。

「こんなところに本当に家が建つのか?」

と、初めて現地調査に行った私は、まだまだ未熟者でした。

必然、工事は難航。

基礎工事用のユンボ(シャベルカーのことね)がまず現場に入れない!

おのずと道づくりからのスタートでした。

 

Exif_JPEG_PICTUREこの写真は3年前のゴールデンウィークのものです。

まだまだ雪が残っていたんですね。

今年も信濃町は豪雪で、先日別件で訪問した際はまだ2m近く残っていましたね~(>_<)

 

この別荘を建てさせていただき、その後もいいお付き合いが続いていました。

この間、会社の倒産があり、

Rebornの前身である「しおはら住宅デザイン設計」を開業し、

開業のご案内、メンテナンス・点検のお知らせ、それにずっと続けてきたニュースレターなどを通してお付き合いを続けさせていただき、

そして先の冬に、お電話を頂戴しました。

「残された余生を、思う存分楽しみたいから」と。

 

DSC_0244延床面積23坪に9坪を増築した、どこにでもあるような築40年の木造在来工法の家。

20年ほど前に増築をし、見事お子様たちを育て上げ、(とっくにですが)巣立っていきました。

気づいたら70歳。夫婦二人と、長年連れ添った犬がひとり。

「私たちもあと残り10年だわね。残された時間をどう過ごすか」

そんなことをこのところ考え、ご夫婦で話し合っていたそうです。

DSC_0128「お金なんか残すより、自分のしたいように生きれば?」

相談した息子さんに、そんな風に言われたそうです。

息子さんは私と同じ年。

私も親から相談されたらば、そう答えたに違いありません。

私も、自戒を込めて考えさせられたのですが、

実家の今後向こう10年を考えると、

両親の世話、介護、相続、残された家の維持管理などと続きます。

二人とも元気な今のうちは問題ないですが、いずれどちらかが召された場合、どんな家庭であっても起こるであろう親の面倒見と建物の問題。

自宅か、施設か?

DSC_0069これまでもちょこちょこリフォームはしてきた。

これからもそうしてゆけばいい。

修理が必要なところは最低限に。

だってこんな古い家、お金かけてもどうしようもない。

 

そんな風に考えるのはもっともなことだと思います。

しかしながら。

こんな風に考えてみることもありえます。

 

DSC_0131まだ元気なうちに普段使ってないものや身の回り品を処分・整理しておかなくっちゃ。

たとえあと10年でも、冬でも暖かい暮らしができるのはうれしい。

寿命のびるんじゃない?

間取りを変更して、近所の友達や昔の職場の同僚たちをここへ呼んで、いろんな話をしたり、おいしいティータイムを楽しみたい。

そしていずれふたりとも死んでしまっても、託された子供たちが困らないように、売ってもいいし貸してもいいようにしておきたい。

 

DSC_0471そんな想いを託されたRe-born工事が川越市で始まりました。

「できっこない」を「やりゃぁできる」に変えてきた自負があります。

信濃町の別荘にも劣らない断熱性能を持たせ、オープン形式のLDKに。

当然耐震性も飛躍的にアップさせ、

たとえ長野との物理的な距離があろうとも、

予算内で叶えてみせます、現世の夢を!

 

これがRebornの真骨頂。ただのリフォームではない。

不可能を可能に。ありえないを実現化。

そっくりさん?

まるで新築?

そうじゃありません!!

あなたの想いをいっしょに考え行動する。

それがRebornです。

 

Wrote by しおはら

川越市Y様邸 リフォーム工事

埼玉県川越市Y様邸のリフォーム工事が来週から本格的に始まります。(おおくぼは学生時代、川越に4年間住んでいましてとても馴染み深い場所であります。)

今回のお家は、築40年・20年前に増築工事をされていて、今はお父さん、お母さんそして愛犬トラくんが住まれています。

 

DSC_0246外観です。外壁は、既存のモルタル外壁を防湿層として使用し、その上に断熱材グラスウール・防水シート・構造用合板ラスカットを貼り付けます。この構造用合板は耐震性にとても強いモルタル下地です。

 

 

 

内観も少し覗かせてもらいます。

DSC_0043お風呂はバランス釜です。最近はあまり見かけなくなりましたが、懐かしいですね。そしてとても寒いそうです。お風呂はヒートショックの恐れもある危険な場所です。暖かく大変身しますよ!!

 

 

DSC_00916帖の和室ですが、リフォーム後は隣の台所と繋がって、リビングダイニングと様変わりします。と書きましたが、新米おおくぼはまだイメージがあまり沸いてません。(泣)

真ん中にいるのが、トラくんです。(お客さんがいると吠えるので室内待機だそうです。)

 

 

IMG_0592最後にお父さんの若かりし頃のお写真を一枚。空手の師範で全国大会にも出られている実力者です。今も毎日腕立て・腹筋を200回やってるそうですよ(*゚Д゚*) 若者も頑張れねばなりませぬ!!

 

 

 

さあ、どんなReboenを成し遂げられるのか、Y様同様私も楽しみであります!

おおくぼ