松本市I様邸 | 株式会社Reborn(リボーン)

ナチュラルガーデン

3か月にも渡る外構工事が終了しようとしています。数々の植物も無事に根付くことを祈るばかりです。I様外構工事のテーマは「自然な感じ」です。高低差のある敷地ですが、できるだけコンクリートの擁壁など無機質的要素を排し、天然石や枕木、法面の芝などでその段差を処理しています。



道路からの様子です。ブロック塀、フェンス、生垣、などといった仕切りはなく、低い植栽で境界を形作っています。

 

 

 

 



池周囲にもいろいろと植物を配します。メダカも泳いでいました。サワガニもいました。

この土地の斜面から自然に湧き出る水と、屋根からの雨水がその源です。向こう側のデッキの下に、貯水タンク(便槽を流用)が眠っています。

 

 

 

 



池周辺を上から見下ろしています。

リビングに続くデッキがあり、池やその周囲の植物を見ながらゆっくりできるスペースとなっています。

 

 

 



玄関へのアプローチです。

踏み石は鉄平石です。職人の技が光ります。

階段へは斜めに近づくレイアウトで、雰囲気を出しています。アールの小道は高くつきますが、それに見合うだけの価値はありそうです。

 

 

 

 



この場所は、松本市の定める風致地区(ふうちちく)に指定されており、景観に配慮された色彩や植物との共存が積極的になされるべき地域とされています。アメリカンでも、イングリッシュでもない、新しいスタイルのガーデンだと感じませんか?

 

 

 



レンガ調のインターロッキングの駐車スペースです。ピンコロボーダーや車下の芝は定番ですね。道路付けから400mm程度上がっていますが、滑らかなアールを描きながら敷き詰められています。できてしまえばそれまでですが、職人の技と根気がいる仕事です。

 

 



法面(のりめん)を芝生で処理した様子です。ここは建物の東に面しており、夏は午後から日陰になってゆきます。夕涼みする様子が見えるようです。

高低差は枕木階段で処理しています。

 

 

 



東道路より見る。

向こうに見える片流れの家と色のトーンが似ているためか、はたまたガーデンスタイルが似ているためか、違和感を感じることがありません。街並みを意識して、周囲の近隣と調子を合わせることも必要ですね。

 

 



これまでにあまりないスタイルだと思いますが、職人の手作り感がよく出ている好例だと思います。

家も外構もやはり手間暇かけてするのがいいようです。

 

 

 

池のある外構工事


暑い日が続きますが、松本市 I さま邸は外構工事が進んでいます。コンセプトは「森の中のような、自然な感じ」。

コンクリートはできるだけ使わず、天然石や木をできるだけ使用し、雑木系の植栽を大小おりまぜて、明るい山の中のような雰囲気を、というリクエストです。

ただ、駐車スペースやアプローチなどは、計画に大変迷いがあったことも事実。屋根付きのカーポートも欲しいけれど、森の中の家、というイメージからは離れてしまう・・・。長いアプローチも素敵だけど、除雪の大変さや動線の短さを優先するかどうか・・・、などなど、住宅の室内設計以上に気を使ったプランとなっています。

また、傾斜地を利用した敷地なので、高い土地側から、かなりの湧水があり、排水処理と兼ねて、敷地内にビオトープともいえる池を設けています。野鳥を誘導したり、水中の昆虫などとも共存できる、観賞用というよりもむしろ、敷地元来が持つ性質を生かす、という側面が強くでていて、フェイスブックでいう「いいね!」だと思います。



まだ工事途中ですが、雰囲気が出てきました。今日、この後、シンボルツリーともなる背丈の高い、カツラの木を植えこむ予定です。

 

 

 

 



池の様子です。ここで水辺の植物がたくさん育っていくのでしょうね。また鳥が水を飲みに来たり、サワガニも棲みつくに違いありません。

 

 

 

 



流木を配置しただけで、グッとくるもんですねぇ~。これだけの水量がこの時期にあれば、きっと枯れることはないでしょう。工事中はこの湧水に悩まされましたが、いざ断水!の時も利用できそうですね。また、植栽への水まきもバッチリ!水道代もかからず、雨水タンクも不要です。

 

 



アプローチには鉄平石と地元の山辺石が使われています。枕木のスリット状ウォール。この前にグリーンを配すると、一気にグッとくるので不思議です。

 

 

 

 

 

 



 

段差のある箇所の土止めにもコンクリートを用いず、石+枕木で処理しています。本物の石を角が出るように加工した職人芸です。すばらしい!!

 

 

 



法面(のりめん)は芝で処理しています。階段も定番の枕木。奥にもさらにもう一段あり、こちらは実のなる木のゾーンになります。

 

 

 

 



入梅まであとわずか!

頑張れ、外構職人!

 

それにしてもグリーンが入ると、一気に良くなるよね!

 

 

 



参考までに、外構前の写真です。

 

 

 

 

 

引っ越し♪

ついに引っ越しとなりましたIさま。おめでとうございます。



2Tトラックをレンタルし、さわやか笑顔のお友達と共に作業開始~!

 

 

 

 



住み慣れた(?)借家も今日でお別れです。昼食の一コマ。ごちそうさまでした!

 

 

 

 



 

数日後、外構工事も始まりました。(もうだいぶ進んじゃってますけど)

 

 

 

 


玄関へのアプローチも鉄平石で、丁寧な仕事。

 

 

 

 

外構工事終了後に、ドドーンと全体象や、室内もご紹介するつもりです。工事に関わった業者ん、職人さん、ご迷惑をおかけしたご近隣のみなさん・・・応援して下さったみなさん、本当にありがとうございました!!

 

ついに完成!シャープな木の家。

松本市 I さま邸、めでたく工事終了しました。たくさんの職人のみなさん、ご苦労さまでした。

そして建築主の I さま、おめでとうございます!!

では、その姿をトクとご覧あれ。



玄関から室内に入ると、真正面に、木のタイルを貼ったアール形状の飾り棚が待ち構えます。

 

 

 

 

 

 



玄関入り口方向を振り返ると、このようなつくりになっています。通常引き戸やドアなどの仕切りがありますが、高断熱住宅+全館パネルヒーター暖房で、しかも玄関ドアはスゥエドアという断熱気密に優れたものなので問題ありません。開閉の煩わしさから解放です。奥にパネルヒーターな壁にかかっています。ここにコートや帽子を引掛けておきます。

 

 

 

 



リビングです。西の方角を見ています。造り付けのテレビ台とその上の間接照明です。床はかばざくら無垢で、プラネットウッドコート、シーダー色+ラッペンワックスです。

 

 

 



上を見上げると、これまた以前にご紹介した、大工製作の照明器具です。LEDランプです。ちょっと太目の縦柵タイプの手すりもデザインになってますねぇ。

 

 

 

 

 



テレビ台を見上げる。

 

 

 

 

 



リビングと反対のダイニングキッチンの方を見ています。

ひろいな~♪

 

 

 

 



こちらも以前紹介した、造作キッチンです。扉の面材はサクラの無垢材+プラネットジャパンのグロスクリアオイルをふき取り仕上げで塗装しています。

 

 

 

 



ワークトップはバイブレーション加工というモジャモジャな仕上げです。重厚感がでますね。

白いタイルは、なんてことない安いもの。このように組み合わせると、ぐっと高そうに見えるから不思議ですね。

 

 

 

 



食器洗い乾燥器も完備。説明をしています。

長さは2700タイプです。

天板、シンク、水栓金具、レンジフード、ガスコンロ、食器洗、収納、取っ手、タイル、それらのものをお客様にチョイスしていただき、各部材がうまく納まるように調整できました。

 

 

 



キッチンからリビング方向を見るとこんな感じです。テーブルやいす、ソファーなどが入ると、よりぐっとくるはずです。

 

 

 

 



こちらも造り付けの洗面化粧台です。天板は人造大理石。洗面ボール、水栓金具ともにチョイスしていただき、組み合わせを調整します。下の収納は大工+建具職人の手によるもの。一生もんです。鏡ももちろん木の枠です。建具屋さんに直接オーダーしました。左手にあるのはタオルが掛けられるパネルヒーターです。特殊な形状で、壁でもたせています。パネルヒーターは、もうご存知でしょう、PS社製ですね。

 

 

 



廊下にあたる部分です。先のアールカウンターの裏はこのように本タナになっています。意外に便利そうです。

 

 

 

 



木のタイルのボコボコ感。

 

 

 

 

 

 

 



和室です。ダブルタイプのプリーツスクリーンです。

キッチンと隣接していて、昼間子供を寝かしつけたり、遊ばせておいたりと便利に機能します。もちろん客間ではありますが・・・。日常生活で有効に使えるということです。

 

 



ダイニングの食器棚&カウンターです。

食器たなの扉はガラス入りではなく、あえて中を見えなくしています。下段は引出です。

カウンターにはパソコンを置く予定です。足元にパネルヒーターがあり、天板にスリットが切ってあり暖気がガラス面の結露を予防します。

 

 

 



外観はこんな感じに仕上がりました。

引っ越し後、外構工事に突入です。

建物は完成しましたが、外構工事もプロセスレポートします。

 

 

 

完成が楽しみ・春うらら

Iさま邸も佳境に入ってきました。照明をつくる、木のタイル、キッチンをつくる、そして内壁はすべてダイヤトーマス(ケルザイム)左官仕上げであります。完成直前です。



露天になる木製階段は、ランバーテック社のマイトレックACQという、長野県産の杉に防腐剤を加圧注入した、ヒジョーに長持ちするものを採用です。

シンメトリーな外観が堂々とした外観を演出しています。

 

 


窓はアンダーセン(輸入元・上野住宅建材)です。室内はパイン無垢材の枠です。外側にはパーマシールドと呼ぶ樹脂の被覆があり、木製サッシの再塗装手間を省きます。もちろんLOW-Eガラスです。

外観の色はホワイトが在庫品ですが、この色はテラトーンという濃いグレーです。和洋どちらにも合います。

 

 

 



たて格子の手すりは、影が美しいですね。

大工さんなど職人の一服場所でもありました。

 

 

 

 

 

 



 

土足歩行のデッキにはウッドロングエコを塗装しました。素材はひのきです。塗ってすぐにアンティークな色に変色。面白い塗料(?)粉ですね。

 

 

 

 

 



なんというジャンルで呼べばいいのか・・・。誰か教えてください。

とある方は「教会風~」と。

とある方は「コンテンポラリ~」と。

 

 

 



室内では急ピッチでダイヤトーマス左官塗りの工程です。ビニールクロスは一切使用せず、すべてシャカンヤさんの手塗りです。

 

 

 

 



吹き抜けの足場も外れました。

天井はパイン無垢板に、プラネットジャパンのOPホワイト艶消し塗装です。いや~大変そうでした。しかし明るい、カントリーモダン調の雰囲気になり、木の質感も残っていていい感じ。吹き抜け上部には以前に紹介した大工製作のオリジナル照明器具がぶら下がっています。その向こうの段ボール貼ってあるところは天井カセット型のエアコン君です。

 

 

 



建築主とカーテン屋さんが直接打ち合わせをしています。知る人ぞ知る、たまらなく濃い口キャラ・武井店長です。

手前にあるのは、ダイヤトーマスです。

 

 

 



壁が仕上がったところから、候補のカーテンの色、素材の確認です。

木の家は、カーテン生地の色よりはむしろ、”素材感”が非常に大切だと思っています。武井店長自らがカーテンレールに変身している様子です。むふ。

 

 

キッチンをつくる!

前回木のタイル、その前は照明器具を作った、I さま邸ですが、さらにキッチンまでをもつくることになりました。ここに行きつくまで、あらゆるシステムキッチンメーカーのショールームを訪問・見学していただき、松本市の某家具&キッチンのショールームへも同行し、なんとなくシックリくるものがなかったということで、ついに、とうとう、家具屋=北村(屋号 家具~いえぐ?)の登場であります!



シナランバーコア合板を加工し、キャビネットを組み立てています。木口(こぐち)は完成後見えてくるので、サクラの無垢板が貼ってあります。

 

 

 



コーナーはこのような加工がしてありました。

 

 

 

 

 

 



この場所にキッチンがきます。レンジフードはすでに取り付けられています。

タイルを張る範囲の見切(白色)がすでに取りついています。

 

 



引出の面材=サクラの無垢板を取り付けています。いい男ですが、シャイなので、こちらを向いてくれません。

 

 

 

 

 



こちら、東京の参創ハウテックさんから購入したステンレス天板+シンクです。

裏打ちにはラワン合板が用いられていました。シンク裏には静音を目的として3mm厚程度のウレタン(?)によって覆われています。

 

 



下の収納部分(キャビネット)と天板をどう止めるか、だいぶ二人して悩み迷いましたが、結局木工用ボンドの点付作戦を選びました。

 

 

 



前回「木のタイル!」にて頑張ってましたN大工さんの手を借りて、天板を慎重にセットします。軽そうに見えますが、かなり重いのです。

 

 

 



すんなり着地した様子です。

微調整をします。ボンドが乾いたらもうとれません。

 

 

 



思い通りに天板の設置終了。ものづくりをする人にとっては至福の瞬間です。

 

 

 

 



このように、キッチンの基本構成は、引出や扉付きの収納を含む下の部分(キャビネット)と天板、シンクがメインとなります。

ここまでできたらあとは、ガスコンロ、食器洗い乾燥機、水栓金具、そんなところです。

 

 



キッチンをつくりたい、というご希望はちょくちょくいただきますが、結局は予算の問題ですね。I 型2700で食器洗い乾燥機含んで60万~といった感じでしょうか。市販のシステムキッチンだと30万~50万ってとこでしょうかね。

 

 

でもつくりはダンゼン違うので、自分に合ったレイアウトができるキッチンがどうしてもない、長く使いたい、自分スタイルを貫きたい、という方、ぜひお声掛けください。特に今回のようにオープンなスタイルで、キッチンがいつも目に入るような場合は、こだわりたいものです。

 

木のタイル!

前回紹介いたしました、「照明を大工がつくる」は、結構インパクトがあったようで、ご意見・ご感想をいただきました。そして今回も大工さんがタイル屋さんに変身!の紹介です。

「リビングの一部にアクセントをつけたい」、というご希望はこれまでにも多くいただきました。

そこで、Iさま邸ではスペシャルな、かつN大工さんにとっては”ひょぇ~”的な、

「木のタイル!」

異種格闘技のはじまりです!



樹種、厚みともに3種類ずつを調達。

えんじゅ、さくら、けやきです。

 

 

 



1.8mの製材された無垢の木を、自動がんなでぴかぴかに。任意の幅で切ります。

 

 

 

 

 



N大工、黙々とカット&面取り作業中です。

 

 

 

 

 

 



このアールがあるカウンターの腰壁に貼ろう、ということであります・・・。

ベルトサンダーという電動のやすりをひっくり返して、カットされた木のタイルの面をとっています。まだまだ道のりは遠そうです。

 



左官屋さんのOさんが興味ありげに近づいてきました。

「お~何やってんの?」(高い声で)

「積み木?」

「・・・・・たいるっ!!」

 



こんな風に、まずパーツ作りです。

 

 

 

 



ひたすらです。

 

 

 

 

 

 



おっ、1列目開始ですねぇ。

 

 

 

 



すでに日が暮れています・・・。

 

 

 

 



3日間かかって、ついに張り切りましたぁ!!

 

はっきり言って、アリ。

 

 

 

 

 



 

照明を大工がつくる

照明器具の選定もボチボチ締切です。しおはら住宅デザイン設計では、照明器具の決定は、可能な限り工事ができるだけ進んでからにしています。もちろん設計段階である程度想定された器具はあるのですが、ボリューム感や質感は空間ができてこないと、お客さんはイメージが持てないですものね。

Iさま邸では、吹き抜けにぶら下げる照明器具が、ついに決定できませんでした。Panasonic、ダイコー、コイズミ、オーデリック、東芝、それからインターネット・・・、カタログをたくさ~んご覧いただき、WEBでも相当探しました。ショールームへも見学に行っていただきました。「どうしてもしっくりくるものがない!」ということで、ついに必殺「それならつくるしかない!」をまたしても決行。今回は現場で少々余った材料を最大限利用して、大工さんに構想を伝え、手作りしてもらいました。

こちらが私が書いたスケッチ



 

作り手は大工であり、家具職人である北村さん。(家・具という屋号の家具屋さんなのです)

骨格となるリングをシナランバーコア合板から切り出しています。



 

円の直径を計算し、下書きの上、ジグソーという工具でくりぬきます。

 

 

 

 

リング修正



 

脚にランダムサンダーという電動のやすりを挟み、円形を整えます。バリもこの時点で落とします。

ひっ、ヒジョーに器用ですね(汗)。猿!?

 

 



 

 

 

 

 

吹き抜けの天井から、全ネジ3本でリングを吊ります



 

リングはナットで挟んでいます。この時点でホワイトに塗装します。

 

 

 

 

 

格子となる細い棒を塗装後、カット



 

 

 

 

 

 

格子を細い釘で止めつけます



 

 

 

 

 

 

 

 

電球の交換がほとんどできないので、もちLEDランプですね。



 

 

 

 

電気配線・排水配管みえなくなる!

着々と工事が進んでいます。大工工事の進行に合わせて、電気業者(でんきや)、給排水設備業者(すいどうや)、換気業者(かんきや)、ユニットバス(ゆにっとやさん)などが現場で配線や配管をしていきます。現場では「逃げ配線(配管)」と言っています。通常は現場監督がこれら業者への電話連絡、調整を図るのですが、この現場は分離発注方式なので、このあたりの采配は大工さんや建築主と相談しながら、わたくし塩原が行っています。この指示・調整がうまくいかないと現場がスムーズに進みません。また、各業者さんもそれぞれ別の現場仕事を並行して抱えているので、早めの指示作業の内容の細かな指示他工事との関連性などをはっきりと迷いなく伝えなくてはなりません

 



ユニットバスも結構早めに設置となるのだ。

ユニットバス設置前の様子



 

 

 

 

 

 

現場の中がこんな様子のタイミングでユニットバス設置のタイミングを迎える。



 

 

 

 

 

 

いつの間にか吹き抜けの手すりもつきました。

下地(したじ)が命!

屋根の下地工事がおわり、壁の下地工事が進んでいます。形のあるもの無いものを問わず、すべてに言えることですが、見えないもの・表面にないものが、ほんとうは一番大切です。住宅の場合、下地(したじ)が最も大事な工程で、難しいところです。大工さんは淡々と作業をこなしていますが、最終工程をイメージしながら、精度よく作業に当たらなくてはなりません。また、作業がスムーズに行えるよう、整理整頓はもちろん、どこでどうやって切るか、足場はどうするか、何時ごろやるのがいいか、どのくらいの時間がかかるかなど、頭もフル回転。電気屋さん、水道屋さん、塗装屋さん、いろんな仲間の作業のことも関係します。段取りハチブですね。



今回、サッシは室内が木製のものがいいというご希望で、あれこれ迷った挙句、アメリカのアンダーセン社のものを採用。新潟の上野住宅建材さんが納品してくれました。大きなサッシは現場で枠を組み立ててくれました。感謝です。



アンダーセンはこれまでもたびたび採用してきましたが、外部が樹脂で覆われており、塗装メンテナンス不要、というのが良い点だと思います。金額も樹脂サッシに比べれば割高にはなりますが、全体予算のなかでやりくり可能である範囲だと考えています。