新築日記 | 株式会社Reborn(リボーン)

長野市三輪Q1.0住宅完成・お引渡し

安曇野市Q1新築住宅、上棟おめでとう。

DCP PHOTO9月になってもなかなか涼しくならない信州。

先週金曜日に安曇野市で、キューワン住宅が上棟しました。

(撮影者:笠井)

開始早々は快晴でしたが、台風の影響でムシムシ。

午前中わたし塩原は軽井沢にいたのですが、ちょっと避暑地の9月とは思えず、

さすが雨ヲトコ・カサイ(笑)

DCP PHOTO午後2時ごろ。

あっという間に天気の様子が変わってしまいました。

そういえば、最近衝撃的な報告があります。

こうしてクレーン作業で建て方を行う我々建築業界にとっては衝撃的!

電気の電線を黄色いカバーで覆って、工事中の感電を未然に防ぐのですが(「防護カバー」といいます)、過去中部電力さんは無償でこの作業をしてくれていました。

まあ、無償といってもみなさんの電気料金から徴収しているお金で運営をしているはずではありますが。

 

DCP PHOTOそれが、あろうことか、10月より有償になるとのことです。

しかもかなりの高額!

中部電力のHPへリンク(建築業関係者必見!)

これは・・・、恐るべき金額・・・汗

普通の一戸建ての住宅の建築工事で、クレーン作業に支障となる電線がある場合、10万円弱くらいがかかるものと予想されます。

最終的には建築主の負担となってしまうでしょうから、これはなかなかお施主さんに理解されないかもしれません。
DCP PHOTOともあれ安全第一ですから、やらないわけにもいきません。

今後工務店やHMから提示される見積書の中に、安全費として計上されてゆくことでしょう。

Rebornの家は、設計上、ご覧のように2階の床が建て方作業中に勝手にできてしまいます。

厚さ24㎜の合板を機械をつかってネジ止めしている風景ですが、構造的に強度を上げるのにも一役どころか二役程役に立っています。

この床でかなり転落事故が起きにくくなり、バールはハンマーのような危険な工具の落下防止にもなります。

0904_200907_26Kさん、上棟まことにおめでとうございます。

年内完成に向け、来年の正月はこの家で暮らしていただけるよう、みんなで力を出し合いましょう。

入社9か月目の笠井君、現場カントク、本格デビュー作です!

 

2020.9.8 Reborn塩原

 

しっくい天王山

IMG_8718東御市Q1.0(キュウワン)住宅に立ち寄りました。

現在現場は建築主Hさんの内装しっくい仕上げ中です。

建物の規模にもよりますが、DIYしっくい塗装期間は、1か月~1か月半が目安です。

この間、毎週休みの日にはどっぷり現場に浸かっていただきます(‘ω’)

この日は平日、現場は当然ながら無人でした。

 

DSCF8839インスペクション道具を活かして、鳥瞰ショット。

ドローンではありません。釣り竿状のカメラ用伸縮棒での撮影しました。

これまではセルフタイマー機能を使いとにかくたくさん撮影する、というアナログおじさん戦法でしたが、デジカメにWifi通信機能があることを知り、スマートフォンにアプリを入れて遠隔でシャッターを切れます。

なんという便利な世の中なのでしょう(笑)

しかし時と場所を間違えると警察を呼ばれる可能性が無くはないか・・・汗

 

IMG_8758外気温は夕立ち雨の影響で27、8℃だったかと思いますが、

窓締め切りの室内は、推定35℃くらいあるか。

断熱力が高いと、いったん温まってしまった室内は保温性がよく、、、これはなかなか冷ませませんぞ。

来週がいよいよ天王山か? Hさん、ガンバ!

仕上がり状況を拝見しましたが、かなりいい線いってますよ!!

気候が少し涼しくなるとよいですね^^

完成見学会の予定表がなかなか埋まりません。

いよいよコロナの影響が建築業界にも襲いつつあるのか?

 

2020.9.5 Reborn塩原

IMG_8740 IMG_8756 IMG_8758 IMG_8760 IMG_8761IMG_8753 IMG_8748 IMG_8730 IMG_8729 IMG_8714 IMG_8703 DSCF8835

 

 

 

 

 

 

長野市三輪キューワン住宅完成!



引き続き外構工事を行います。9/10頃までご内覧いただけます。

ご希望の方は希望日時を添えて、メールでメッセージください。

2020.8.11 Reborn塩原

長野市Q1.0キューワン住宅完成間近

0722_200723_5梅雨明け間近!

ようやく長野市にも青い空が戻って参りました(*´з`)

白いしっくいが映えますね^^

—長野市三輪10丁目・Q1.0(キューワン)新築住宅の足場が撤去されました。

35坪規格PLAN。お盆前には一通りの工事を終えますが、引き続き外構工事に突入します。

 

0722_200723_13まずはデッキテラス。

束石(つかいし)と呼ばれる基礎が始まりました。

担当は毎度おなじみ、マルワ信濃土建さんです。

ちっちゃなぶるとーざー、かわゆいですね♡

ここに広大な木製デッキができるのです。

 

0722_200723_1飯山高校野球部員の父である関さんは、この週末やはり球場へ?

当然昨年の夏は甲子園へ。

2連覇がかかる今年も、3年生ショートで活躍していると聞きます。

そういえば、長野大会開催のための寄付金は、目標金額までもう少し。

社長よ!

もう一息だぞ!

DCP PHOTO室内ではカラフルドアが吊り込まれました。

ウワサには聞いていましたが、び、ビビッドです!

さあお盆休みまであと2週間。短い夏の始まりです。

2020.7.30 Reborn塩原

 

長野市三輪・35坪規格型Q1住宅その後

IMG_6776久しぶりの青空、長野市三輪10丁目。

外壁しっくい左官仕上げが終了し足場撤去直前!

ということで現場確認および、完成スケジュールを建築主と共有するため、現場を訪れました。

建築工事はお盆前に終了予定。

その後外構工事を行って9月中旬にお引渡し予定です。

Rebornでは、建築主に建物表示登記を行ってもらうことシバシバで、その手続きのご案内をも。

完成見学会は今回行いませんが、ご希望があれば個別にご案内させていただく所存です。

詳しくはメールでご連絡いただきたいと思います。

 

IMG_6779-1この時期、なかなかタイミングが難しい外壁工事。

現在進行している他の新築現場では、ほとんど外壁仕上げ工事が停滞しています。

天気のスキをついての仕上げ工事。先週の日曜日のことでした。

「盗塁」という表現がぴったりかもしれませんww

う~ん、、、なかなか写真では伝わらないナー、この質感は。

 

IMG_6782室内。

建築主によるDIYしっくい作業はスタートから1か月。

2階は終了し、1階も7割終了といったところ。

室内はひんやりしていますが、湿度がかなり高いです。

湿式工法ですから!

ご当人たちは謙遜なのか「全然うまく塗れてない!」っておっしゃいますが、

相当レベルが高い仕上がりとなっています( ^)o(^ )

 

IMG_6796この家では、1階も2階も、内壁・天井共に全部しっくい塗装です。

2階は構造梁をあらわしにしていますから、マスキング作業は相当な作業量。

それでもかなり切れ味のいい仕上がりになっています。

「どこが不満なの?」

わたくし塩原は、正直そう思っています。

 

等分布配列は木造の美。

自然素材は宇宙からの恵み。

この数か月間、ひたすら自宅を仕上げるのに費やした時間は、

労働ではなく、家族愛を形にしたものではなかったか。

 

2020.7.19 Reborn塩原

※更新遅れてゴメン

IMG_6773 IMG_6771 IMG_6798 DCP PHOTO IMG_6781-1 IMG_6785

IMG_6805 IMG_6804

 

 

 

 

KMブラケット

IMG_6406ブログ読者の方から言われました。

「シオハラさん。珍しく片流れの屋根の家、設計したんですね」

ええ、まぁ、雪の関係で。

って答えましたけど、意味わかってもらえましたか?

ここは長野市の北、上水内郡飯綱町。

ここ数年さほど雪は積もりませんが、一応見込まれる積雪量は195cm、約2mです。

 

IMG_6419雪国では、どこに雪を落とすか、というのが設計上のいの一番。

いっそディプロマットで雪を落とさない手もあるのですが、

建物への負担もそれなりに大きく、ゆえに耐力壁も多く必要となり、間取りの制約は大きくなります。

このお宅では、ガルバリウム鋼板立平(たてひら)葺きの片流れ。

軒の出も妻側はゼロとし、BOX型の外観意匠としました。

 

IMG_6422今週の長野県は雨が降ったりやんだり。

せっかく屋根の上にきたので、山を眺めようと足場を最上部まで登った。

旧三水(さみず)村。市町村合併により飯綱町へ。

こうして見渡すと、案外緩い勾配の家も多い。

そして赤い屋根が多い。萱葺き屋根も散在し、旧家を代々住み継いでいる家も。

敷地にゆとりがある家が多く、リンゴ栽培が盛んな地域で、水害の心配はなし。

 

IMG_6375南側の大開口サッシの上には、大きく張り出したひさしを設けた。

積雪に耐えられるよう、その固定にはいろいろな工夫を施している。

なかなか進まない外壁の付加断熱。

かれこれ1週間以上も天気の模様眺めとなっており進んでいない。

窓まわりには木材で枠を回しているが、そのほかの部分はKMブラケットというプラスチックの断熱材引掛け具、兼胴縁の下地となる部材をビス固定している。

 

IMG_6381この紫色に見える凸部材がKMブラケットです。

先端の白いところは、両面テープがあらかじめくっついていて、

断熱材(高性能グラスウール)を引掛けたあと剥離紙をはがしてタイベック(透湿防水シート)を貼ります。

この家の外壁はすぎ板。目下ACQを加圧注入している最中です。

 

IMG_6377ひさしは夏、日射を遮る古典的な住宅部品。

昨今は既製品も発売されていますが、建物意匠になじむよう、できるだけ造作で手作りしています。

直角L型の鉄骨部材で補強をも行っています。

サッシは2棟連続でLIXILエルスターXを採用。

白いホース状のものはパネルヒーターの温水配管です。

 

IMG_6394なかなか外壁の付加断熱が施工できず、家の中の充填断熱を先に。

大工さんは外部仕上げができず、フローリングを貼り始めました。

来週後半あたり、そろそろ梅雨明けしてもらいたいナー。

上棟から約1か月。

なんと!工程表より10日あまり早く工事が進んでいます!

2020.7.11 Reborn塩原

 

 

雪下ろしはできない

IMG_6157飯綱町・O様邸。

上棟から3週間が経ちました。

サッシや玄関ドアが搬入・取付されまして、家としての体裁を整えつつあります。

リビングにはでっかい化粧梁が並んでいます。豪雪地ならではか(設計上、積雪量は195cm)

「もはやそんなに降らない」

と言われて久しいわけですが、地域ごとに設計積雪量というのが決まってしまっています。

 

IMG_6172120㎜巾・H330㎜の梁。

雪が195cm屋根に乗った状態で耐震等級3を取得しようとする場合、計算によって算出される梁の大きさです。

雪のない状態では明らかにオーバースペック。

しかし見込まれる数十年に一度の悪い状況を想定して、建物の耐震性は検討されています。

地球温暖化によって気温の上昇が起きていることなどにより、省エネ性の評価をする前提の地域区分も昨年見直されました。

積雪量も相当変わってきていますから、ぜひ国交省には設計積雪荷重の基準についても見直してほしいと思います。

 

IMG_5949現場室内ではDIY・梁の塗装が始まっています(^^)/””

「日頃は人様相手の職業なので、誰ともしゃべらずひたすら塗装するってのは、新鮮で楽しい!ストレス解消になりますね!」

化粧梁塗装のつぎは外部の軒天が待ってますよぉー!

(自然塗料の基本的塗り方=刷毛で塗って、すぐにふき取る)

 

IMG_5964いっぽう大工さんは時期的にしんどい梅雨の作業。

2階、ブルーシートで囲われた室内は無風で天井面からの輻射熱が容赦ない。

「はやく断熱してくれよー」とみねちゃん大工。

彼のオマタはカイカイ状態になってしまっているそうです(笑)

コロナの影響で、「ヘルメット&マスク」

という容姿が業界では推奨されていますが、これはあまりにも酷。

現場では密にならないような工程や人員配置を考ええ、マスクは外すようにしてゆかねば、職人さんは耐えられないでしょう。

構造3D冒頭、積雪荷重が影響する構造の検討について触れました。

現代では、かなり綿密にコンピューターでシミュレーションができます。

豪雪地では、基本的には雪を落として屋根上の積雪荷重をできるだけ減らすということを考えます。

その昔は雪下ろしをするのが常識でした。

しかし最近では共働き家庭も多く、雪下ろしをする習慣はありません。

雪下ろしは危険も伴います。

急勾配の屋根に積もった雪は、滑り台のように加速して落ちてくるので、軒下での落雪事故も。

ゆえに、こうして屋根勾配をゆるくして雪を屋根に残し、一気に落雪しない方式も今後は考えるべきでしょう。

この場合、積雪荷重によって建物が変形して窓や引き戸が開かなくならないように、あるいは屋根に雪が残った状態での巨大地震が起きた時に大丈夫か、などを検討すべきです。

 

荷重がみえる3D屋根の荷重、床の荷重を、この梁はどのくらい受けているのか?

そんな様子もコンピューターでは視覚的に分かるように工夫されています。

屋根上の雪の荷重を母屋(もや)が受け止め、束(つか)を伝って小屋梁に伝え、

2階の柱を伝わって1階の梁に伝えている。

このあと1階の柱に伝えて、土台から基礎、基礎から地面へと荷重を受け止めているんですねー。

 

ゆらす建物の形を変えるとどうなるか、構造材の掛け方を変えるとどうなるか、

いまや構造計算用のコンピューターソフトはかなり進んでいます。

こうしたツールを用いて検討することができれば、常識にとらわれることなく、あらたな可能性も産まれてきます。

設計者である私たちも、安心して建築主に建物を提供できます。

 

2020.7.2 Reborn塩原

山小屋キューワン

IMG_6151長野市三輪6丁目で開催中の完成見学会の初日が終了。

今回も予約制とさせていただきました。

たくさんの方々にお越しいただき、お褒めの言葉をいただき、大変励みになります。

今日の外気温は30℃までいかなかったようです。

室内は設定温度26℃でエアコンを稼働。掃き出し窓のシャッターを下ろすなど、日射遮蔽についても解説することができました。

 

IMG_6134造作家具も家の中に設置され、テーブルやソファー、ベッドなど備品もしつらえられ、生活のイメージがしやすいよう工夫しています。

大きな吹抜を持つ空間を味わっていただき、また一方それにより耐震性の確保をどうやって行っているのかなど、かなりマニアックなお話もさせていただきました。

 

IMG_6147明日もたくさんのご予約をいただいております。

朝はあいにくの雨か。

石膏ボード+紙クロス+しっくいによる内壁・天井仕上げの調湿作用を感じられそうです。

ちなみに先日完成時の気密測定を行いました。(結果はC=0.5)

おおきな掃き出し窓が4窓あるにも関わらず、床断熱でこの数値はかなりのものだと自負していますがどうでしょうか。

 

予約状況などで、ご来場いただけなかった方のために、現地で配布しています資料を添付しておきます。最後のページで毒を吐いています。最近はだいぶまるくはなったと業者間ではささやかれているようですが・・・。

配布資料PDF(約4MB):20200627山小屋見学会配布資料

2020.6.27 Reborn塩原

 

 

飯綱町・Q1.0(キューワン)住宅、上棟!

IMG_4899長野市の北に位置する飯綱町(旧三水村)に、またしてもQ1.0(キューワン)住宅の誕生です。

長野県内では豪雪地方だと言っていいエリアだと思いますが、今冬は最高でも50cmほどしか積もらなかったそうです。

地球温暖化により、冬の過ごしやすさという点で大きな恩恵を受けているわけですが、設計上の積雪荷重は195cm!

耐震等級3へのハードルが困難な地域ではありますが、今回もちゃんと「3」を取得することができました。=T3

IMG_4906基礎工事は長野市のマルワ信濃土建さん。

服装は兄弟のようですが(笑)、もちろん赤の他人だそうです。

おつきあいはかれこれ10年以上になるのでしょうか。

木造住宅の仕組みを理解してくれているようで、設計意図を汲んでくれます。

もちろん図面通りに正確な仕事をしてくれるので安心して任せられます。

 

IMG_4864-1基礎工事が終わりを迎えるころ、Rebornの作業場では、建築主Oさんご夫婦によるプレ塗装が始まりました。

破風板を塗っています。

長野県北信産のすぎ材です。

キシラデコール・パリサンダ、刷毛で2回塗り。

この時期は塗装の乾きが早いこと!

数日後、この板は大工さんにより加工され、建て方当日所定の場所に設置されます。

 

IMG_4868天井兼用となるネダレス合板はクリア塗装。

塗料はドイツ・リボス社のアルドボス。

臭いが少なく(若干、蜜蠟の香り)塗りやすい。

艶がない、いわゆるオイルフィニッシュの表情です。

コテバケを貸し出し、作業効率は良好。

最初に印字されているスタンプを消すのが面倒ですが、コスパが最もよいとされる床下地と天井を兼用作戦。

DCP PHOTOさて、建て方は6/8。

この日は雲一つない好天で気温は30℃を超えました。

ソーシャルディスタンスを意識した朝礼。

そうそうたるメンバーです。

8:00スタート

 

DCP PHOTO9時には1層目(2階の床梁)が完了。

仕口とよばれる木材の交点に羽子板ボルトを取り付けています。

今回も化粧梁とよばれる構造材を天井にあらわしにするつくりで、ピンク色っぽく見えている梁が最終的に見えてくる化粧梁です。

 

あそこに見えるのはもしかして黒姫山?

北信五岳の山並みが一望できる最高の場所です。

 

DCP PHOTOお昼前には2層目(2階の天井)ができました。

木造の建て方は、あれよあれよと組みあがってゆきます。

今日一日を通してご覧いただいたお施主さんの眼には、まるでドラマを見ているかのようだったのではないでしょうか。

10分も目を離すと全く違う姿になってゆくのです。

待ち望んだ今日という日を、しっかり目に焼き付けることができましたか?

 

DCP PHOTO午後には小屋組みとよばれる屋根を構成してゆく作業にはいりました。

Rebornとしては、1年ぶりに片流れの小屋組みです。

積雪荷重の影響で、珍しく母屋を3尺おきに配置しています。

1.5寸勾配という、比較的緩い勾配としているため、この上に2mの積雪があることを意識しています。

1㎡あたり200~300kgにもなる雪の重量を侮ってはいけません。

その状態で震度6とかの地震が来たら・・・汗

設計は、そんな最悪の状況を想定しての構造計算となるのです。ゴクリ。ブルッ

 

IMG_5448夕方、17:00 屋根が出来上がりました。

明日からさっそく屋根工事です!(ガルバリウム鋼板立平葺き)

Oさん、御上棟おめでとうございます。

引き続きDIY塗装が早速現場で始まってゆきますが、どうぞご安全に!

家を建てることを、一生の思い出にしようじゃありませんか!!

 

2020.6.11 Reborn塩原