環境にやさしい家づくり | 株式会社Reborn(リボーン)

環境にやさしい家づくり

自然エネルギーの利用

日本で消費されるエネルギーのうち、最も割合の大きいのが住宅部門です。これだけ省エネが叫ば れるなかにあっても、電気・ガス・灯油などその消費量は依然増え続けています。特に冬寒い信州は、暖房エネルギー消費量が大きなウェイトを占めています。 断熱性能の良くない住宅は、家庭の中で光熱費がかさむだけでなく、日本社会の中で大きな負担になっています。

先の東日本大震災と福島原発事故は、私たち住宅を設計する立場の者にも、大きな衝撃と課題を突き付けました。

R0010931-300x225これまで以上にエネルギー消費の少ない、環境にやさしい家づくりをすべきだと考えています。新築住宅は国の定める省エネ基準値の半分以下の消費エネルギーの家に、既存住宅の改修工事は、最低でも現行の基準値以上にすることを目指します。

設置して数年で壊れたり効率が落ちてしまう機械設備に頼り切らず、高断熱サッシの使用や永続的に隙間の出来ない丁寧な断熱・気密工事を徹底し、より断熱材を厚くしておくなど、長期に渡って持続する根本的な省エネ手法を軸としています。

冬場の日射を室内に取り込むことによる暖房効果、夏場の日射を遮り通風により涼を得る手法など、新築住宅設計で培われたパッシブデザインを、改修工事でも積極的に提案して参ります。

R00209591-150x150ま た、薪ストーブを暖房として100台以上導入してきたという実績を踏まえ、実用性の高い薪ストーブ導入リフォームも積極的に提案しています。太陽エネル ギーそのものが固体化した”薪”というバイオマス熱エネルギーを最大限活かすべく、薪を乾燥させるための保管庫(グリーンラック)を開発・製造・販売して おり、良質薪の安定供給・薪ストーブの安心利用につながるメンテナンスまで、トータルサポート体制を整えております。