リフォームの種類 | 株式会社Reborn(リボーン)

リフォームの種類

Scan02381

リフォームの提案書



ご相談いただいたお客様の事情に応じて、必要最小限の部分的なリフォームにとどめるか、はたまた断熱・耐震リフォームにまで踏み切るべきかを判断します。

具体的には、

●現状の躯体や床下・小屋裏・基礎の状況を目視観察し
●耐震壁の配置バランスや、将来的にどのくらいの年数を見込むか
●住みながら工事をするのか、改修の手順や方法、コストのコントロールなど

一級建築士としての経験や予測を最大限に使い、新築住宅を建てる際に比べて数倍のエネルギーを使いリフォームの内容をまとめていきます。



08d05b27dbfd2f57a763ccf3ed3aea6d

既存住宅の問題点


以下は実際に現状の問題点を整理し、お客様に提示した資料と提案内容です。

上記のような資料を元に、お客様と話し合いを何度もする中で以下のような改修ポイントを提案し、およその金額も提示していきます。

・断熱リフォーム

Exif_JPEG_PICTURE
これまで培ってきた高断熱・高気密技術を駆使して、築数十年の住宅を「冬寒くない」「夏涼しい」快適な住環境にリフォームすることを得意としています。

・耐震リフォーム

CIMG1674
断熱改修と同時に耐震性を向上させ、来たるべき大地震に備えます。
上の例では地震の際に有効である構造用合板を全面に貼り、耐震性を高めると同時に防湿層も兼ねています。

・台所リフォーム

Exif_JPEG_PICTURE
キッチンは、ご希望を聞いた上で、実際の使い勝手を考慮し、家電や食器類がすっきり収納できるよう、食器棚やゴミ箱スペースもしっかり計画します。

・浴室リフォーム

Exif_JPEG_PICTURE
浴室は、スタイロフォームなどの断熱材で基礎断熱を行い、ユニットバスは温熱環境的に”室内にぽんと置いてあるイメージ”で設置します。こうすることで浴槽のお湯がなかなか冷めませんし、換気扇さえ回しておけばカビもほとんど発生しない快適な浴室になります。

・パネルヒーターによる全館暖房

DSC_0077
パネルヒーターを複数設置することで家全体を温かく保つ全館暖房をお勧めしています。
熱風が吹きだすことも排気をまき散らすこともなく、乾燥や結露とも無縁の暖房です。
高気密高断熱の家との組み合わせで年間暖房用灯油消費量は驚くほど少なくなります。

・薪ストーブによる暖房の置き換え

54a931c2141cb98926fc93b6ee69c33c
パネルヒーターとともにお勧めするのは薪ストーブによる暖房です。
最もエコで最もエコな暖房器具である薪ストーブは、自然にも人にもやさしい存在です。
薪の調達が面倒との意見もありますが、近日WEBショップにて販売開始する予定です。
お任せください。