STEP1 土地探し・情報収集の期間 | 株式会社Reborn(リボーン)

STEP1 土地探し・情報収集の期間

「自分の家がほしい!」
「ねぇ~、いつお家つくってくれるのぉ~」

家づくりをしようかどうか迷っている期間が、意外にみなさん長いようです。雑誌を買ってカタログを取り寄せたり、インターネットで調べたり、住宅展示場を訪ねたり。
この間に、「いろんなメーカーの人が、それぞれ自社のアピールをするので、誰の言うことが本当なのか分からない。」ということになります。その見極めをす るために、インターネットで深夜にしらべ、新聞でも見た見学会会場へ。カタログを読み込み、本屋で雑誌やノウハウ本をあさる。

ソウコウしてると、半年、1年なんか簡単に経ってしまう。そして迷路の中。ハウスメーカーからはしょっちゅう電話が来るし、新製品、キャンペーンだとかナントカカントカで、「ちょっと今はねぇー」と答えるのが関の山。
でも時間だけは過ぎてゆく。
貯金もそこそこはあるけど、欠陥住宅や、みんなと同じようなつまらない家はいやだけど、給料も伸びない、ボーナスもどうか?でも身の丈以上の背伸びはするまい。

「ほんとのところ○○工法はよいのか?だれか客観的に教えてー。」
「この見積りはもっと安くならないのか?」
「と、ところで土地はおさえてあるのかっ!」
「住宅ローンの仮申し込みはいくらで出したんだっけ?担当のひとのケータイ番号は?」
あ~あ~もう、大変です。

つまりは
・ハウスメーカーまたは工務店をどこにするか?
・土地をみつける。
・銀行を訪ね、資金計画についておおまかにつかむ。


この3点を同時進行で行い、その中でどんな情報、どんな人々に出会うか、がどんな家に住むかを決定づけてしまいます。

①お顔合わせ
お住まいづくりの動機や、希望のヒアリング。私たちの取り組みの説明。雑談
いろいろなお話をしながら、家づくりに関することはメモを取ります。
お客様にも自分のライフスタイルや、現在のお住まいに対する不満、これからつくろうとする家に対する希望を、お子様を含め、記入してもらいます。


②土地さがし
知り合いの不動産業者や土地造成業者などのネットワークを駆使し、ご希望される土地をご一緒に探すケースもございます。
候補地に対してのラフプランを提示します。
建物に対する予算や、建物以外にかかるであろう予算とあわせて、全体計画でいくらぐらいかかりそうかご提示できます。


①②でご費用をいただくことはありません。
お互いの向かおうとする方向性が異なる場合はここで終わりです。