メイスンリヒーターをご存知でしょうか? | 株式会社Reborn(リボーン)

メイスンリヒーターをご存知でしょうか?

2年越しの軽井沢T様邸リフォーム工事もいよいよ最終段階を迎えています。

断熱改修リフォーム→土台の腐れが発覚→土台および内外装の交換→薪ストーブを蓄熱式巨大ヒーターに置き換え→既存サンルームに薪ストーブを移設し、ちょっとしたくつろぎスペースに、という感じでドラマチックに展開していきました。

Exif_JPEG_PICTURE昨年の今頃は、断熱工事真っ盛りでしたね。

大吹抜けのリビングの天井に断熱材を詰めなおしました。

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE床下断熱材の入れ替えで発覚した土台の腐れ。

そしてそこに棲む大勢の黒アリ。

 

 

 

 

1380235_379667362167148_1119124780_n雨の日には床下内に雨水が流れ込んでしまうという現実に突き当たり、抜本的な改善策を提案。翌年にその改修工事をやるということになりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0028今年4月、その改善策の第1歩として外壁をめくり、その状況を確認。

この家を設計&工事をした業者さんと費用負担などについて折衝をしました。

 

 

 

DSC_0412その後壁を壊して土台の入れ替え、柱の根本の修繕をして参りました。

 

 

 

 

DSC_0012設計ミスとは、本当に恐ろしいことだと肝に銘じました。

自分自身が設計した家でこんな風になってしまったら大変なことです(+_+)

 

 

 

 

 

DSC_0003結果としてこんな風に外部が仕上がったのですが、

新たに物をつくるよりも(新築)、あるものを壊してから復旧してゆく作業(修繕系リフォーム)は数倍大変だということを、お客さんも大工さん達も身を以て感じたのではないでしょうか。

 

 

 

DSC_0187そんな苦労があったればこそ、蓄熱式の薪ストーブ~メイスンリヒーターに懸ける思いもひとしおのTさん。

日本ではまだ数名しかいないと思われる職人(薪ストーブメンテナンスのおのP)を伊那市からはるばる呼びよせたぞ!

(巨大なオーブン付ヒーターの耐火煉瓦を積んでいます)

 

 

 

DSC_0212この世の元とは思えない大きさ、そしてその笑顔(笑)

慣らし運転をここ数日行っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0228火はやっぱすげぇな☆

木ってあったけぇ~な~♪

マイルドな輻射熱ってサイコー!

 

金子君、沢村賞受賞おめでとう!

 

 

Theドラマチックリフォームに乾杯! y(^o^)丿

 

 


コメントは停止中です。