薪ストーブが入り、ついに完成 | 株式会社Reborn(リボーン)

薪ストーブが入り、ついに完成

今日の長野市は最高気温33℃。いや~暑かった。みなさん、梅雨だからってナメたらだめよ。もう来週は海の日なんだから!熱中症防止の帽子は必需です!

さて、ゴールデンウィーク前から始まった安曇野市のY様サンルーム増築工事、ついにめでたく完成となりました。今回はリフォームとはいえ、分離発注での工事形式をとり、工事業者の先頭は、な、なんと”お施主さん!”

・塗装工事・内壁左官工事・薪ストーブ用のレンガ炉台造作工事・その他雑工事

などを、少ないお休みを使って頑張ってくれました。拍手です!



ついに薪ストーブが座りました。

レンガも左に映っているご主人のDIY。普通のサラリーマン、といっては失礼ですが、建築関係にお勤めではありません。きれいに、丁寧に積まれています。

 

 

 



山梨・大月市の鉄工所=岡部工業所(佐々木さん)作です。鉄製で、完全オーダーメイドです。両サイドにオリジナルウォーミングシェルフがあります。取っ手もナラ材で。高さもY様のリクエストに応えてもらえました。

 

 

 



梁に近い場所の煙突には「ヒートシールド」と呼ばれる覆いを取り付け、安全性を高めています。

吹き抜けがある場合は、出来るだけ壁出しせずに、このように高く、屋根を貫通するようにしましょう。

煙突からの輻射熱もバカになりません。

 

 

 

 



 

しばらく前の工事でしたが、煙突を抜いた様子です。できるだけ棟(屋根のピーク)に近い所に出しましょう。落雪時に煙突が影響を受けにくくなります。

 

 

 



こちらが工事前の室内の様子です。三角に飛び出た形でした。

 

 

 

 

 



そしてこちらが工事後。室内はずいぶんと広くなったな~、いう感じになりました。前の△出っ張りも悪くはないのですが、やはり空間有効利用率は格段にアップしましたね。

 

 

 



先日試し焚きもされたそうです。暑くてすぐ消したそうですが・・・。薪ストーブ工事はレンガの炉台を除いて約70数万円なりぃ~。あとは薪の確保がこれからのライフスタイルに組み込まれることでしょう。

今年の冬が楽しみ愉しみ。

 

 

 

 



Y様、約2か月間、本当にお疲れ様でした。築10年を過ぎ、外部の再塗装も全面的にやっていただきました。

デッキも高寿命材を使ってやり替え、憧れだった薪ストーブも設置され、社会的にも、大変意味のある工事になったのではないでしょうか。私も微力ながらお手伝いできて幸せです。今後ともお付き合いの程、よろしくお願い致します。

 

 


コメントは停止中です。