一生もんで、積雪1.5m耐えます | 株式会社Reborn(リボーン)

一生もんで、積雪1.5m耐えます

今日は建国記念日。ケンコクっていうことなのだから、日本という国が出来た日なのですね、きっと。先人たちに感謝をしましょう。

朝一番で、知り合いの方が経営されているアパートに、下駄箱を納品・設置して参りました。

 



アパートの玄関には、靴はもちろんですが、スキー板やゴルフバッグ、ほうき、それにこの時期だと、灯油のポリタンク、雪かき、そり、ジャンバーや帽子や手袋など、さまざまなものでごった返します。

収納としては、このような低めの下駄箱が一つあるだけなのが一般的のようです。

大家さんいわく、「ドアを開けて、まずお客さんがチェックするのが、玄関の収納の量」だとか。下駄箱でお客さんの心を鷲づかみしたい。

 

 



コストパフォーマンスNo.1を自負するしおはら住宅デザイン設計による下駄箱をこしらえて、本日搬入しました。

高さが1.2mと、やや高めですが、収納量を重視。

長いものもすっきり納めたいよね、ということで、このようになりました。

 

 

 



非常に狭い空間なので、ドア式ではなく、引き戸式にしました。それも、引戸を上吊り式にして、底板や敷居を廃し、長靴がタイル床にそのまま置けるように工夫しました。

長靴が入る下駄箱、しかも雪が靴裏についていてもノープロブレム。

 

 

 

 



つまりこういうことです。

新築の住宅ではこれまでしばしば採用してきたパターンですが、アパートに住む人にとっても、この方が親切なのであろうな、と思うわけです。

 

 

この時期になるとアパートは入退去の時期で、いろいろと忙しいですね。しおはら住宅デザイン設計でも現在、松本市でアパート退去後の「ちょっと、一工夫をリフォーム」をしていますが、先日工事中にもかかわらず、入居希望者の方が見に来てくれました。まだ床を張る作業中でしたが、その場で入居をご決断いただいたようです。大家さんに「よしよし」と頭をなでてもらいました(笑)そのアパートリフォームの様子はいずれ紹介するとして、今回は気合の入った、かなりコストパフォーマンスに優れたカーポートが完成しましたので、レポートします。

 



場所は長野市の北部に位置する中野市です。今年は非常に雪が少ないのですが、ひどい年には積雪が1m以上になる、豪雪地です。

先日、大工さんによる建て方の様子をアップしましたが、ようやく、今日完成しました。

 

 



ゆったり2台、並列型です。建物のデザインに合っていて、一生持ちこたえるものを、とのご要望に沿ったものです。

屋根には折板(せっぱん)を、どんと載せました。

山がかなり大きめのタイプで、設計上は湿った重い雪が1.5m乗ってもなんともないはずです。ガルバリウム鋼板製の厚み0.8㎜です。方杖と呼ばれる斜め材をバシバシ配し、ぐらぐらしない頑強さを持ち合わせています。

 

 



この山が大きければ大きいほど、雪によるたわみといいますか、しなり、には耐えることになります。

屋根勾配も5%(5/100)として、雪止めもつけてあり、あえて雪を落とさない、さらに雪がどんどん積もっても、雪降ろしをしなくてすむように、ということで、この大きな山にしたわけです。

 

 



車と車の間に、本当は柱が無い方がいいですよね。邪魔ですし。アルミ製の既成品のものの中には、柱がなくて、アーチ状の梁が配されていたり、ポリカの屋根がドーム状になっていたりするものもありますが、豪雪地では、はたしてどの程度持ちこたえられるか・・・。ここはやはり多少の不便は受け入れてでも柱を立てたいところです。

 



車と車の間の柱は、このように、50cmほど、ひっこめると、がぜん車が入れやすくなります。今回はサイドドアの位置を考慮して、60cmほど引込めました。

 

 

 

 

 



台風時など、風で浮き上がりを防止するホールダウン金物を、各柱につけています。金物もこげ茶色であらかじめ塗装しておきます。キソパッキンをかませて、柱の下端が濡れないようにしています。

 

 

そして、肝心のお値段!

今回、材工、工事費込みで95万税込でした。各職人さんや材料屋さんにもしっかり利益がでています。

 

安いと感じる方、高いと感じる方、さまざまだと思いますが、今回の木製カーポートの優れた点をまとめておきましょう。

・豪雪に耐える。重い湿った雪でも1.5mは余裕でOK!

・建物とマッチしたデザイン。年月と共に味わいが出る。

・とても高級に見える。自慢できる。

・雪が落ちない、落とさなくてよいので、雪かきの面積、手間が激減!

・朝、フロントガラスの霜とりが不要。アイドリングストップ!

・木製なので、壁を一部につくったり、タイヤなどを置くたななどが、後でつくりやすい。

・間口や奥行き、高さ、寸法は自由に設定できる。

 



これは、別のお宅ですが、このように、屋根の上をベランダにすることだってできます。

人にも愛車にも、地球にもヨロコビを。

 

 


コメントは停止中です。