ガレージ建て方 | 株式会社Reborn(リボーン)

ガレージ建て方

長野市の北に位置する中野市。志賀高原への入り口であり、おいしいリンゴが有名です。

周辺に、飯山市や信濃町といった豪雪地帯が隣接しており、中野市も例外ではありません。

こんな時期に、という感もありましたが、晴れ男のおかげで、今日はとってもいい天気に恵まれました。木製ガレージの建て方です。



3年ほど前に新築した木の家、もちろん高断熱住宅です。

今年は比較的雪が少なく、本来は昨年末にやろうとしていたガレージ新築でしたが、諸事情あり、約1カ月も遅れてしまいました。

 

 



大工工事担当は長年連れ添っている、長野市松代のまるたんぼう・上原さん&山口さんです。朝8:30現場集合。

 

 

 

 



中野市も当然ながら、冬はけっこう雪が降ります。これまでは露天の駐車場でしたが、ご主人、夜勤もけっこうありますので雪かきが大変なのです。

「やっぱり欲しい!」ということでご用命をいただきました。

 

 



2週間ほど前、基礎屋さん(マルワ信濃土建・和田さん)にて除雪をしながら、独立基礎工事をしていただきました。

新築当時、外構工事で土間コンクリートを打ってあったので、基礎はここのみです。

 

 



荷おろしです。

骨組みは米松無垢材です。ドライビームと呼ばれる、人工乾燥材です。

 

 

 

 



方杖(ほうづえ)です。

通常、骨組みは「プレカット」と呼ばれるオートメーション化した工場で加工されますが、このような方杖は、機械加工ができません。大工さんの手刻みになります。

 

 



午後から骨組みが本格化してきました。

 

 

 

 

 



快晴の中、午後2時ごろ、上棟しました。立派です。

普通乗用車2台、並列です。壁を造らない設計なので、先ほどの方杖で、ぐらぐらするのを防いでいます。

 

 

 



全体的に統一感のあるデザインになっています。

明日は屋根工事です。晴れの予報です。次の寒波に間に合うでしょうか。

 

 

 



方杖は、タルキックビスという大変長いネジで止めました。

続きはまた後日アップします。

 

 

 

 


コメントは停止中です。