ついでに駐輪場も | 株式会社Reborn(リボーン)

ついでに駐輪場も

木製ガレージのついでにと、木製駐輪場をつくりました。間口2mで4台分です。

 

 

いままでは、この鋼製物置に入っていました。荷物がいれにくく、収納量も増えつつあるので、「ガレージにあわせたデザインで」、「かつ安く」、「長持ちし」、「雪にも相当量耐えるもので」、とのリクエストをいただきました。

 

 

 



土台はランバーテック社の県産杉にACQ注入材3寸角を。基礎は不要とし、薪ラック=グリーンラックで採用しているレベルフットで済ませました。

コの字型に配置します。

 

 

 



レベルフットは、荷重的に1ケで充分ですが、安定性を高めるため両側に取り付けました。高さ調整が容易なのでとってもら楽チンです。

レンガはコメリで78円/1ケ。

レベルフットは¥2500/ケ。

 

 



この土台に、あらかじめ作業場でつくった壁パネルを立てます。一人で作業ができます。

 

 

 

 



両サイドの壁をビスで固定しました。

壁は杉板です。フレームは防腐剤注入のツーバイフォー材。

 

 

 

 



壁どうしを継ぐ桁を。これもツーバイフォー防腐注入材です。

 

 

 

 

 



桁を受ける材です。屋根の荷重がかかりますから、ビスをたくさん打ちます。どうせたくさん打つのならばと、にっこりバージョンにしました。

 

 

 

 



桁を2本固定した後、屋根の骨組みをのせます。これも作業場であらかじめ作ってきました。一人で持てる重量です。

 

 

 

 



だいぶ形になってきました。

壁パネルの上部が斜めになっています。

 

 

 

 



桁や壁パネルにビス固定しています。

 

 

 

 

 



再度、水平器を見ながらレベル調整をします。

 

 

 

 

 



こ野地合板、方杖、筋違いを取り付けました。

ここまで、組立時間は約1時間です。

 

 

 

 



明日屋根屋さんがきますので、ルーフィングまでやっておきます。

軒先は防水テープで補強しておきました。

 

 

 



作業場での加工、パネル組み立て、塗装で1日かかりましたが、現場での作業は2時間程度でした。お値段は、材工で15万程で済みました。

基礎などによる地面との固定がされていないので、台風の時など、浮き上がりが心配ですが、相当な重量があるので、通常状態では問題なさそうです。

 



ガルバリウム鋼板の立平葺きで屋根は仕上げました。雨樋付です。なかなか感じよくできました。

今回屋根以外は、わたくし塩原で行いました。

 

 

 

 


コメントは停止中です。