地鎮祭~切り取り解体部復旧 | 株式会社Reborn(リボーン)

地鎮祭~切り取り解体部復旧

北陸は恐ろしいところです。毎日といっていいほど雨が降り続きます。 解体から基礎工事中、8割がた雨だったような・・・(汗&涙)

 



それでも何とか地鎮祭にこぎつけました。オニロクさんこと藤田棟梁も参列。 この地方は東を向いて行いました。 実はこれ大変珍しいことです。一般的には北を向くんですが・・・。そういえば信仰的な山があるときなんかはそっちに向きますねぇ。

 

 



建築主は真ん中のおばあちゃんです。 数年前に若夫婦のおうちの新築を担当させていただきました。冬でも暖かい室内環境をご評価いただいて、実家の建て替えをお母さんにおすすめいただいた、というわけです。 亡きご主人と子供たちが集った我が家に別れを告げ、心機一転新たな気持ちでお建て替え!

 

 



緊張状態の地鎮祭のさなか、木の葉が舞い込んできました。

正しい姿勢のお客様の方にぴたっ!

はっ!

せ、せみだ!



オニロクさんと目があいました。

うわっ!

鳴くな!

泣いてはならぬ!

泣くな!

男だろおまえっ!

 



ただただ見つめるしかないその横で、四方清めの儀。

切り取り解体したブルーシートが風になびきます。

 

 

 

 



なんとか無事に地鎮祭が終了。

もしかしてあのセミは神の分身だったのかな~

 

 

 

 


 

さっそく地盤の調査です。金沢はジオリサーチの村田さん。愛すべきキャラです。

今回は表面波探査法という調査です。振動する機械を地面に置いて、はねかえって来る振動をキャッチする受信機がコンピューターにつながっています。



 

地面に送られた振動派で土質や硬さ、重さに耐える力までわかっちゃうんだからすごいですね~ほんと。

数日後判定が出てきました。

解体時に荒らされた地表を締固めればOKということです。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

基礎工事と並行して、切り取りした部分の復旧にかかります。

このころから天気がぐっと悪くなりました。そして約10日間ほどずっと雨の日がつづいたのです。

これはもう、大工のオニロクさんが雨男としかいいようがありません。

たまに晴れ間がのぞきますが、すぐに曇天に変わり、またしても雨が、、、。

基礎工事も思うように進まず、1週間ほど工程が遅れています。

そして台風一過。今週からようやく安定した、私が最も好きな季節が今年もやってきました。

今週末行う建て方に参加します!柱や梁、土台はオール木曽ヒノキ! たのしみだわぁ~(^_^)/~


コメントは停止中です。