信州・やっぱり古民家が似合う | 株式会社Reborn(リボーン)

信州・やっぱり古民家が似合う

立派な骨組みです。平屋のスタイルは安定感がありますね。躯体は信州カラマツ材をアンティーク加工し、梁をあらわしにしています。プレカット工場では加工ができないほどの大断面で、梁の幅は180㎜、せいは150~240㎜です。手刻みで継手や仕口を加工しなくてはなりません。土台はやはり信州産のひのき4寸角。



 


コメントは停止中です。