終の住処、ついに完成。 | 株式会社Reborn(リボーン)

終の住処、ついに完成。

信州松代のKさま邸もついに完成!おめでとうございま~す!

本当に良かった!たくさんの作業を共にしていただいたKさんも、ヨロコビヒトシオでしょう!

工事をしていただいた職人さんたち、ご協力、本当にありがとうございました(涙)

 

大工の青木さんには、いい仕事してもらえました。私も微力ながら、お手伝いさせていただき、自分なりに満足のいく出来映えとなりました。

松代らしい外観で、快適性能も十分備えています。

 

 

 



広いデッキで早速日曜大工しています。デッキ床はヒノキです。

は、裸足!?

そして腰には、かわいい釘袋。見ず知らずの方は、当然大工に見えてしまうんでしょうね・・・。

 



一方私、塩原は長野市建築指導課の職員の方と、完了検査の立ち合い。

何事もなくクリアできました。

 

 

 

 



最後に、デッキの床を塗装です。

まだ裸足です。

ウッドロングエコを塗りました。

 

 

 

 



松代の坂田木材さんで製作してもらったお気に入りのダイニングテーブルも搬入されました。

 

 

 

 



Kさんご夫婦、これからもず~っと、お幸せに!

 

 

 

 

長い年月をかけてついに完成したK様邸。住んでみてのご感想もぜひいただきたいので、いつになるかはわかりませんが、ぜひ取材させていただきたいと思います。

Kさんとの家づくりを今振り返ると、さまざまな思い出が残りました。約3年にわたるおつきあい・・・。これからもず~と続くんでしょうねぇ。思えば私の父親と同い年で、コンセプトは「生まれ故郷での終の住処」。先祖代々受け継がれてきた土地に、まさに一大決心で臨んだことでしょう。さまざまな困難が降りかかる中、本当に粘り強く、あきらめず、強く、堂々と、家づくりに取り組んでいただきました。

私にとっても、本当に本当に大事な一軒になりました。この気持ちを忘れずに、これからも1軒1軒、気持ちを込めて、家づくりという素晴らしい職を全うしてゆきたいと思います。



 

 


コメントは停止中です。