完成間近・ワクワクドキドキする瞬間だ | 株式会社Reborn(リボーン)

完成間近・ワクワクドキドキする瞬間だ



松本市Mさま邸も無事内装ダイヤトーマス仕上げが終わり、急ピッチで完成に向け仕上がっています。蚊帳(かや)のように囲われていた足場が撤去され、その姿を現しました。近所の方の目も釘づけです!

 

 

 



夕暮れ時、電気がついに入りました。なんともうれしい瞬間です。

 

 

 

 

 



仕事帰りのMさんも立ち寄り、いきなり座禅。さぞかしうれしぃんでしょうね。

 

 

 

 

 



大きな屋根の玄関ポーチもいい感じです。これだけ大きいと、単なる雨よけだけでなく、駐輪場としてはもちろん、お客さんとの歓談スペースにもなっちゃいますね。

 

 

 



室内に入ると、白壁とダークブラウンのコントラストが照明に照らされて、いい雰囲気です。

 

 

 

 

 

 



リビングです。直観的に「落ち着く空間」です。間接照明もいい感じに建物になじんでいます。

床はあえてクリアー塗装(蜜蝋ワックス)です。

 

 

 



天井の梁が太くみえますねぇ。120㎜巾なんですけど・・・。やはり黒っぽい塗装は、重く、太く感じる傾向がありますね。そして日本人のDNAに刷り込まれたその風景というかインテリアは、普遍的であると感じます。

 

 

 

 

 



トイレも割とすっきりな感じで仕上がりました。

 

 

 

 

 



1階の和室には収納を優先。宙に浮かせ、広く見せています。いろいろなものが置けてとても便利。

 

 

 

 



南側には広いデッキと腰かけ的ステップ。

 

 

 

 

 



北側にも屋根付きデッキあります。

このデッキはダイニングスペースとつながっており、閉鎖的なスペースなのがグッド。モーニングコーヒーは最高ですね。

 

 

 



このデッキからは牧草と北アルプスが望めます。すてき!!

 

 

 

 

 

 


コメントは停止中です。