店舗リフォーム | 株式会社Reborn(リボーン)

ビューティー♫秋晴れに映える

今日は1年間のうちで最高天気でした!

やっぱり僕は秋が好きだなぁ~♪

先週、愛車STEPWGNちゃん(ニックネーム:ブチョウ)が逝ってしまいましたので、しばらく現場へ行くことができず、今日から9連チャンで出張がつづきます!\(^o^)/

今日は塩尻~松本方面へ ランチは久しぶりに「喫茶去」さんへ。

大変おいしゅうございました!¥850は安すぎないか!?

DSC_0048 DSC_0006 DSC_0052 DSC_0034 DSC_0032 DSC_0030 DSC_0010 DSC_0009 DSC_0002 DSC_0001 DSC_0088 DSC_0078 - コピー DSC_0074 DSC_0073 DSC_0072 DSC_0066 DSC_0060 DSC_0057 DSC_0043 DSC_0039 DSC_0036 DSC_0033 DSC_0032 DSC_0020 DSC_0017 DSC_0016 DSC_0014 DSC_0012

 

4/20 喫茶店オープン

自宅を改造 松本市「喫茶去ン」プレオープン(4/6)

 

構想1年、工事に4か月を費やしました。

自宅を喫茶店に改装してみようプロジェクト=喫茶去(きっさこ)@松本市

本日ついにプレオープン。

オーナーさんから直接お声がかかった親しい方や、呼ばなければまずいひと(?笑?)を招いてのお披露目会です。

あいにく荒れ模様の天候で、広いデッキが使えずじまいでした。

まぁ、こういうこともありますよね。

 

 

 

 

アプローチなどいたるところにグリーンが配されてました。

 

 

 

 

 



 

 

プレオープン記念として、泣けるかもVTRを作成し皆さんに見てもらいました。



2014年4月20日(日)についにオープンです!

定休日    毎水曜日、第3木曜日

営業時間  10:00~日没まで

ちょうど店内からやまびこドーム沿い桜並木を眺められそうだ~♪

今日、雪が降ったのはそういうわけだと得心しました。

グーグルマップ

 

自宅が喫茶店になる!?

今お勤めの職場を退職したら、その後の人生、みなさんはどう過ごしますか?

Iさんは自宅を改造して、喫茶店を開くことに!

当たり前と言えば当たり前ですが、人生はやっぱり「やりたいことをやる!」に尽きるのではないでしょうか?

 

解体工事直前の和室です。

ここが客席に生まれ変わります。

床の間と押入れは外壁西面にありますが向こう側には桜並木があるため、大きめの窓が計画されました。

 

 

 



和室と連続しているリビング~ダイニングのスペースが対面式の厨房と客席に。

客席にはグランドピアノを置いて音楽会も催す予定だそうです。(娘さんがピアノの先生なのです!)

 

 

 

この建物は某ハウスメーカーの軽量鉄骨造プレハブです。

解体はわけなく・・・。

和室の天井を剥がすと鉄骨が見えてきました。断熱材は発泡スチロールt30㎜。新築当時はこれでよかったかもしれませんがこれじゃあな・・・。

 

 

発泡スチロールもボンドだけではこうして剥がれて落ちてしまっています。屋根の裏の合板は結露もなく健全です。

リフォームの時はこの段階で、「じぇじぇ!」ということもしばしばです。

ある程度解体した段階で住人も設計者も必ず現況を確認しましょう!

 

 

天井は剥がすかそのまま残すか迷いますが、照明器具の位置変更や追加があれば思い切って全部剥がした方が得策です。

また、昔は天井を吊っている部材が今よりとても貧弱なことが多く、地震の時などによく落っこちちゃう事故が起きますね。天井を吊る部材を補強しちゃいましょう。

 

お店の顔になる玄関ポーチの屋根をあらたにつくっています。

 

 

 

 

 



窓を追加するため壁を開口。

 

 

 

 

 

 

喫茶店の雰囲気が出てきました♫

 

 

 

 

 

 



藤田大工さんがテーブルなどを作ってくれることに!

形状や塗装色などを打合せ中。

 

 

 

 

 



 

改修する部分はもちろんしっかり断熱します。

新築と違い、住みながらリフォームは、お施主さんが随時進行状況を確認しながら進められるというこの上ないメリットがありますね。

 

 

お店の出入り口ドアは木製に。ドアノブやロックもありきたりのものではなくオリジナルで。

塗装はもちろんお施主さんにやってもらいました笑。

 

 

 

 

 

 

一番初めの解体前の写真と比べてみて下さい。

これからクロス工事です。

 

 

 

 

 

対面式のカウンターができました。

喫茶店の雰囲気がでてきましたね♪

 

 

 

 

 

この棚にコーヒーカップがずらずらと並ぶことになります!

Iさんはもうだいぶ前からこの時を夢見て、たくさんのコーヒーセットを集めていらっしゃいました。

 

 

 

こういうのを世間ではリノベーションと呼んでいるそうですが、このリノベーションという言葉、実は私、ピンときません。人前で口にしたことがないかもしれません・建築士のくせして(笑)。

やはり「夢を叶えるための模様替え」のほうが断然いいぞ、と思うのであります・・・。

 

松本市空港東~やまびこドームのすぐ脇に、桜の咲くころオープンします。

 

長年の夢を叶えよう

以前リフォーム工事を担当させていただいた方のご紹介で、約1年前に出会うことが出来ました。

夢と現実とを行ったり来たり。雑談も多分に絡めながらオーナーのIさんと打ち合わせを重ねて参りました。築35年、軽量鉄骨のプレハブ住宅の和室とLDKを大胆にも喫茶店にしてみちゃうかんな!というプロジェクトです。



松本空港の周辺にやまびこドームという巨大な全天候型イベント会場があります。私が子供のころは市営球場だったところで、少年野球で大活躍した晴れ舞台であります。

その後信州博覧会の開催に合わせて周辺が整備され、桜並木沿いの住宅街に今回の現場は立地しています。

 



 

ごく普通の和室ですが、ここが客席になります。このアングルから窓越しに桜の木が見えることになるでしょう。

広いこのスペースに、ブランドピアノも設置します。薪ストーブかピアノかで迷った末の結論です。

 

 



 

この南側の掃出し窓から出られるひろ~い木製デッキが夢なんですって♪

 

デッキでコーヒー、デッキでかき氷、デッキで昼寝、いいですね~☆

 

 



 

屋根や外壁もこれまで30年以上なんのメンテナンスもしてこれなかったので、だいぶ傷んでいます。

当然今回の改修工事で、このあたりもきっちりオトシマエつけさせてもらいます!(笑)

 

 



いちばん最初に提案したプランがこれ。

最初はいつも手書きです。

この後、店舗面積はぐんと広くなっていき、薪ストーブは却下されてしまうのですが、レイアウトなど含めおおよその方向性が示せたのではないでしょうか。

 

 



完成予想パースもイマドキはこんな風にプレゼンできます。

一気にお客さんのハートに火がついた!(?)かも。

 

 

以下いっちばん最初のヒアリングメモです。

****************************

Iさま 喫茶店プロジェクト「喫茶去(きっさこ)」

第1回ヒアリング 2013.1.12 14:00~16:00

しおはら住宅デザイン設計 塩原

 

■顧客データ

今〇 OOO  62歳

塩尻のOOさんの友人=OOさん(OOちゃん)のご紹介

ご主人20年ほど前に他界

 

■マーケティング

・喫茶店~コーヒー、軽食、パスタ、ケーキなどを提供したい。

・近所の人、友人、やまびこドーム来場者、散歩・トレーニングの人

・ピアノを店の中に置きたい  グランドピアノ?

・ギャラリー(2階?)友人・仲間の作品展示など

・さくらを観る(やまびこドーム側の)

 

■既存建物

セキスイの軽量鉄骨 S 54年新築

平成13年増築

要 営業許可

用途の変更&増築か?

 

玄関、厨房、トイレ、ギャラリー

薪ストーブ?

電柱移設

楓の樹

松の樹

デッキ~オープンデッキで食事を オーニング屋根か。

 

屋根が寿命。葺き替えか?カバー工法か?

外壁再塗装

全部で***万円以内。それ以上は出せない

イメージはまだはっきりしていないが和風でもなく、洋風でもなく

ダーク系の色? 街並みに沿ったデザイン

レンガは好き

塗り壁

木質感

豊科の結庵さんの内装はいい

オープンは来年の4/25(ご主人の命日)

******************************

今後の展開に乞うご期待!

 

美容室 affino(アフィーノ)完成。そしてOPEN

先日ブログでもご紹介しましたが、松本市美容室 affino様、めでたくグランドオープンしました。ご協力いただきました関係業者、職人、ご近所のみなさん、髪のカット・パーマお待ちいただいた方々、そして施主であるOさま、ご家族のみなさん、本当にありがとうございました。



こちらで”美容”というコミュニケーションを通じて、たくさんの方々が幸せを感じていただけるよう、陰ながら応援しています。お近くの方、ぜひご利用ください。



ダークブラウンとアイボリーが外観を締めています。玄関ドアのサイドライトにはイエローのアンティークガラス。ドアの取っ手もすこし個性を演出しています。春にはグリーンが入り、ますます自然感を演出できそうです。

 

 

 



セットコーナーは2脚。床が1段上がっています。設備配管のためでもありますが、空間にメリハリをつけています。  奥の大きなミラーが広くみせていますね。

 



玄関入って右手にある、待合コーナー。

マガジンラックを含む飾り棚兼収納はもちろん造作1点もの。塗りつぶしのホワイト塗装が手作り感を演出しています。雑貨が楽しいですね。

 

 

 

 

 



飾り棚収納の裏は実用的な収納です。結構収納量がありそうです。

 

 

 

 

 

 



洗髪コーナーです。タオルが下から取り出せるたなも作りました。

 

 

 

 

 



電気式のPS製パネルヒーターです。

断熱性能は灯油や電気代のランニングコストに結局跳ね返ってきますね。この美容院は断熱性能◎です。650Wのパネルヒーターですが、真冬でもこれ1台でいけるのではないかと思います。フレームは木製造作で、インテリア性もさることながら、コストダウンにも貢献しています。

 



セットコーナーから玄関入り口方向をみています。3つぞろいのペンダントライト、レジ台、その奥にはブログでも紹介した「カントリー風のたな」。

 

 

 



シャンプーやセットに使う道具などが搬入されてきました。ぐっと美容室らしくなりました。私はいつも理髪店で髪を切ってもらっています。美容室にお世話になったことはありませんが、ずいぶん違うもんですねぇ。今回こちらの設計をさせていただくにあたり、ずいぶんいろいろ勉強しましたし、教えてもらいました。

 



最初に下見に来たときは、こんな感じだったんだよなぁ・・・。

 

 

 

 

 

見つめ続けて飽きないこと

外壁の仕上げ方には様々ありますが、私は好んで左官仕上げをおすすめしています。

サイディングやガルバリウム鋼板などが世の主流ではありますが、無垢板や左官壁などが好きです。板は大工さんが貼りますが、その一枚一枚の色や木目を見て、手間暇かけて貼ります。左官仕上げは左官屋さんが天気やコテむら具合を加減しながら仕上げることとなります。誰がやっても均一でてっとり早い、そんな家づくりが隆盛ですが、そこは職人の向かう方向ではないと考えています。確かにサイディング職人や板金職人も必要です。ただ、大工のやることがそれによって一気に減り、左官屋さんが後継者を育てられない環境にあることも、私は知っています。木も左官も時間がたてば味わいとしてとらえることができましょう。その職人が残した作品は見ていて飽きません。



 



 



 



 



 

「見つめ続けて飽きないこと」、このことはあらゆるデザインの分野において、とても大事な要素だと思っています。毎日毎日見続ける、囲まれ続ける住宅の場合は、特に重要だと思っています。

今回の倉庫から美容室への変身改修工事でも、一部の外壁を解体しました。解体しない部分は金属製のサイディングでした。新たにつくる外壁は当然左官仕上げを施主さんにおすすめし、快く採用していただきました。そして室内も施主さん自らで左官仕上げをおすすめしています。ご自身のお仕事もありますから、なかなか決断できずにいらっしゃいましたが、お尻を叩いて、ようやくご決断いただき、ついにコテを握ってもらえました。

最初は幅木まわりや見切り部にマスキングテープをはってもらい、次に下地である石膏ボードにパテで目地処理をしてもらいます。最初は慣れない手つきでしたが、最初からうまくできるはずがありません。奥様は普段からハサミを持っているせいかすぐに慣れました。ご主人は以前にも経験があり、とても上手です。子供たちも加わり、ラジオを聴きながら、現場はいい雰囲気です。


暗くてごめん!
 

 

 

 

 

 

数日後、いよいよ仕上げ工事です。今回はプラネットジャパン社の”マーブルフィール”という商品を採用しました。もちろん練るところからやってもらいます。色粉を混ぜてと・・・・。

 

色粉を水に溶きます



 

 

 

 

 

 

機械でよ~く混ぜます



 

 

 

 

 

 

マーブルフィール粉を投入します。マスクした方がよい



 

 

 

 

 

 

色のムラが無くなるまで混ぜます。大体5分くらいかな



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

道具や工具は、しおはら住宅デザイン設計で貸し出しています。これからおうちづくりをお考えの方、板を張るのはなかなか大変ですが、左官ならできますよ!左官屋さんの仕事、とっちゃってください!

ん?なんだか言ってることとヤッテルことが食い違ってますが、これでいいのです。

高性能グラスウール

節電が叫ばれる世の中です。みなさん太陽光発電やLED照明など、省エネ機械にまだ頼ってません?確かにそれはそれでいいのですが、本当に省エネにつながるのは、建物の高断熱化なのではないでしょうか?窓をペアガラスにするとか、内窓を追加する。省エネリフォームは住宅エコポイントの対象になり、補助金が付くのはご存知ですよね。そりゃ~断熱材の厚さが、厚ければ厚いほど熱は逃げにくいけど、かかるお金もどんどんアップ。モノにはコロアイというものがありますね。つまりコストパフォーマンスの最大はどこか?

断熱材も発泡スチロール系のもの、綿状のグラスウール・ロックウール、最近では炭化コルクや木のチップを圧縮してボード状にしたものまで、さまざまなタイプがあります。

いろいろやって来ました。現在わたしたちは、高性能グラスウールをおすすめしています。ピンク色のものです。昔からある黄色い綿のものでもいいのですが、ピンク色のものはふわっとしていなくて、ごわっとしています。分りずらいのですが、硬さの程度でいえば羽毛布団とベッドのマットレス、いや油揚げとこんにゃく・・・・うーん、うまく伝えられません。とにかく黄色とピンクでは全然違います。

高性能グラスウールを壁にみっちり



 

コンセント部は先にこんなものをつけときます



 

スジカイがあると時間がかかります



 

高性能グラスウールを壁に10cm~12cm程度、隙間なく、詰め込まずにいれる

床は地面からの冷えもあるので14cm~20cm、天井は20cm~30cm、このぐらいの厚みがこれからの住宅に求められる断熱性能だと思っています。断熱材がしっかり十分入っていなければ、アンの入っていない温泉まんじゅうみたいなもんです。グラスウールはガラス瓶などから再生されたもので、これもエコに直結しています。ああそうそう、ちょっと¥は高いけど、新聞紙など再生紙を細かく砕いたセルローズファイバーもありますね。

今後、新築工事はもちろん、改修工事やちょっとした水廻りリフォームの際にも高断熱化(窓や外壁)しないとだめだよ、という意識がすべての方に広がってほしいと思います。私たちの子孫のために。

Gロックフローリングを貼る!

美容院改修工事にあたり、床の仕上げに何を使うか?という問題があります。

一般住宅では、間髪入れずに「無垢のフローリングを!」ということになりますが、パーマ液やシャンプーが床に落ち、”掃除が楽に”は日々の業務では大事なこと。

また無垢のフローリングでは目地の隙間に髪の毛が入ってしまい、ほうきでの掃除はなかなか・・・。かといってCF(クッションフロア)やのっぺり塩ビシートは味気ない。

そんな時、フローリング調の塩ビシート、Gロックフローリングはどうだろうか?今回初採用です。飯田市にあるナガイ社よりサンプルをもらい、建築主と検討。「おーいいやつがあるねぇ」というわけで、数ある色から2色をチョイス。早速貼ってみましたのでレポートします。

梱包は割と小さ目ですが、ずっしり重い!1ケースに2㎡以上入ってます。

2枚を並べましたが、一方は無垢のオークフローリング、もう一方がGロックフローリング。

どっちがどっちか分かりますか?(黄色のほうが無垢です)



ワイルドな仕上がりですね。柄のパターンも一体いくつあるのか分からないほどです。

厚さ4㎜で、接着剤不要。

パカパカしないの?~しません!

安っぽくない?~いやいや、本物と見分けつきまへん!

お値段高いんじゃないのぉ~?~結構安い。物だけで2600㎡くらいですね。貼り手間(大工さん)も大分違いますね。どんどん進みます。今回30㎡張るのに、大体12時間くらいでした。

ボンド使ってないんで、張替もたやすい。においもない。こりゃいいですよ~。

切ったり穴をあけたりするときはマスク必須です。プラスティック粉が結構出ます。

今後は、住宅でもキッチンやトイレ、洗面所など水廻りでの仕上げに用いることができそうです。

これでは断熱効きません。

天井、内壁、外壁をはぎ終わり、いよいよサッシや玄関ドアが取りついたところです。断熱材も入っていましたが、袋入りのグラスウール壁50㎜、天井100㎜が、その性能を発揮することなく置いてありました。壁はまだしも、天井は暖気がそのまま屋根裏に抜けていたため、暖房・冷房は効きが悪かったはずです。

また、床は無断熱材で土間コンクリート+塩ビシート仕上げであったため、スタイロフォーム基礎断熱とし、3種bのもの35㎜を全面に敷き詰めた上に床組みとしました。「スタイロ」と呼ばれる発砲系の断熱材はパッと見同じでも、断熱性能が大きく異なるので気をつけなくてはなりません。

解体スタート

10坪のワンルーム空間です。