リフォーム事例 | 株式会社Reborn(リボーン)

耐震・断熱・水廻り同時改修

お盆明けから工事をしていた長野市H様邸リフォーム工事が無事終了します。

たくさんの補助金がいただけます(もちろん建築主に)

・長野市住宅耐震改修事業助成金

・長野市住宅耐震補強促進リフォーム補助金

・高性能建材導入促進事業補助金

 

さらに来年、固定資産税や所得税の控除もあるというおまけつき。

全部を併せるとおそらく300万近くになると思います。

どれもその財源をたどると、我々が納めている血税になるんですね。

 

安心して暮らせる住宅に生まれ変わり、さらに断熱性能もアップして、新築同等にまでその居心地が良くなっちゃうんです!(#^.^#)

 

DSC_0001こちらビフォー

 

 

 

 

 

DSC_0002アフター

外壁に樹脂サイディングを張りました。

(信越ポリマーSPシリーズ)

サッシはシャノン樹脂 LOW-Eペア アルゴンガス入り

見えませんが、屋根も葺き替えました~

 

DSC_0045ビフォー

 

 

 

 

DSC_0043アフター

絨毯の床がフローリングに

たばこヤニで黄ばんだクロスも張替え

見えませんが床・壁・天井に断熱材みっちり。

見えませんが。

DSC_0052台所 ビフォー

 

 

 

 

 

DSC_0045アフター

流し台はもちろん交換しましたが、

床フローリング

床・壁・天井に断熱材みっちりです。

見えませんが笑

 

DSC_0004関係業者のみなさん、ありがとうございました~。

そして住みながら改修でしたので、

いちばん大変だったのはお母さんだったと思います。

水廻り改修期間の3週間以外はずっと現場でお暮しいただきました。

ご主人が他界されておひとりで暮らしていたおばあさん。

今回のリフォーム計画にずっと難色を示していたおばあさん。

またこの家も賑やかになりそうで良かったですね♪

昨日様子を見に行きましたが、裸足でフローリングの上を歩いている姿が印象的でした。

 

 

Theドラマティックリフォーム

長野県伊那市M様邸のリフォーム現場に行ってきました。

この数週間でドラマティックにリフォームされました\(^o^)/

DSC_0085これビフォー

 

 

 

 

DSC_0051そして本日。

天井を取り払い、断熱材を厚く入れたうえで、石膏ボード+珪藻土クロス仕上げです。

×の筋違(すじかい)は耐震上、絶対必要なもの。

これまで見ることのなかった構造材である梁(はり)をサンダーがけの上、塗装し、アラワシています。

こうなるともう気分は新築ですね。

 

DSC_0072リフォーム前のダイニングキッチン。

ありがちですね、こんな感じの台所。

ここにファンヒーター置いて、

う~寒い!って言いながら食事してましたね。

灯油が終わって「ピィ~ピィ~P~」って鳴ると、

その場の空気が凍ったりして・・・(*_*)

 

DSC_0004ほぼ同じ位置、同じ方向の今。

イメージって変わるもんですね~。

よく現場でお客さんに聞かれるのですが、

「塩原さんって、工事が始まる前にこのイメージが頭の中で見えてるの?」って・・・。

「はい、もちろん」って答えてますけど、実際のところは8割程度なんです(^ム^)

新築の場合はほぼ100%見えてるんですが、Reborn工事の場合は見えない部分を全部事前に調査出来るわけではないので、千里眼はたらかせてます(笑)

 

DSC_0240調査時に

「うわぁぁ~~~!

こりゃ片づけタイへんだぁ~」

っと唸った場所は・・・

 

 

DSC_0009

こんなんなりました~

って全く面影無し・・・。

和室でしたが食品庫になり果てました。

 

 

 

 

DSC_0086今年は累計8台の薪ストーブを設置しました。

こちらが本年の締めになります。

既存が瓦の屋根でもこんなふうに板金の屋根との組み合わせにより、雨漏りがないように煙突付けられますよ~(^ム^)

 

DSC_0018現場監督の久保田君も塗装屋さんになっていました~☆

皆さん「現場カントク」って聞くと、腕組みして現場をじっと監視しているようなイメージを持つかと思いますが、彼は私同様、自分でできることは率先して手を出すタイプ。

大企業に勤務した経験が私にはないのですが、中小零細は多能工でないと生き残ってゆけませんし、リフォーム現場ではハッキリ言ってこういう動きが出来る人間がいないと全くだめな現場になるようです。

 

 

 

 

 

 

 

メイスンリヒーターをご存知でしょうか?

2年越しの軽井沢T様邸リフォーム工事もいよいよ最終段階を迎えています。

断熱改修リフォーム→土台の腐れが発覚→土台および内外装の交換→薪ストーブを蓄熱式巨大ヒーターに置き換え→既存サンルームに薪ストーブを移設し、ちょっとしたくつろぎスペースに、という感じでドラマチックに展開していきました。

Exif_JPEG_PICTURE昨年の今頃は、断熱工事真っ盛りでしたね。

大吹抜けのリビングの天井に断熱材を詰めなおしました。

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE床下断熱材の入れ替えで発覚した土台の腐れ。

そしてそこに棲む大勢の黒アリ。

 

 

 

 

1380235_379667362167148_1119124780_n雨の日には床下内に雨水が流れ込んでしまうという現実に突き当たり、抜本的な改善策を提案。翌年にその改修工事をやるということになりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0028今年4月、その改善策の第1歩として外壁をめくり、その状況を確認。

この家を設計&工事をした業者さんと費用負担などについて折衝をしました。

 

 

 

DSC_0412その後壁を壊して土台の入れ替え、柱の根本の修繕をして参りました。

 

 

 

 

DSC_0012設計ミスとは、本当に恐ろしいことだと肝に銘じました。

自分自身が設計した家でこんな風になってしまったら大変なことです(+_+)

 

 

 

 

 

DSC_0003結果としてこんな風に外部が仕上がったのですが、

新たに物をつくるよりも(新築)、あるものを壊してから復旧してゆく作業(修繕系リフォーム)は数倍大変だということを、お客さんも大工さん達も身を以て感じたのではないでしょうか。

 

 

 

DSC_0187そんな苦労があったればこそ、蓄熱式の薪ストーブ~メイスンリヒーターに懸ける思いもひとしおのTさん。

日本ではまだ数名しかいないと思われる職人(薪ストーブメンテナンスのおのP)を伊那市からはるばる呼びよせたぞ!

(巨大なオーブン付ヒーターの耐火煉瓦を積んでいます)

 

 

 

DSC_0212この世の元とは思えない大きさ、そしてその笑顔(笑)

慣らし運転をここ数日行っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0228火はやっぱすげぇな☆

木ってあったけぇ~な~♪

マイルドな輻射熱ってサイコー!

 

金子君、沢村賞受賞おめでとう!

 

 

Theドラマチックリフォームに乾杯! y(^o^)丿

 

 

ビューティー♫秋晴れに映える

今日は1年間のうちで最高天気でした!

やっぱり僕は秋が好きだなぁ~♪

先週、愛車STEPWGNちゃん(ニックネーム:ブチョウ)が逝ってしまいましたので、しばらく現場へ行くことができず、今日から9連チャンで出張がつづきます!\(^o^)/

今日は塩尻~松本方面へ ランチは久しぶりに「喫茶去」さんへ。

大変おいしゅうございました!¥850は安すぎないか!?

DSC_0048 DSC_0006 DSC_0052 DSC_0034 DSC_0032 DSC_0030 DSC_0010 DSC_0009 DSC_0002 DSC_0001 DSC_0088 DSC_0078 - コピー DSC_0074 DSC_0073 DSC_0072 DSC_0066 DSC_0060 DSC_0057 DSC_0043 DSC_0039 DSC_0036 DSC_0033 DSC_0032 DSC_0020 DSC_0017 DSC_0016 DSC_0014 DSC_0012

 

[耐震・断熱改修]@南箕輪村~熟考の時

クリス・ハート、いいですね♪

この間のど自慢をラジオで聞いておりましたら審査員に初登場だとか(?)

例の如く最後に彼が唄っていましたが、じっと聞き入ってしまいました。

早速iTunesでアルバムを購入し今も聞きながら書いています。

歌がうまいばかりではなく、とても外国人の方だとは思えない発音の良さ。

これまでにどんな経歴をたどり、どんなにか日本語の訓練をしてきたのでしょうか。想像を絶するものがあります。

さてさてリフォームの話。

長野県南箕輪村にて耐震・断熱同時改修工事が行われております。

住みながらリフォなのですが、建築主のMさん、

「ちょっとここで待った!」

大工さん、設計者、現場管理者とが集い熟考に入りました。

どうしても壊したくない部分がある→でもそこを壊さないと断熱ができない→でもどうしても壊したくない→でもそこが断熱欠損になるので結露する可能性が高い→でもやっぱり残したい→・・・・・

そんなやりとりが続きました。私としては当初の予定通り、そこはやっぱり解体して、似たような材料で再び復旧しますので、とお伝えはしたのですが平行線になってしまいました。

DSC_0026これって住みながらリフォームのメリットですね。

解体し、出来てゆく過程が日々見れるのですから。

我々はためらいなくガイガイと壊しちゃうのですが、そこに暮らしていた人にとっては、愛着や思い出や生活シーンが焼き付いている画像が脳裏にあるのでしょうから。

このことは必ず業者側も理解してあげないといけませんね。

かといってプロとして「そうですかそうですか」となびきっぱなしもよくないなぁ、どうやって説得しようかなぁ、と考えてしまうのもまた事実。

 

 

DSC_0030天井を剥がすとこんな風になっていますよ、木造のおうちは。

先人の仕事を見るってのは、いつも勉強になりますね。

当時の職人の息遣いが聞こえてくるようです。

 

DSC_002430数年前の建物ですから断熱材が入っており、金物も使用されています。

でも断熱材はとりあえず入っていればいい、金物もとりあえず取りついていますが何せ木材が痩せてボルト-ナットは緩い。

当時はそれが常識だったかったかもしれないけど今はそうはやらない、なんて箇所があちこちに(>_<)

日本における木造軸組工法の歴史は1000年以上ですが断熱といった分野はまだ高々40年ほどだ。

これから先も両者(木造軸組工法と断熱)をどうやってマッチングさせていくか研究してゆきたいと思います。

 

 

 

[断熱改修]外壁付加断熱~迷ったら外だと思います

DSC_0030長野市のH邸は”外”に断熱材を付け足しております。

既存外壁はモルタル+吹付塗装でした。

そこに10.5cmのジャンバーを着せてあげましょう♪

発泡スチロール的な断熱材をぺたぺたと貼れば簡単でいいのですが、

どうも好きになれません。

理由は簡単で、「高いから」、「燃えるから」、「性能が下がってゆくから」

 

 

DSC_0039ちょっと切り取って見てみましょう。

ああ、ちゃんと入ってますね。

高性能グラスウール 密度16kg/㎥品が 105㎜厚で。

 

 

 

 

DSC_0039こんなに厚い断熱材を、一体どうやって壁にくっつけるんでしょうか?

まずは横方向に45×105㎜の材料を長いネジでモルタル壁の上から止め付けます。

この木と木の間に断熱材を充填します。

そして防水用にタイベックシートを貼ります。

この作業によって、これまで当然外に面していたモルタルの壁は、室内側の物体となっちゃうんです!

つまり室内の気温に近い内壁の一部と化します。

 

DSC_0040この外に付け足した壁にサッシを取り付けます。

もちろん樹脂サッシ。

当然Low-E ペアガラス・アルゴンガス入りです。

 

 

 

 

DSC_0040家の外壁には、

コンセントや電気メーター、換気扇フードなどたくさんのものが存在しており、外に付け加える断熱工法はけっこう施工が大変なのですが、

室内側をいじらなくて済むというメリットがあります。

断熱改修工事の外壁断熱を、どういう工法でやるべきかは非常に大事なポイントです。

外側に断熱材を付け加えるのか、室内側に付け加えるのか、はたまた壁を剥がして、壁の中に断熱材を入れるのか・・・。

断熱リフォームの場合、長年の経験から私は、

野球のピッチングでもそうですが、迷ったら外にしておいた方がいいと思います(笑)

住みながらリフォームは秋が最もよいのではないか

DSC_0002南箕輪村で耐震断熱同時改修工事が始まりました。

このお宅も高性能建材導入促進事業として補助金が予定されております。

建築主のMさま、たくさんの物品、片づけしてくれてありがとうございます。

この部屋は和室の居間ですが、板貼り内壁の山小屋っぽく仕上がる予定です。

 

 

 

DSC_0021畳を撤去し、粗床(あらゆか)を剥がすとこんな感じに。

白あり被害などなく、健全です。

中央には炉の跡が。

 

 

 

 

DSC_0024炉の底には、「田中左官」と銘打ってありました。

存在アピール、マーキングですね。

ものを作るということはいつか壊す時が来る・・・。

床下には軽石のような調湿材が敷かれていました。

以前ここに潜ってこれを敷いた人がいるんですね。

(後施工とのことです)

 

DSC_0026外の空間ですが、臨時ダイニングキッチンができました。

気候がいい時でないとなかなかできませんよね。

これからしばらくBBQざんまいですね~。

 

 

 

 

DSC_0019天井も剥がしてゆきます。屋根野地板に結露によるカビが。(黒くなっているのがそうです)

室内の湿った暖かい空気が小屋裏に逃げてゆき、冷えた屋根の裏側で水滴になる。

結露はなるべくしてなります。

 

 

 

 

DSC_0015床下の冷気は壁の中へも入っていました。壁の表面温度は下がり、露点温度に達するとやはり結露します。

この部屋は、ずっと長い間結露に悩まされ続けていたそうです。

床下に調湿材を敷いたり、壁にベニアを貼ってみたり・・・。

過去いろんなリフォームを行ったものの、そのどれも解決策になっておらず残念です(+_+)

解決方法はずばり気流止めですよね!

段々寒くなってまいりました。

皆さんお風邪など召されませんよう、長そでのパジャマでお休みください。

 

DSC_0001

周辺では稲刈りが始まりました。

先日の仲秋の名月。

春は花粉症の私にとっては耐え難い季節ですが、秋は

大好きで毎日毎晩、夜更かしています。

 

耐震・断熱・水廻り改修工事@長野市稲里~が始まりました

今年の1月から計画を練ってきたHさんのリボーンが始まりました。

当初長期優良住宅化リフォームの100万円補助金を申請する予定でしたが、高性能建材導入補助金が150万円見込めたため、急きょ変更。無事認定されました。

さらに長野市の耐震補強工事補助金で80万円、さらにさらにその耐震補強促進リフォーム補助金で10万、総計240万円の補助金をゲットできそうです。

DSC_0044
住みながら改修なので、ゾーンをいくつかに分けて進めます。

ここはリビング。床を剥がします。

耐震用の壁や床の断熱、サッシの入れ替え、白あり予防消毒などが急ピッチで順序だてて進められます。

昨日まで生活していたスペースが建築現場に急変!

どこか白ありなどにやられていまいか?

 

 

DSC_0053ありましたありました。

噂の白あり被害跡。建物の北に位置する掃出し窓下の土台です。

 

数年前に専門業者によって駆除されたそうですが、その後床下を点検できる点検口もなく、工事に先立って私が行った床下調査でも入ることが出来なかった部位です。

すでに棲んでいるいる形跡はなく、被害もそれほどではありませんでした。

 

 

DSC_0063
床にはこんなふうにぐちゃぐちゃっと断熱材が入っていました。

しかしこれではあまり効果がありません(泣)

地面からの湿気で、グラスウールが黒ずんでいます。

木造住宅の場合、私はほぼすべての1階の床を剥ぐようにしています。

そうしなければ床に十分な断熱材が入りませんし、床の段差をなくすバリアフリー化、そして土台などはシロアリ被害に遭っているケースが多々ありますのでそれら劣化現象を確認したいのです。

事前に床下に潜ってみていますが、なかなかすべての部位を確認できませんので。

 

DSC_0064こんなふうに、一見不可解なことも。

根太(ねだ)と呼ばれる床骨組みの一部が白ありにやられているような・・・。

でもどっから?

もともと腐っていた材料を使ったのか?

 

 

 

DSC_0011
こんな風に柱がまるまる1本やられていました。

これもこんな機会が無ければまず発見できなかったはずですね。

 

このように、壊してみなけりゃ分らなかった、ということが少なくありません。

かといって骨組みだけにしちゃうまで壊し続ける改修工事も好きになれません。

それだけ費用も時間もかかります。

「そこまでしなくても」と感じる断熱改修・耐震改修・古民家改修もありますね。

経験が進むと、「ここはやばそう」、「ここ要注意」といったポイントみたいなものが分るようになるんです。

 

 

DSC_0005外壁の断熱は今回すべて外張り方式にします。

既存のモルタルの壁をそのまま壊さず、10.5cmの木材を打ち付け、そこに断熱材を充填するやり方です。

長いネジを使って固定するんですが、これが意外と大変です。

向こう側に柱など、ネジが効く部位を狙います。

木ネジはモルタルは貫通できませんから、どうやって止めるかがミソ。

 

 

DSC_0009本当は企業秘密にしておきたいところなんですが公開します。

このようにあらかじめネジを打つ場所のモルタルに10円玉程度の穴をあけておきます。

これがなかなか遅そうで結果的に早い。

モルタルの壁が大きく割れてしまうのも防げます。

 

あらかじめ正確に柱の位置やビス止めピッチを墨付けしておきましょう。

このやり方は実は画期的工法で、勝手ながら

「キツツキ工法」と命名いたしやした(笑)

 

 

DSC_0003
木材の方にはあらかじめΦ12mmくらいの穴を3~4cmくらいの深さで穴をあけておき、安価で購入できるコーススレッドと呼ばれる木ネジ125mm長のネジでキツツキ穴めがけてねじ止めします。

このやり方で、かなりしっかりと固定できます(^_^)/~

断熱材の幅寸法(今回は425mm)おきにこの木下地を横方向に打ちつけてゆきます。

 

しかしマニアックな記事ですね。

一般の人にはどうでもいいことだと思うのですが、断熱改修技術者にとっては必ず悩むところなので、「キツツキ工法」

、是非お試しあれ~。

 

DSC_0010生活と工事が同居する、「住みながらリボーン」。

工事人もお客さんもお互いに気を使って大変ですが、春とか秋とか、気候のいい時にやらないとますます大変です。

おばあさん、何とか耐えてもらえるといいのですが。

 

富山県高岡市 GR36416R×2台

20130701_d672d5
20130701_53680d

土台を入れ替えるのは大変だ

今日から7月。今年も折り返し点となりました。梅雨明けも間近。なんとなく心が落ち着きません。今日は小5のわが娘も1泊2日で林間学校へ♪ 父親の雨男DNAは、娘に遺伝しないようです(笑)

以前ブログで紹介した「住宅の醜い姿

その後土台の入れ替えやらを含む修繕工事が始まりました。



室内に設置されていた薪ストーブをいったん外します。こんなにきれいなリビングなのに、醜い姿が床下に潜んでいようとは・・・。

 

 

 

 



土台は柱の荷重を受けているばかりではなく、床の荷重も支えています。

その大事な土台を入れ替えるというのは大変なことなのです。

 

 

 

 



こういう工事をするというのは、決して気持ちのいいものではありません。

大工の宮本さんも不機嫌です。

(自分がやった仕事ではありません)

 

 

 



外にゴミが置いてある土間コンクリートのテラスが見えますね。

ここに落ちた雨水が土台を濡らし、床下に流れ込み、こんな被害をもたらしたのです。

床下は必ず換気が必要ですが、このパイプで換気されるわけもなく、、、

 

 



土台は建物の荷重をじっと受け止め、アンカーボルトで基礎と一体化され、文字通り縁の下の力持ち。

古来からヒノキやヒバ、クリなど腐れや荷重に強い樹が使われてきました。

土台が腐るということは家が傾くと同義であるわけです。

 

 



今回のケースでは、土台の腐れと共に、この煙突まわりの雨水処理にも問題があり、外壁をも腐らせています。

もうこうなると、このあたりの仕上げ材も構造材もすべてやり直さないとだめなのです(>_<)

 

 

 

この案件は元々、

「冬に室内が寒くて仕方がない」と

床下の断熱改修工事のご依頼をいただいたのがきっかけで発覚しました。

室内に異常的に黒いありが出没する、というところにもヒントがありました。

 

 

何の配慮もなく、腐るのがいやだというので打った土間コンクリートのテラス。通気層のない外壁。雨水が煙突の壁にかからない納まり。

いろいろな人的ミスが重なって起きてしまったことだと思うのですが、定期的な点検の仕組みがあれば、それを発見できる目があれば、もっと初期段階で発見できたはずです。